FC2ブログ

浅草寺にてほうずき市

昨日は、ほうずき市にてにぎわう浅草寺にて、ご参拝に言って参りました。

お盆も近づいてきていますので、一度、聖観音様にご挨拶とご先祖様の救済のお願いに参上しておくべきだろうと思い、急遽、参詣を実施した次第です。

もちろん、聖観音様に対しては、私自身の祈願の目的ではなく、FGSの会メンバーに対する祈願やいつも取次鑑定時にご寄付をしていただいている中から一部奉納して、真心を取次させて神仏に届けるためでもあります。

今回は、護摩木も奉納させていただき、蝋燭も献上させていただきました。

ほうずき市で普段に加えて、にぎわう仲見世通りを通りぬけてようやく、本堂にたどり着くも、かなりの人出でなかなか大変な参詣でもありました。(汗)

このほうずき市の日には、4万6千日間毎日、参拝したのと同じくらいの功徳が授かるといわれています。

つまり、ものすごい浅草寺の霊力もパワーアップしている時期であるということですね。

実際に、御開帳の時期は、仏界が開くという感じでありましたが、このほうずき市の日は、パワフルという感じで、いつもより多めに回っております(笑)ではありませんが、いつも以上に観音パワーも強力に発揮されているのを感じました。

降りてきている観世音菩薩様も普段よりも大きく、また何柱も大きなご神霊が降りているのがわかります。

ご神霊がおっしゃられるには、ほうずき市でなぜ、ほうずきが売られているのかというと実は霊的にはほうずきは大変めでたいお花であるからのようです。

ほうずきの中には丸い玉の実があるわけなんですが、これが霊法の玉を象徴しているとか。

どこかで耳にした説には「法を好きになる」からほうずきが売れられていて、4万6千日間お参りするほど仏法が好きになることは、大変な功徳だからということを聞いたことがあります。

法が好きになるから「ほうずき」なんだとか。

なるほどと思いましたが、神霊が言うには、そんなダジャレのようなことではなく、観音様が霊法の玉を授け、道に迷わず、魂向上のための基本を授けるという意味があるのだそうです。

なので、浅草寺で、ほうずきを買って、観音様にお祈りすると、ほうずきを通して霊法の玉が授かるらしいのですね。

ほうずきの中の玉を通して、功徳を授けてくださっているわけですね。

ありがたいことです。


最後に浅草寺にてのメッセージをご紹介します。


-------------------

玉授け

魂栄たる人となる

物おじせず向かえば

開くなり

-------------------


浅草寺にて観音様にお祈りすれば、いつだって霊法の玉は授けますよ。

その霊法の玉を駆使して魂を向上させることができる人となってくださいね。

あまり考えすぎず、素直な気持ちで祈り向き合ってくれれば、いつでも浅草寺にある神霊界の扉は開くものだよ。

とこんな感じの意味になるかと思います。



天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【浅草寺にてほうずき市】

昨日は、ほうずき市にてにぎわう浅草寺にて、ご参拝に言って参りました。お盆も近づいてきていますので、一度、聖観音様にご挨拶とご先祖様の救済のお願いに参上しておくべきだろう...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほおずきに、そんな意味が込められていたなんて!!
法が好き・・・姿形だけでなく、名前の意味までもが愛らしい植物だったのですね。
ことばにも、かたちにも、たくさんのメッセージが込められているのだなぁ・・・。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR