FC2ブログ

魂の旅路(霊界帰幽編)

魂が現世での一生の旅路を終えて、霊界に帰幽してくると、現世で培ってしまった濁りや歪み、ねじれといったものを抱えた和魂(にぎみたま)が霊体を形づくることになります。

濁りや歪み、ねじれというのは、その言葉尻はなんだか、汚らしい、美しくない響きを持っていますが、実際には、偏りや個性、特徴というものが固定的になり、柔軟性を失った状態を指しています。

あくまで、神界の視点で見た場合においての濁りであり、歪みであり、ねじれであります。

現世や霊界では個性として受け止められていることでもあり、必ずしも私達、現実に生きる人間の価値尺度では測れない部分もあることは、ご承知置き頂ければと思います。

さて、人間は、霊界に戻るとこの濁りや歪みやねじれを洗い流す禊の修行が始まります。

ゆくべき霊界というのは、その人の心根が作り出した霊界になるわけですが、ここで霊界共有の原則により、自分の持っている霊界と同じ霊波長をもつ霊界に籍を置くことになります。

霊界は大きな霊界ほど強い霊波動を持ち、霊波動が弱い小さな霊界は、大きな霊界にひかれていくことになります。

自分の持つ霊界にもっとも近い大きな霊波動を持つ霊界にひかれていくことになるため、その霊界に籍を置くことになります。

これを霊籍といいます。

霊籍は実は生きている間にも私達人間は知らず知らずのうちに入っているものなのですが、亡くなった後には、ある程度、固定化されてきます。

霊籍を置く霊界のコミュニティに属して、そこでの霊界生活が始まるわけですね。

霊界の生活のありようは、少しだけ「新説・霊界ストーリー」でご紹介させていただいておりますが、霊界によって様々な活動をされています。

その霊界の持つ個性はそのまま、その人の持つ霊的な特徴でもあり、癖でもあります。

濁りや歪み、ねじれの部分がそのまま個性として霊界に表れているわけですね。

なので、濁りや歪み、ねじれを正すということは、霊界が変わるということでもあり、新しい霊界へと移動していくことでもあるわけです。

あるいは、少しずつ、濁りや歪み、ねじれが緩和されていくと霊層が高まっていくことになり、その霊界での純度が上がることになります。

これが霊界での修行であり、学びでもあるわけです。

魂の歪みをとっていくための霊界での修行はいろいろとあります。

次回は、霊界生活と霊界での修行や学びについて触れていきたいと思います。


・・・続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR