【夏休み霊界開運講座】神様は住所を知らない?

夏真っ盛りですね♪

最近はちらほらと蝉の鳴き声を聞くようになって、本格的な夏の到来を感じています。

昨日も、江島神社の方に参詣いたしましたが、ヒグラシの鳴く声が涼しげに響いておりました。

涼しげにとはいったものの、かなりの炎天下であり、江島神社の辺津宮を経て、頂上にまします奥津宮に参るころには滝のような汗と格闘しながらの参詣となりました。

石段を一段一段あがる最中、江島神社の神霊との問答が繰り広げられていました。

今回は、集団の中心にあり、皆をほがらかに幸せにするためのポイントとは何かわかるかな?ということで、神霊からのお諭しがあったのです。

お諭しがあったといってもまだ、結論は棚上げ状態です。

ただ、教えては身に付かないということで、散々、考えさせて試行錯誤を私にさせたうえで、最後の究極の原理を霊法の玉として授けるということでした。

なので、宿題を頂いて帰ってきたというのが、現状です。(汗)

それはさておき、今回は第二弾【夏休み霊界開運講座】ということで、「神様は住所を知らない?」ということについてお話してみたいと思います。

さて、今を去ること十数年前、いやそれ以上になるかも知れませんが、初めて、神社で昇殿参拝を経験した時のことです。

昇殿参拝をされたことがある方は、わかると思うのですが、昇殿参拝は、神主さんが神様の御前にて、祝詞を奏上しながら祈願をしてくださいます。

祈願というよりも、私達、参詣者と神様の間を取り次いでくださるために祝詞を奏上してくださっているわけです。

さて、この祝詞は毎回、参拝のたびに神主様が作成をしてくださるわけですが、その祝詞の文面の中には名前と住所が記載されています。

神主様は、神様に取次をされる時に参詣者の名前と住所を奏上してくださるわけですね。

今では、昇殿参拝の時でなくても、私は神社で祈願をする時にはできるだけ詳しく自分のことを奏上するようにはしています。

名前、住所、時には年齢や今何をやっていてどういうことに取り組んで何を課題としているかなど、逐一奏上するのです。

こうすることには理由があるのですが、初期のころは、霊界法則がよくわかっていなかったので、昇殿参拝の時に神主さんがなぜ、あんなに詳しく名前やら住所を読み上げているのかが不思議でしょうがなかったのですね。

だって神様でしょ?

こうして私が御神前まできているのだから、わざわざ住所まで言わなくてもわかってくれるのではないのか?と思っていたわけです。

神様は住所を知らない?のだろうかと(笑)

この時は面白く思ったものです。

しかし、名前や住所を奏上するのには理由があったのですね。

一つには神様に対する礼節です。

いきなり来て、「よろしく!」と一言だけいう人と、「私、〇〇と申します。齢は□□になりまして、今は、△△県の☓☓というところにて暮らしています。日々は◎◎を生業として営んでおりまして、このたびはお世話りますので、何とぞよろしくお願いします」という人ではどちらが真心がこもる言霊の響きを持つでしょうか。

きちんと丁寧に奏上することで、礼節を醸し出すことができるわけです。

もうひとつは言霊の力を発揚するためです。

言霊の力は表現力や具体的な言葉を紡ぐことによって力を増すのです。

あいまいで適当にお祈りしても、言霊の力をうまく発揮できないのです。

なので、できるだけ具体的に丁寧に言葉に表すことで、顕現力を増していこうとするならば、なるべく具体的にお祈りした方がよい場合が多いのです。

そして、最後の理由ですが、取次者が取次を行う参詣者の霊界に感応しつつ、その参詣者に対して、より強い神徳を取り次ごうと思うならば、その取次者のある程度の詳細情報が必要になってくるのです。

私が守護霊アドバイスや天命・過去世調査を遠隔で行えるのは、メールにて記載していただいている、お名前や性別、年齢、それからご相談内容やメールアドレス全てをアクセスポイントとして霊界に接続していくからであります。

アクセスポイントが見つからないと霊界に感応ができなかったり、しずらい部分があるのです。

神主さんも参詣者への取次をする際に参詣者のことを何もわからず、ただ、神様に「よろしく!」とだけ伝えようとしても難しいはずです。

もちろん、神主さんが霊界のことまで考えてやっておられるかは不明ですが、参詣者の情報がないと少なくとも、参詣者に対する気持ちが凝結しないので、祈願の力は空振りに終わってしまします。

だからこそ、丁寧に言葉を選び、なるべく詳しく参詣者の情報を祝詞にこめて奏上するのですね。

神様なんだからなんでもわかるでしょ?

ではなく、神様に対する真心と礼節、そして、何より祈願する人の気持ちを深めていくためには、住所などの細かい情報も必要だということです。

ですから、皆さんも是非、神社に参拝する時には、詳しい自己紹介をしてみると良いかと思います。


◎クリックご協力ください!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

質問です

天心様 神様に向かう時はなるべく詳細に個人情報を申し上げると言うことはわかりました。その時は、声に出して申し上げるのでしょうか?一人の時はいいですが、周りに人がいるときは、声を出しづらいのですが…
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR