FC2ブログ

外国人の霊もお盆に帰る?

先日、面白いご質問が寄せられたので、そのことについて、お話してみたいと思います。

私はブログ内でお盆の時期にはご先祖様も帰ってきたり、特別な救済の時期でもあり、先祖の浄化を行うには良いということをお話しています。

でも考えてみるとお盆というのは通常、仏教の行事として認識されています。

外国人など、とりわけ欧米の方であれば、キリスト教の方が多いことは想像に難くありません。

はたして外国人の霊人もお盆に帰ってくるのでしょうか?というのがご質問の趣旨でありました。

結論からいえば、基本的にお盆に帰郷するのは、日本人だけです。

あるいは、仏教の思想を信奉していた方であれば、外国人の霊人でも帰ってくるかも知れません。

または、特別な霊法でお呼び立てすることをすれば別かも知れません。

私自身、先祖浄霊の際に外国人の霊人を見掛けたことはありませんし、私が係わる方々はほとんど日本人です。(霊人も現世の人も)

なので、特別、外国の霊界については今まで意識を向けたことはあまりないのです。

話を元に戻して外国人の霊人がなぜお盆に帰ってこないのかといえば、それは霊籍を置く霊界が異なるからです。

日本人の場合、大抵は仏教徒でありますし、具体的な宗派に属していなくとも、先祖崇拝という思想はいにしえからありますし、お盆の時期には先祖は現世に帰るという霊界が存在しています。

その霊界に霊籍を置く先祖は、お盆の時期になると許されて現世に戻るのです。

詳しくはわかりませんが、ハロウィーンなどでは死者の霊が家族を訪れたりするといわれているので、その時期に帰ったりするのかも知れませんが、現時点では不明です。

いずれ、時間ができたらその辺を調査してみたいと思います。(笑)

霊界というものは、なかなか複雑で幾層にもわかれています。

ご先祖様との関係もいろんな形があるのかと思います。

私は特に日本系の霊界が主なので、あまり外国系はわからないことも多いのですが、これから勉強を深めていきたいと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

霊界が違うと習慣も違うのですね。
価値観や性格、習慣によって行く霊界が違うとなると、本当に沢山の霊界が存在しているのですね!
ところで、神様同士って喧嘩とかするんでしょうか?
神様だからするはずがない気もしますが、例えば岩長姫と木花開耶姫のお話などを伺うとどうなのかな、と思いまして。
外国の神様と日本の神様とか。
動物の神様と人間の(?)神様とか。
霊層の上下関係があるのでしょうか?
また、何かの機会にお話いただければと思います。

カルチャー

霊界の文化の違い、ですかね~。

面白いです。

また調査報告を楽しみにしています。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR