FC2ブログ

無難を超える~ハラハラどきどきのススメ~

皆さん、最近、ハラハラどきどきするような体験をしていますか?

毎日の日々にマンネリを感じはじめると人はいつしか、退化、退歩を始めます。

人間の動物としての本能はどうしても、安全、安心を求めてしまうため、万事において無難に済まそうと行動してしまいがちなのです。

無難に物事をこなさそうとすれば、心は落ち着き、心臓は穏やかに動きます。

しかし、無難から離れれば、心はさざめき、鼓動は矢継ぎ早に太鼓のごとく打ちつけるようになります。

難しいこと、リスクのあること、自分が経験したことがない未知なること。

動物的な本能からいえば、なるべく近づきたくないと思ってしまうことでしょう。

でも、人がもっとも成長するのは、無難を排して、難しいこと、リスクのあること、未知なる領域に踏み込んだ時だけです。

無難なことだけを行っていても、成長はしないのです。

では、自分自身にとって無難を超えることとはどんなことなのでしょうか。

人それぞれに無難とそれを越えた領域の線引きは異なります。

たとえば、新人の営業マンにとっては、赤の他人の家のインターフォンを押してセールスを行うことが無難を越えた領域なのかも知れません。

しかし、ある程度、ベテランの営業マンになってくれば、それくらいはなんでもなくなり、段々と単なるセールスは、無難な領域に入ってきます。

つまり、あまり、実行に移してもハラハラどきどきしなくなるわけです。

そんなベテラン営業マンでも、大企業の社長さんに直接あってセールスするのは、少し勇気がいる行動になってくるかも知れません。

その壁が越えられるかどうかが成長できるかできないかの分水嶺ですね。

つまり、人によって異なる無難とそうでないこととの境界線は、「ハラハラどきどき」するかどうかということを基準にできるわけですね。

人はハラハラどきどきするようなことを経験して、それを乗り越えてなんということもなくなる時、大きく成長を遂げているものです。

口から心臓が飛び出るほどに緊張して、手に汗握る瞬間を越えていくことが無難を排して、新しい自分と出会う大きなきっかけとなることでしょう。

私自身、これからどれだけ、ハラハラどきどきを経験して壁を乗り越えてゆけるのだろうか。

そんなことを考えています。

読者の皆さまにおかれましても、ちょっと日々がマンネリだなと感じ始めたならば、自分がハラハラどきどきするような領域に一歩踏み込んでみることをお勧めします。

無難を越えた先に魂の成長があることでしょう。



◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR