FC2ブログ

【質疑応答】守護霊の意志が優先されることはあるのか

こんにちは。


天心です。


御質問のメールをいただきました。

現在は、質問を募集をしていないのですが、皆さんと共有した方がよい内容だと判断したものに関しては、不定期で回答させていただくことがあります。

今回の御質問も同じように疑問に思う方もいらっしゃるのではないかと思いまして、急遽、回答をさせていただくことにいたしました。

質問を寄せていただいた方は、めろんぱん様です。


【質問】


実は、どうしても疑問に思うことがありまして、今、質問の受付はしていないかとは思うのですが、もし、お答えして頂けたら…などと不躾にも再度メールさせて頂いてしまいました。

お忙しければ、スルーして頂いても勿論構いませんが、もし、答える価値のある質問であるなら、お答えして頂けると幸いに存じます。

よく、「私達は守護霊の操り人形ではない」「全ての決定権は自分自身にある」「自分が変われば、守護霊が変わることもある。主体は自分である」などということをスピリチュアリズムでは耳にするのですが、ごく一部に例外って存在するのかな?っていうことなんです。

例えば、江原啓之さんの本で読んだのですが、江原さんの指導霊としてずっと付いていたお坊さんが、どうしても江原さんを霊能者に育て上げたくて、様々な霊現象を引き起こしていた、との記述がありました。その当時の江原さんは大学生で芸術家を志し、彫刻を専攻なさっていたそうです。だったなら、指導霊はお坊さんではなくて芸術家がついても良さそうなものなのに…と思ってしまいます。

あと、オーラの泉に俳優の大泉洋さんが出演なさった時の話で、東京の大学を受けたら全部落ちて、あまり行きたくなかった地元の北海道の大学だけ受かったので、しぶしぶそこに入学したことがきっかけで演劇への道が開けた、とのことでした。しかもそれは「神様」が仕組んで、全部東京の大学は落とした、とのことだったんです。この「神様」っていうのも守護霊のことなのでしょうか?そして、ここでも本人よりも霊界の方々の意志の方が尊重されているような気がするのですが、どうなのでしょうか?

つまり、私が一番知りたいのは、本人の意志うんぬんに関わらず導かれていく道、いわゆる決められてしまっている定め、みたいなものって存在するのかなぁっていうことなんです。

長くなってしまってスミマセン。どうしても今の自分とも関連ある疑問のような気がして、ずっと気になっていたことなんです。


【回答】

私もブログ記事などでも、毎度のごとくお話させていただくことに「主体性」の大切さがあります。

守護霊は魂の指導、教育を主として、多少の力添えや守護をしてくださることはあっても、人の主体性を無視した導きはしないということも何度もお話させていただいています。

しかし、世の中の様々なスピリチュアルなお話を見聞していると、守護霊の意志によって導かれたり、自分の意志よりも守護霊の導きを優先されているように思えるようなエピソードも聞こえてきたりしますよね。

御質問の中でもあった江原氏のお話のように、「どうしても江原さんを霊能者に育て上げたくて、様々な霊現象を引き起こしていた」なんて聞くと守護霊は自分の意志を守護している相手に押し付けていると思えてしまっても無理はないかも知れません。

また、俳優の大泉洋氏のケースのように「東京の大学を受けたら全部落ちて、あまり行きたくなかった地元の北海道の大学だけ受かったので、しぶしぶそこに入学したことがきっかけで演劇への道が開けた」ということであれば、本人の意志は反映されていないではないかと思うかも知れません。

このように見ていくと、守護霊は自分の意志を例外的にでも守護する当人に押し付けるようなことがあるのかというように感じてしまいますよね。

でも、やはり、守護霊はバックエンドの存在です。

本人の意志を尊重することは間違いないのです。

では、なぜ、江原氏や大泉洋氏のようなケースが散見されるのでしょうか。

まず、誤解のないように言っておきたいのが、江原氏の場合も大泉洋氏の場合も決して守護霊は本人の意志を曲げたりはしていないということです。

確かに表面的にみれば、江原氏は当時、芸術方面に行きたかったのに様々な霊現象にあい、結果的にスピリチュアルカウンセラーの道に入ることになりましたよね。

でも、これは、決して守護霊がそうしたかったからそうしたのではないのです。

江原氏は守護霊がそうしたかったと表現しているのかも知れませんが、これは、少し正確ではないと思います。

正確に表現するならば、天命の一つとしてスピリチュアルカウンセラーとしての活動(あくまでその活動の中に含まれるテーマ)があり、その天命は己が生まれてくる前に了承してきているはずなのです。

しかし、生まれ変わると人は、過去世や霊界での出来事は記憶に残っていません。(ブログ記事:「魂の旅路」参考のこと)

まっさらな気持ちで生きる中で、天命とはあまり関係性の薄いことにも経験として着手することもあります。

守護霊もそれをいきなり止めたりはしませんが、人生の流れなどを太極的な視点で見て、大きくずれ込みそうな場合には、起動を修正するために御働きになって、本人に起動を修正するように導くことはあるでしょう。

勝手に守護霊の思惑だけで人生の道を変えてしまったりすることはないのです。

主体性を重んじる守護霊は必ず、最初は見守るスタンスでいます。

そして、本人が魂の声に従って生きることを見守っているのですね。

でも、時として、あまりにも天命や魂の向上から外れるような行いを極端にし始めると守護霊も大きく動くわけです。

そうでない限りは、あくまで見守るだけです。

その守護霊の御働きを感じるものの咀嚼の仕方によっては、「守護霊にやらされた」「守護霊がそうしたかった」という言葉で表わされることはあるのではないかと思います。

守護霊からすれば、「お前が決めたことだろう?」と言いたいところでしょう。

それに江原氏の場合は、確かにスピリチュアルカウンセラーという道に入りましたが、同時にオペラなども習得されていますよね?

彫刻の道ではないですが、結果的に芸術の道も歩まれているではありませんか。

否、彫刻の道だって、おそらく、江原氏が本気で進もうと思って行動されていたら、守護霊も尊重されていたのではないかなと思うのです。

結局のところは、その人の本気度、どれほどそれを成し遂げたいかという気持ちにもよるので、単純に守護霊の導きや本人の希望が叶うわけでもないのです。

単なる我儘でしかない意志は、守護霊の導き以前に実現することはないでしょう。

逆にいえば、至誠天に通ずという言葉もあるように、真剣に目標や志を立てて向かってゆけば、たとえ天命とはあまり関係性の薄い内容であったとしても、守護霊は守護を行ってくれたりもするのです。

大泉洋氏の場合も東京の大学全てを落とされても、絶対に東京の大学に行くんだ!という強い信念で浪人を重ねてもチャレンジし続けたならば、もしかしたら、別の展開を迎えていたかも知れません。

もちろん、これは仮定の話に過ぎませんし、結果的には大泉洋氏は俳優の道で成功されていますし、守護霊の導きには感謝すべきことではあるでしょう。

しかし、これも守護霊が勝手に東京の大学を落として軌道を修正したわけではありません。

おそらくは守護霊の判断で最も天命に近い場所は北海道にあると判断して、そちらの方に導いてあげた方が、彼にとって一番良いだろうということだったのかと思います。

主体的意志といっても、強い意志、弱い意志、いいかげんな意志、天命に沿った意志、いろいろあります。

守護霊は全ての意志を一応は尊重はされますが、プライオリティとして天命をまず考え、その上で本人の強い意志を支持し、弱い意志も一応は耳を傾けて、導きを行う際の参考にします。

いいかげんな意志は、いちいち取り上げているときりがないので、受け止めてはいても、守護霊としては動かず見守るだけ。

このような感じになっています。

結論としては、「守護霊が勝手に人生を操作することはない」といえるでしょう。

全ての根源は各人の魂の向上とその意志にかねられているということです。

長々とした回答となってしまいましたが、御参考になれば幸いです。


天心 拝


P.S

今回は御質問の内容の趣旨の関係上、江原氏や大泉洋氏などの具体的な方のお名前を出してしましました。

本当はあまり、現在活動中の方の具体的なお名前を出すと先方になんらかの迷惑をこうむる可能性があるので控えているのですが、今回は質問の内容からどうしても触れないと回答しにくい部分があるため、やむを得ず記載をさせていただきました。

回答の内容は、江原氏や大泉洋氏に対してなんら含むところがあってのことではありません。

回答は、あくまで天心の視点、一意見として受け止めていただければ幸いです。

守護霊に対するスタンスや解釈も江原氏と私とでは異なる点もあるかと思います。

ですから、異なる点を見つけたとしても、咀嚼の違い、解釈の違いと受け止めて、また何より感応する霊界の違いがあるということを踏まえた上で、決して対立的にみることなく、調和の心を持って受け止めていただければと思います。

蛇足ながらこの点を付け加えさせていただきます。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

面白かったです。

守護霊様の指導の仕方がわかって、面白かったです。
天命ではなくても、強い意志ならば優先してくださるのですね。
「宿命は決まっている」と言われると、ネガティブな気持ちになりますが、自分できめてきた「天命」があり、その天命からそれたものも、本人の強い意志であるならば尊重される、というのはやる気が出ます。

ありがとうございました!

天心さま、
突然の質問にも関わらず、お答え頂きどうもありがとうございました。

また、松井さま、私の長い質問を読んで下さり、早速コメントを寄せて下さってとてもうれしかったです。
大変遅くなってしまいましたが、御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR