【公開質疑応答】穢れた神域に詣でるのは危険?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、ピカリン様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


初めまして天心様、こんにちわ。

ピカリンと申します。

いつもブログ拝見致しております。

貴重なお話を沢山お聞かせくださいまして、どうもありがとうございます。

日々勉強させて頂いております。

さて、質問なのですが、他のブログなどで、神社に神様は降りて来ず、多くが悪霊の住みかになってしまっている、という記事を目にする事があります。

そして頻繁に通ったりすると、悪霊や偽の守護霊と結びついてしまい、悪い結果を招いてしまう事がある、とも。

神主の常駐しない神社は特に悪い気が溜まりやすく注意してください、と書かれていたりして、私の氏神様となる神社はそれに当たるので、気になっています。

本当にそうなのでしょうか?
そうすると、お寺でもご本尊様は安置されていても、仏様はいらっしゃらない、という事になるのでしょうか?

私は度々神社仏閣へ赴きますし、守護霊様にも、毎日お礼とお祈りの言葉をかけております。

自分自身の願い事は勿論あるのですが、震災からの復興、福島原発の収束、世界平和など、世の中の為にもお祈りしたい事が沢山ありますよね。

愛と真心を込めてお祈りをすることが大切と書かれていましたが、その様に実践し、日々努力精進しながら暮らしていても、神社に行く事により邪悪な霊と結びついてしまったり、正しい守護霊様と繋がらない、という事があるのでしょうか?

だとすると、人々が神社へ行く事自体、非常に危険な行為となってしまいますよね?

私は今まで通り、氏神様へお参りして大丈夫でしょうか?

神社は比較的小綺麗で、特に嫌な感じも無く、返って温かみを感じるくらいですが、私は霊感も無い素人なので何も分かりません。

過去の記事の中でお話し頂いている事と重なってしまっているかとも思いましたが、天心様お考えをお聞かせいただければ、と思いご質問させて頂きました。

長くなり申し訳ございません。

どうぞよろしくお願い致します。

お忙しい中、お時間を頂戴いたしまして、どうもありがとうございました。


【回答】


ピカリン様

ご質問ありがとうございます。

神社・仏閣といえばパワースポットとしても昨今では親しまれているため、多くの人からも聖なる場所として認識されていますよね。

神社・仏閣の存在する意義は一つは人々の信心のささえとする場所として、それから神霊の降り来る依代となることであります。

過去記事の「祀る人の心」でもお話させていただいていますが、本来は聖なる場所として建立された神社・仏閣も時として穢れてしまっているところも確かにございます。

邪気のたまる場所に頻繁に出入りしていると邪気に充てられるため、自分自身にもマイナスの霊波動を受けることになります。

こう考えればまずは、穢れた場所や神社にはあまり近づかない方が霊的なことからいえば、得策かと思います。

しかしながら、このような穢れが多い、神社・仏閣に詣でたからといって、すぐに何か悪いことが起こるとか、守護霊がいなくなって、邪霊に変わるなどということはありません。

あくまで霊波動という意味で考えた場合には、なるべく、神域に詣でるのであれば、清々しい神域に詣でた方が良いわけで、私としては基本的には邪気紊乱の神社・仏閣へあえて参詣を勧めることはないよねという程度のスタンスです。

大事なことは当人の心根が真に信仰に根ざし、神様や仏様と波長の合う心根であれば、決して邪霊にいいようにやられてしまうことはありません。

なぜならば、そのような正しき心根ができている人はしっかりと守護霊が守護を与えているわけですから、ある程度は霊的に防衛はしてくれているわけです。


>私は度々神社仏閣へ赴きますし、守護霊様にも、毎日お礼とお祈りの言葉をかけております。
>自分自身の願い事は勿論あるのですが、震災からの復興、福島原発の収束、世界平和など、世の中の為にもお祈りしたい事が沢山ありますよね。



このように感謝のお祈りや利他の念でお祈りしている分には、その心根が真に愛と真心からのものであれば、大きな問題はないといえます。

但し、自己の利益を願う祈りは、邪霊に感応する入り口になる可能性があるので注意が必要です。

自己の利益を願うことが悪いことだとは申しませんが、やはり、そういった自我に意識が向くような祈りの際は、邪霊もつけ入りやすいのですね。

利他の祈りや感謝の祈りは、逆に付け入る隙がないので、あまり問題にはならないのです。


>愛と真心を込めてお祈りをすることが大切と書かれていましたが、その様に実践し、日々努力精進しながら暮らしていても、神社に行く事により邪悪な霊と結びついてしまったり、正しい守護霊様と繋がらない、という事があるのでしょうか?
>だとすると、人々が神社へ行く事自体、非常に危険な行為となってしまいますよね?


神社・仏閣、その他の神域に詣でることを霊的背景を踏まえて考えてしまうと難しくなってしまいます。

確かに、穢れの多い神社に詣でれば、霊波動的には良くはありません。

しかしながら、神社・仏閣に限らず、生活をする上で私達は、様々な場所へ赴くことが多いでしょう。

その場所は必ずしも清々しい場所ではないかも知れませんし、時には貰いうけという形であまり霊波動の良くない霊物をつけてしまうことはあります。

ですが、それを気にしてしまうと日常生活がまともに送れなくなってしまいますよね。

穢れることを恐れすぎると、何をするにも臆病になってしまいます。

だからこそ、穢れたら穢れたで、禊祓いをして、気分を一新して、日々、新たな心根で愛と真心を燃えたぎらして生きてゆけばよいのです。
(禊祓いといっても、お祓いだけが禊ではなく、気分転換や自分の心根に愛や真心ともす祈りを行うことも一種の禊になります。)

そうすると、受けた穢れや霊物も次第に祓われたり、どこかへ移動していってしまいます。
(憑依レベルなどにも依るので一概にはいえませんが)

神社、仏閣にお参りするのにも同じことが言えます。

たとえ神霊が一時、御帰りになってしまった神域であっても、詣でる人の心根が真に愛と真心であれば、その祈りは受け取ってもらえるものです。

>私は今まで通り、氏神様へお参りして大丈夫でしょうか?

ということですが、その神社を厳密に審神したわけではないので、正確には答えずらいところではありますが、少なくとも愛と真心からの祈り、日々の感謝などをする分には大きな問題はないと思います。


以上、回答がご参考になれば幸いです。



天心 拝


◎クリックご協力ください!




スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

ご回答ありがとうございます

天心様、こんにちわ!

ご回答くださいまして、どうもありがとうございます。

メールしてしまいましたが、こちらに書いても良かったのですね?

気づきませんでした、大変失礼致しました。また、コメント遅くなりまして、申し訳ございません。

お陰様で不安が取れました!

参拝という形に捕らわれず、神様や仏様の波長に合う心根であるよう、自分自身、日々努力し、邁進してまいります。
魂の向上に努めてまいります。

おっしゃられる様に、きっと守護霊様がお守りくださってますよね!

天心様のお言葉、お優しさに大変勇気づけられました。
心より感謝いたしております。

どうもありがとうございました。

これからもブログ読ませて頂き、頑張ります!
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR