根源的動機が今後を決める

私達が日々、行動することにはその前提として何らかの動機が存在しています。

たとえば、当たり前のように朝起きて、電車に乗って会社に向かい、仕事をする人も多いと思います。

その仕事に取り組むのは何のためかと問われれば、人それぞれにこたえはあるかと思います。

「生きるためにはお金が必要だから、お金を稼ぐためです」

という方も多いとは思いますが、そうではなくて、「親の事業を受け継いだからこの店を守るのが私の役目」といったような使命感でやっている方もいるでしょう。

「仕事は趣味です。前から興味があった内容を仕事にしています」という理由もあるかも知れません。

あるいは、「仕事を通して困っている人を助けたい」という慈善の心で仕事をしている方もいるでしょう。

同じ仕事をするという形を取っていても、その動機は様々にあります。

実はこの動機というものが、その後の人生の展開を決める大きな役割を果たしています。

たとえばお金のためにだけ仕事をするという方は、逆にいえばお金が手に入りやすい仕事を選ぶ傾向になります。

仕事の条件で気に成るのは常に給与のことになりがちです。

仕事のみならず、お金とうものが動機としてある場合には、お金さえ得られれば良いという発想で人生を生きてしまう傾向になりがちです。

親から引き継いでお店を経営するという方は、親からの受け継いだものを絶やしてはいけないとう想いにとらわれて、それ以外の可能性が見えなくなることもあるかも知れません。

仕事を趣味として観ている方の場合ならば、ともかく、自分の趣味にあう仕事だけが目につくことでしょう。

だから、それ以外のことには興味がわかないかも知れません。

そのような方の場合は独自のユニークな人生を歩む可能性もあるでしょう。

慈善的な気持ちで仕事に取り組む人ならば、自分が人の助けになっているか、そうでないか、役に立っているのかなどが基準になるため、人生も人のために役に立つことが喜びとなる価値基準で生きることになるかも知れません。

意外に私達の人生というものは、仕事という一つの側面を切り取って観察してみてもわかるように、心の中にある根源的動機によって大枠が決められているといえるのではないでしょうか。

人生には幸福、不幸があるといわれますが、幸福も不幸も実は人それぞれの心の中にある根源的な動機に基づいて決められていることが多いのではないでしょうか。

お金を稼ぐために仕事をするという動機の方は、働いてもお金が稼げないと不幸な気持ちになりがちです。

親の事業を守りたいとう動機の方は、引き継いだ事業がうまくいかないと不幸な気持ちになるかも知れません。

趣味的な動機の方は、自分の趣味に合わない仕事についたならば不幸に感じることでしょう。

慈善的な動機の方は、自分が誰の助けにもなっていないと感じる時、充実を覚えられないかも知れません。

このように不幸の要因はそれぞれの動機にあるといえます。

であるならば、幸福の要因ももちろん、それぞれの動機にあるといえるわけです。

私はどのような動機が正しいかなどとここでは言いたいわけではありません。

私達が行動するにあたり心の中にある動機が人生のありようを変えてしまっているということに気づいて欲しいということです。

何を動機とするかによって、人生のありようが変わるならば、できる限り、理想的な動機を定めることが人生をあらゆる意味で豊かに生きることにつながっていくわけです。

お金にとらわれればお金だけしか見えない人生であり、お金によって幸福、不幸が決まってしまう人生になります。

他の動機も一つの動機にこだわれば、その動機でしばられた人生を送ることになります。

自分自身の生きるべき、行動すべき動機を常に振り返り、見直し、そしてできればより高い次元の発想に動機づけをしていくことができる時に、人生はまたより深味のある様相を見せてくれるのではないでしょうか。

目先のことや自分のこだわりを越えて、自分以外のこと、家族や地域社会、国や世界といった広い範囲をも心に据えた動機を持つことが、結果的に自分の人生を大きく変えていく重要なポイントになってくるかと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR