【2012年11月度】神田明神への参拝

こんにちは。

天心です。

朝晩の冷え込みは、秋も深まり冬に突入していく兆しすら感じますね。

昨日、神田明神にご参拝させていただきました。

もちろん、11月度の月参りであり、今年も残すところ二か月を切りましたが、しっかりと気を抜かず活動をしていくことを誓って参りました。

今回も献灯の継続を申請し、ご寄付の一部を御賽銭箱に奉納させていただきました。

真心からご寄付を下さった方々の尊き思いを神田明神様にも取次して、追い風の神徳が吹くようにと祈願をさせていただきました。

もちろん、FGSの会メンバー、ブログ読者の方々、それから道名授与者の方々の天命成就、各種取次を受けられた方々がそれぞれの課題を乗り越えていけるようにとお祈りさせていただきました。

それから祈願串も奉納し、さらなる祈願を加えました。

今年も残すところの時間が少なくなってきましたので、どう締めくくるべきかなどをご相談しながらのお祈りとなりました。

おそらく、また来年度は新しい体制を作って活動に取り組む必要がでてきそうです。

神馬のポニー(明(あかり)ちゃん)も元気そうでした。

いつもちょっと弱弱しい感じなので心配しているのですが、明ちゃんも頑張っているようなので(笑)、私も今年も頑張ろうと(笑)気合を入れなおした次第です。

さて、最後に神田明神にてのメッセージをご紹介してご報告を終わりたいと思います。


-------------------------

傍観者をやめて当事者となれ

この岸からかの岸に渡れ

この岸からかの岸に渡るとは

己が時間、金銭、体力を割いて勇み学ぶことである

この岸から見渡すだけでは

かの岸のことはわからぬ

かの岸に渡ればこそ

得るものがあることを知れ

-------------------------



何事も傍観して観ているだけでは本当の意味で学ぶことができません。

主体的意志を発揮して、何事も率先して動いていくことが大事だということです。

サイレントマジョリティーという言葉があるように多くの人は物言わぬ傍観者でいることが多いと言われています。

何が起こっても対岸の火事のようであり、自分に関係しているという意識が持てない方が多いと聞きます。

傍観者でいれば、大変な苦労やめんどうくささからは逃れることができるかも知れません。

はっきりいえば、当事者よりも傍観者は楽なのかも知れません。

しかしながら、当事者にならなければ本当の意味で人生での学びを深めていくことはないとメッセージは伝えています。

人は、どうしても時間がかかったり、お金がかかったり、体力的におっくうに思うことには倦厭しがちなところがあります。

でも、その気持ちを乗り越えて踏み込むことが本当の意味での学びにつながり、人生をより豊かにしてくれる一つのポイントだということです。


天心 拝


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR