その心で味わうこと

和食は素材を重視し、素朴な味わいを箸や茶碗といった食器を通していただきます。

中華料理はあくなき食へのこだわりで調理して大きなお皿に盛られた料理を囲みながら取り分けながらいただく。

フランス料理ならばまずは前菜に食前酒としてワインが出されることもあるだろうか。

それぞれの食事の文化があり、味わい方がある。

和食を美味しく味わうためにはその文化を理解し、その心を持って味わわなければ、本当の意味で和食を味わったことにはならない。

中華料理もフランス料理も他の料理も皆同じです。

それぞれにふさわしい味わい方というものがあります。

スピリチュアルという世界も昨今の風潮としてより科学的、あるいは現実的な尺度の中で分析されて、ある種の解釈をなされることがあります。

たとえばスピリチュアルの現象などは科学的にはこのように分析できるといったことである。

脳科学ではこうだとか、心理学ではこうだとか、歴史や文化的な儀礼としてはこうだとか。

いろんな角度で分析がなされることがあります。

それは一つの尺度としては正しい一面を捉えているかも知れませんが、結局のところ、スピリチュアルはスピリチュアルの心を持ってでしか正しく解釈はできません。

たとえるならば、面白い小説や映画を分析したり、評論したりしてみてもそれらを本当に味わえているかどうかはわからない。

その小説や映画の面白さを本当に味わうためには、先入観を捨てて、その世界にどっぷりとつかりながら、存分に味わうしかないことにも似ています。

小説に書かれた文をパラグラフごとに分析してみても、その小説の味わいは感得することができません。

映画でも監督は誰で、主演は誰で、映画賞は何にノミネートされているかなどから世間的な評価が上下することはありますが、それも一つの尺度ではありますが、その尺度を持ってその映画を味わったといえるかどうか。

これは微妙です。

何が言いたいかといいますと、いくら分析してもその真価はわからないのがスピリチュアルな世界なのだということです。

その中で自分が何を味わい、何を感得し、何が心に残るのか。

その心で味わうしかありません。

評論や分析、世間一般にて作られた現世的な尺度からしか味わう方法を知らないとわかっているつもりで実は何もわかっていないということになりかねません。

まずは、先入観を捨ててその世界に入り込み味わうことが大切なことかと思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR