あなたにはその資格がある

最近、よく考えさせられるが日本人の独特の感性についてです。

日本人の特有の感性はいろいろとありますが、その中でも美意識として定着しているものに「おくゆかしさ」というものがあります。

大和民族はもともと古来から言霊信仰とも呼ばれるほど、言葉に対する畏敬の念や力に対する確信を持っていました。

古代の日本人は言霊の力をよく理解していたので、言葉を慎重を使い、むやみに言葉にしないことを良しとしてきたところがあるのです。

日本のことを「言(こと)あげせぬ国」という表現がされることがあります。

いろんな主張や考えがあっても、すぐにそれを言葉にして主張したり、表明したりせずに、黙ってゆずるような態度を良しとする風潮がある国であることを示唆した表現でもあります。

この言葉にせず主張しないという点が日本人の美意識にまで高まり、その振る舞いとして「おくゆかしさ」というところに帰結しているように思います。

私もこの日本の独特の感性や美意識は感じ入るところもあり、日本人の好きな性質の一つでもありますが、時として行き過ぎるとマイナスに働くことがあるなと感じるのです。

私はFGSの会で様々な企画をしたり、メンバーに参加してほしくていろいろなことを発信し続けています。

でも、参加される方は全体のほんの一握りにすぎません。

もちろん、参加されるかされないかは自由であり、少ないなら少ないなりにそれでも良いとは思っています。

しかし、時々、頂くフィードバックの中で気になるキーワードを散見することが多くなってきました。

それは、「はたして自分にそのような学びに参加する資格があるのか」といった声でもあります。

私は、企画に応じて、参加条件を課すことがあります。

それは、全ての企画に全ての人が参加する必要はありませんし、企画の内容によっては、ある程度、意識を高く持って参加してほしい(そのようにせよという神霊の指導)という思いがあって制限をつけています。

ただ、それは意識を高めて参加してねという意味あい以外には他意はありません。

全てのメンバーは一応、縁があってFGSの会に登録されているはずなので、メンバーには条件がある場合は条件を満たしてくれる意志があれば、参加する資格は誰にでもあるのです。

しかしながら、元々、元来の日本人の性質でもあり、また、FGSの会に来られる方はどなたも心根が清い方が多いので、皆さん「おくゆかしい」方が多いわけです。

「縁があってFGSに入ったのであるから私にも学ぶ資格があるはず」

と元気よく思っていただけると嬉しいのですが、「おくゆかしい」ので謙虚に「自分には資格があるのだろうか・・」と考えてしまう方が多いような気がするのです。

こんな時、私は「もう少しずうずうしくてもよいのでは?(笑)」なんて、勝手なことを想ってしまうことがあります。

もちろん、「おくゆかしい」方は私は大好きであり、素敵な方だなと思います。

傲慢不遜で、ずうずうしい限りの人ばかりがメンバーになってしまうと私が大変なことになってしまいますし(苦笑)

そういう意味では、本当にFGSの会のメンバーには恵まれているなと想ったりもします。

しかしながら、あまりにも謙虚過ぎて、おくゆかしすぎて、学びに積極的になれないのは、結果としてマイナスになってしまうこともあるかと思います。

もちろん、最終的には全てのメンバーが主体的に決定していくことが大切ではありますが、その時に、もし、「自分に資格があるのか?」という自問が起こった時には、とりあえず、私から申し上げることとしては、「あなたにはその資格がある」ということです。

もちろん、条件や審査などによって結果として参加できないことも場合によってありますが、エントリーするくらいの資格はあるはずです。

というよりも、「自分にはその資格があるだろうか」と自問できるほどの謙虚な心があることこそが、十分に資格があることの証なのではないかと思います。

今回はちょっとFGSの会、中心のお話になってしまいましたが、これは全ての方に言えることで、何かをやろう、挑戦しようと想う時に「自分にその資格があるのか?」という言葉が頭をかすめた時には、思いだして欲しいと思います。

「あなたにはその資格がある」ということを。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

資格ですか…

天心先生、こんにちは。
10月にした手術後、まだ休職中です。FGSの会のメンバーとして
今回の癒しの霊法の企画にエントリーさせて頂いておりますが、
休職中で時間があるのですが、身体の状態もあまり良くなく、
戴いたテキストの内容が、覚える項目もあり、正直に云って少々
難しく思われ、そして何よりこれまでも各種の霊法について音源
コンテンツを含み、その都度挑戦してきましたが、何も感じられず、
全くの自分の霊感の無さに改めて無能である事を実感し、自分自身の
凡夫さにあきれております。このように何の能力も無い自分が、FGS
の会のメンバーでいいのか、そして自分の無能さを考えずに癒しの霊法
伝授にエントリーしてしまった事がはたして良かった事なのか…
いろいろ考えて、もう頭がグルグル回っております…
本当に申し訳ありません。でもどうしたらいいのか…
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR