高幡不動尊を参拝

クリスマスも終わり、今年も数えるだけの日数を残すのみとなりました。

年越し準備に皆様も忙しいことと思います。

街の雰囲気もクリスマスからお正月モードに突入といったところでしょうか。

一部では、マヤ暦のカレンダーの終わる日が今年の今月の21日だったことから、人類が終わるのではないかという不安が一部、世界でも広がりを見せていましたが、とりあえず何事もなく、大した混乱もなかったことは良かったと思います。

そもそも、終末論というものは、いつでも人心を煽り、不安にさせる困った特質があります。

私達はいかなる節目にあろうとも、その日、その日の与えられた命を精一杯輝かせる以外に道はありません。

だから、世紀末だろうと、マヤ暦が終を迎えようと、アセンションがどうたらこうたら(笑)は、関係ありません。

いついかなる状況でも自らの魂をどのように向上させて、その意思をどのように表現していくのか。

これ以外にはないのです。

逆に言えばそこから離れさせて、蒙昧な道へと引きずりこもうとする働きこそが、法難システムでもあり、時代の時々にして現れる一つのサイクルの働きであるといえるでしょう。

人は弱いもので、ともすると派手なムーブメントや表現に心を動かされて本来の道を見失う傾向があるものです。

自分の魂の主体的意思以外には、本質的なものは何もありません。

ですから、これからいかなることが発生してこようとも、恐れることはありません。

そのことをどうか、肝に銘じておいて頂ければ幸いです。

さて、前置き話が長くなりましたが、先日、高幡不動尊に参詣に行きました。

やはり、来年に向けても少し、しっかりと自分自身の魂を強化していかないといけなさそうなので、不動尊をお参りさせて頂きました。

高幡不動尊においても、神田明神などと同じく、読者の方やFGSの会のメンバー、取次をお申し込みいただいた方達のフォロー祈願、それから、道名授与者の天命成就祈願などなど、させていただき、ご寄付の一部をお賽銭箱に入れ、それから護摩木も奉納させていただいております。

今回、なぜ、高幡不動尊に参詣させていただいたのかといえば、やはり、しっかりとした軸を自分の中に作りこみ不動のものとしていく必要があることを悟ったからでもあります。

今後のテーマとしてより一層の霊空間を強化していく、具体的にはFGSの会の霊的フィールドを強化していく必要が出てくるということです。

そのために何が必要なのかと散々に問答を守護霊から仕掛けられていました。

そして、そこで出てきた一つのキーワードは、「人の魂は信念に呼応する」というものでした。

信念がグラグラと揺れ動くようでは、霊空間も人と人とが織り成す斎庭(ゆにわ)も成り立たないということです。

しっかりと揺るぎない志を打ちたて続けないと、結局は何もかも空中分解してなくなるしかないということが、お諭の要点であったのです。

そこで、今一度、揺るぎない信念を打ち立てるべく、導きにより高幡不動尊へと詣でたというわけです。

お参りしたかいはありました。

ここで再び、不動尊から霊法の珠を授かることができたからです。

この珠はまだしっかりと使いこなすところまでは行っていませんが、どこかで皆様にもフィードバックできる機会があればと思っています。

とりあえず、参拝報告としては以上です。

それでは、今年の残りの日が良き日でありますことをお祈り申し上げます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR