守護霊は霊界とのパイプ役

守護霊は私達の魂の向上のための教育係であるわけですが、それ以外にもいろんな役割を果たしてくれています。

その一つが霊界とのパイプ役。

守護霊アドバイスなどを例にとって考えてみましょう。

守護霊アドバイスとは基本的に御相談者の守護霊と御相談者の仲立ちをしてコメントやその意図するところを取次することであります。

取次役は私、天心というわけです。

守護霊は様々なサインや証を御相談者に投げかけていますが、それがダイレクトにつながらないケースが多いので、取次者が必要になるわけです。

元々、もう少し霊性が豊かな人間が多かった時代(古代)は、ある程度、霊界の事情や神霊たちの意向などをダイレクトに受け取ることができたわけですが、現代の霊波動の荒い物質重視の時代に慣れ親しんだ人たちは、霊界の実相もわからなくなってしまったのです。

そこで、確立された方法が取次という手法でありました。

古代で有名な取次者を上げれば、卑弥呼がいますが、卑弥呼が活躍していた時代というのは、既に少しずつ一人ひとりの霊性が薄くなってきてしまった時代だともいえます。

もちろん、それでも現代に比べれば霊性という意味ではまだかなり良い状態の時代でもあったと思います。

さて、取次をしなければ神霊との交流や霊界の実相を知ることができないということですが、これは現世から見た事情の一つに過ぎません。

守護霊が現世の人を通してしか現世に対して働きかけられないのと同じように霊界に対しても私達には取次役が必要となります。

特に自分の持つ霊界とかけ離れた霊波動との交流や実相を知る場合には霊界での取次役が必要というわけです。

実はこの取次役をしてくれているのが守護霊であったりします。

もちろん、必ずしも守護霊だけが取次役となっているとは限らないのですが、一番身近な霊的存在としては守護霊が挙げられると思います。

様々な霊界に感応していこうとする時、その取次役、パイプ役になるのが守護霊なのです。

ですから、私が取次をする場合によく御相談者の方に「守護霊様に感謝のお祈りをしておいて欲しい」とお願いすることがあるのは、知らないところでも守護霊は私達に霊的な導きを与えてくれているからなのです。

人は自分の都合の良いことが起これば、感謝の念も抱くものなのですが、わからないことに関しては、そのままスルーしてしまうことが多いものです。

守護霊の働きというものは、まだまだ、わかっていない隠されたものも多いですが、私達の知らないところで色々と苦労をしていただいていることが多いのです。

ですから、守護霊には何はなくとも日頃から感謝しておくのが良いのかと思います。

また、守護霊との交流が霊性を開拓し、霊界の世界を理解する道しるべになることがわかっているので、FGSの会では守護霊交流を進めているわけです。

守護霊交流は一つの入門としての大事なポイントにもなりますので、ここで今ひとつ改めてお話させて頂きました。

是非、過去記事などもご参照の上で実践、修練をしてみていただければと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR