詩心が守護霊を動かすキー

守護霊を動かすためには、感情を込めることが一つのポイントであることを「守護霊への語りかけで感情を込めるコツ」の記事でお話いたしました。

感情を込めるコツとして、素直に言葉を紡ぐこと、時間をかけることなどをご紹介しましたが、その次のステップとしては、「詩心(うたごころ)」を持つということが挙げられます。

「詩心」とは、感情を文章に乗せて表現しようとする心ですね。

平安時代などでは、5・7・5・7・7の言葉の調べに乗せて和歌を詠み、自分の心の感情を表したものが多く残っています。

素直な心で言葉を紡ぐことになれてきたならば、今度は美しい調べを持つ言葉や文章でそれを表すようにすることでより感情がこもる祈りとなってくるのです。

和歌や詩は人の幸魂(さちみたま)を震わせてくれます。

それは、自分自身の幸魂だけでなく、守護霊や神霊の心も震わせるものでもあるのです。

気持ちを震わせるためには、詩心も大切なポイントであることを覚えておくと良いでしょう。


◎クリックご協力ください!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR