【公開質疑応答】遺骨の扱い方

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、ピカリン様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


天心様、こんにちは
ピカリンと申します
いつも貴重なお話を聞かせて頂き、どうもありがとうございます

質問です
先だって父が亡くなり、納骨も済んだのですが、残された母が、父の遺骨の一部を骨壺に入れ、現在自宅に安置しております

母は、たまたまその様な事をテレビで見たらしく、仏具屋に訪ねた所、専用の小さな骨壺があり、遺骨の一部を入れて仏様として手を合わせ供養する方法もあると言われた、との事でした

元来、母は全く物が捨てられない性分で、遺品も一切手を着けておりません

以前、天心様が書かれた事を参考にし、気持ちは分かるが、あまりにも執着するのは故人にとって良くない場合もある、少しずつでも遺品を処分する方がいいと話しました

同様に考えると、かなり強い思い入れを持って、故人を忘れられないが故に、遺骨の一部を家に所有していても全く問題はないのか、疑問が沸きました

やはりきちんと納骨したほうが良いのではないでしょうか?

父の魂は、ちゃんと霊界に行けるでしょうか?

また良くない霊が寄って来るような事は無いのでしょうか?

個人的な質問で恐縮ですが、ご回答頂ければ幸いです
どうぞよろしくお願いします


【回答】

ピカリン様

ご質問ありがとうございます。

ご遺骨を一緒にお祀りしていて問題はないのかということですが、原則を言えば、遺骨は納骨して、家には仏壇・位牌にて祀るのがよろしいかと思います。

しかしながら、昨今では、祀り方もそれぞれの方の思いによって変わってきています。

ご遺骨をひもろぎとして、お祀りすることも悪くはないとは思います。

ただ、ご遺骨をお祀りする場合、どうしても、先祖代々のものを祀るのは無理がある場合もあるかと思います。

スペースの問題上、それができないから納骨をするという側面もあるわけです。

ご遺骨はひもろぎとしては強力なものになりますので、亡き方とのつながりも太くなる反面、やはり、お互いに霊的な引っ張り合いになりやすい面もあるかと思います。

現世の人間の思いを強く送れば、霊界での霊人の生活の邪魔になります。

逆に現世に生きる私達に霊人側が干渉しやすくなってしまうという問題点もあります。

執着がどれくらいあるかどうかにもよりますし、一概によい悪いは言えないのですが、ご遺骨があることによって、あまりにも故人に思いが行き過ぎるのであれば、納骨した方がよいといえます。

きちんと気持ちを切り替えることができているのであれば、そのままお祀りしても構わないでしょう。

以上、回答となります。


天心 拝


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ご回答くださいまして、どうもありがとうございます

故人への思いを断ち切る事はなかなか出来ないものだと思いますが、ある程度気持ちの区切りをつける事は、故人の為にもなると言う事ですね

人を愛すると、どうしても執着してしまう
本当の愛とはどういうものなのか、考えたりしました

辛くても故人をきちんと見送ってあげる事は、きっと遺された者の使命なのですね

勉強になりました

遺骨の事、母に話してみます
どうもありがとうございました
感謝いたしております
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR