天耳通力-心に浮かぶメッセージ-

前回の記事であまり触れたくないと行った矢先からで恐縮ですが、霊能力カテゴリのお話を続けてしてみたいと思います。

取次鑑定として日々、守護霊アドバイスなどを取次させていただいておりますが、こういうことをしていますと何かと天心は特別な人間ではなのか?と誤解されることがあります。

全く持って、普通の人間でありますし、万能でも完全でもない、むしろ、不足部分の多い未熟な人間です。

全てのアドバイスや取次は守護霊をはじめとする神霊が働いてくださることで機能しているに過ぎません。

あくまで天心は媒体であり、「取次」をしているに過ぎません。

なので、全ての功績は守護霊にあり、神霊にあるといって良いでしょう。

それでも、「守護霊からのメッセージを受け取れるというのは特別な力でしょ?」と思われる方も多いようです。

メッセージを受け取る能力のことを仏教では天耳通力(てんにつうりき)と呼ばれたりもしているくらいなので、益々特別な印象が強まりますよね。

でも、これは霊視と同じように実は誰でも本当はメッセージを感じたり受け取ったりしているはずなのですが、気づいていないだけというケースが多いといえます。

メッセージを受け取るなんていうと特別に感じてしまうのは、丁度、はじめて天体望遠鏡を除いて夜空の星の姿を目の当たりにした時に思わず「スゴイ物を見た!」と感激してしまうことにも似ています。

最初は確かに特別でスゴイことのように思えるかもしれませんが、天体望遠鏡を使い、その後、惑星や衛生などを観測しんがら学問的探求をしていくことで、新しい発見や発想を生み出していくことこそが大事なわけです。

同じように単にメッセージを受け取れるかどうかということよりも、メッセージを人生を通しての学びを深めるキッカケとできるのかどうかが大切になるわけです。

守護霊との交流によりメッセージを受け取ることも、最初はとにかくメッセージを受け取りたいと思う一心になってしまいがちになるかと思いますが、段々とそこから先へと進んでいくことが肝要です。

とはいえ、最初はやはり、ワクワクドキドキしんがら楽しんで守護霊との交流をしていくところから入るのは、良いことかと思います。

さて、今回は少しメッセージを受け取る時のコツといいますか、状況についてお話してみたいと思います。

まず、あまり「受け取ってやるぞ!」と気張らない方が良いということです。

それから「自分には無理ではないの?」という否定的な考えも排除していくことが大事です。

あとは、「メッセージを受け取ることは特別な行為だ」という念も持たない方が良いでしょう。

なぜならば、私達は特別なことと感じた瞬間にその対象との距離が広がってしまう傾向があるからです。

特別なことは特別なのだから滅多には起こらない。

このような流れのストーリーが自分の中に出来上がってしまうとメッセージを受け取ろうとしても、そのストーリーが作り出す霊界がメッセージの受け取りを拒んでしまうことになります。

守護霊交流に関してはFGSの会で詳しく触れていますが、ブログ読者向けにもできる範囲でお話できるとすれば、このような感じになるかなと思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR