【体験記】守護霊交流よもやま話(その2)

【体験記】守護霊交流よもやま話」の続きになります。

前回は、私の子供の頃のお話を少々と守護霊が近づくと直感力が冴えてくるという傾向があることについてお話させていただきました。

まだ、この頃は守護霊の「守」の字も意識していない頃なので、今思えば、守護霊との交流は水面下で始まっていたのかなと思うといった次第です。

さて、子供の頃、まだ4、5歳くらいだったと思いますが、漠然と神様という存在に対してなんとなく意識はしていたものの、それと同じくらいに科学的なものにも惹かれてもいました。

何しろ、物心がついたときに初めて、なりたいと思ったのは白衣を着た科学者でありました。(笑)

というより、どちらかというと発明家に憧れていたのです。

それは、トーマス・エジソンの影響でもありました。

今でもエジソンは偉人・あるいは成功者として取り上げられている人物ではありますが、発明家としても名高い名声のある方です。

幼かった当時、エジソンの偉人伝の書籍は、大抵の本屋さんの教育系の棚に置いてあったものです。

何の因果があってなのかわかりませんが、私は、エジソンの偉人伝を読むことを皮切りにどんどん科学的なことに惹かれていったのです。

「スピリチュアルな方向にいかなかったの?」というツッコミがありそうですが、これは正直に白状します。

最初、子供の頃は、限りなく無神論に近い状態のメンタリティを持った子供だったと自覚しています。(笑)

しかし、同時に不思議な体験もチラホラしていたりもしたのですが、子供ながらも科学する感覚が芽生えていたため、不思議現象が起こっても基本、全て無視していました。(笑)

例えば、クリスマスの夜に私は一度、サンタクロースを見たことがあります。

「いや、そりゃ、クリスマスだったら街にはサンタクロースの姿した人はそれなりにいたでしょ」

と思われたと思いますが、ご想像しているのとは、違うと思います。

見たのは夜中の3時くらいです。

正確にいうと見たというほど、はっきりではないのですが、スーっと何か気配を感じ、それから、鈴の音がずっと鳴り響いて近づいてきたのです。

もちろん、だからといってサンタクロースかどうかはわからないじゃないかと言われればその通りなのですが、当時、子供心に「サンタ?、いやそんなのいないよね?」と半信半疑でいました。

今思えば、霊的な何かと感応していたことは間違いないと思います。

サンタクロースのフリしてやってきた守護霊だったのか(笑)、わかりません。

とりあえず、思い出の中ではサンタクロースということにしておくことにしています。(笑)

ただ、いえるのは、夜中の3時くらいに目が覚めたこと、そんな時間にはサンタクロースに扮した店員が活動していることはなかったこと、それに見たのは家の中ということから、そういった類のものではなかったと思います。

不思議なのは、その当時、全くサンタクロースなど信じていなかったし、科学的なものへの芽生えの最中だったので、子供なりに「ありえなーい」と否定していたくらいなのに、しっかりと何かが降りて来るのをキャッチしていたことです。

普通、サンタクロースは素直で良い子のところに来るものだと言われていましたが、どちらかというと神様に対して懐疑的な自分のところに来るなんて本当に不思議なものです。

でも、考えてみれば、その当時は否定していたので、何かが降りてきても無視するか否定するかして気づかないわけです。

いかなる体験も否定してしまえば、それは単なる気のせいとなり、記憶の彼方へ押し仕舞われてしまいます。

今はこうして、振り返ることで、あの時の現象や体験は、なんであったのか判別することができます。

守護霊もいろんなことでサインを送ってきていますが、私達はそれに気づかないものなのです。

それは否定の心が先に立つからなんですよね。

だから、本当は振り返ってみると「霊的体験なんてしたことない」と思っている方でも探してみると結構、不思議な体験はしているはずなんです。

とはいえ、あの時の鈴の音と気配はなんだったのか、おそらくは守護霊だったのかと思います。

それとも本当にサンタクロースだったのでしょうか?(笑)


・・・続く


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR