FC2ブログ

運命学と積善

悩み相談というと定番は占いというものがあります。

占いには、様々な手法があり、それぞれに特性があります。

例えば占いの代表的なものに手相があります。

手相は誰しも手のひらにシワを持っていて、沢山の線や丘と呼ばれる肉厚のつき方具合などから、運命を紐解こう御という占いですね。

霊的な視点から観ると、手のひらには個人個人の先天運(生まれる前から持っている素養)と後天運(生まれてから外部の環境や生きてきた行動により発生した運命)が映し出されているといえます。

それを占い師が読みとるわけですが、ある程度、線や丘を体系化されていて、誰でもその体系を学べば、運命を読み解けるようにしたものが相学というものであります。

相学とは、手相だけでなく人相なども含む、個人個人の身体の部位や、住んでいる家の家相、お墓の形の墓相なども含めて、運命を読み解く手法を体系づけた学問であるといえます。

また、西洋占星術などに代表される、生まれた生年月日を元にその人のライフサイクル(運命のサイクル)を読み解き、運命傾向を探る算命学というものもあります。

これは、主に星から注がれている霊力を分析することで、その人が持つ才能やこれから人生を歩む上でどのような障害出てくるのか、あるいは追い風が吹いてくるのはいつごろなのかを予見しているわけです。

惑星や衛生など個別に霊力の種類や波動が違うために、人それぞれに性格の違い、運命の境遇の違いが現れてくるというわけです。

この算命学も体系があるために学ぶことで、ある程度、人生を予見することができます。

最後は、卜術と呼ばれる占いがあります。

タロットなどがこれにあたりますが、この占い方法は、かぎりなく体系化されずに主に霊感的な直感力により運命を読み解こうとする手法です。

タロットカードや筮竹を使い、それを媒体にして運命を垣間見ようという占術であるわけです。

大きくわけると相学、算命学、そして卜術と呼ばれる3系統の占いが存在することになります。

それぞれに個性があり、長所も短所もありますが、ロジックがしっかりとしているためにある程度は学び身につけることができることもできるのが最大の特徴なのかも知れません。

私が行っている霊視、霊感鑑定はこれら3つとは少し毛色が異なります。

占いは、体系だてたロジックにあてはめて判断することで、誰もがわかりやすく運命を探ることができるのですが、どうしても画一的な結果しか出ません。

なぜならば、ひとつの形にはめて考えるために、他の自由な発想は出てきずらいといえるからです。

霊視・霊感鑑定では、直接、守護霊様にお伺いを立てることで、様々な運命における助言を頂き、ある時はヴィジョンを見せて頂くことができます。

ロジックがないので、とても画一的には表現できない場合も多いのが欠点ではありますが、それでも一番、その人にとって良い道筋を照らしてくれているともいえます。

また、守護霊様が動かなければ何も得られないという弱点もあります。

しかし、その分、間違った方向には生きにくいといえるでしょう。

それは、占いでは、相談者の希望にそって方向性を探ろうとするために時には相談者のエゴを満たす形での占い結果を導いてしまう可能性があるのですが、霊視・霊感鑑定では、守護霊が大局的に観て判断をするので、結果的には正しい方向に進むことができるというわけです。

どうしても人は自分のエゴに囚われてしまうことが多いのが現実です。

一見、エゴを満たせれば、満足して幸せに感じることもあるかも知れませんが、霊的に観れば負のエネルギーをため込んでしまっている結果になっている場合も多いのです。

そういう意味では、目前の幸せを得ることが本当の幸せに繋がることとは限らないということがいえるのです。

こういう太極観に立った見方ができる占いは、中々存在しません。

目先の悩みを解決するという視点だけで、アドバイスをするケースが多いと思われます。

もちろん、例外はあるかも知れませんが、少なくとも私が知りうるかぎりの占いに関しては、こういう傾向が強いように感じます。

霊視・霊感鑑定で目的としているのは、個人のエゴから来る願望を満たすことではなく、その人の魂の向上であり、霊層、霊覚の向上であります。

一足飛びにそのような境地にたどり着くのは難しいと思いますが、目前の悩みという事柄をキッカケにして、少しずつでも本来のあるべき道に気づいて頂ければという思いで、行っているわけです。

ここが通常の占いとの違いです。

さて、思いっきり前置きが長くなってしまいましたが、「運命学と積善」ということについてお話をしたいと思います。

占いとセットで考えらるものに運命学というものがあります。

簡単にいうと運命とは何かということを考える学問ですね。

占いとは運命を解釈し、その傾向を探ることで、運命をよりよく改善してゆこうとしているわけです。

ですから、運命学とは、運命をどうしたら改善できるのかというのがテーマであるわけです。

よく運命は全て決まっていて変えることはできないと勘違いしている方がいらっしゃいますが、運命は改善してゆくことができます。

運命とはあくまで、運の流れであり、傾向であり、生まれた時点、あるいは現時点から予測しうる可能性に過ぎないわけです。

完全に確定して決まってしまっている運命などはないのです。

しかし、生まれた時点での運の流れのまま、傾向が変わらず、同じような進歩のない日々を送り続ければ、もともとの運命のまま時が流れてしまうということになります。

だから、占いを受けて、「言われた通りになった!」「当たった!」と喜ぶ方も多いと感じますが、必ずしもそれは喜ばしいこととは限らないのです。

なぜなら、運命は改善できるのに、改善しなかったために既存の運命に流されてしまったという見方もできるからです。

最近、霊視・霊感鑑定でも未来ヴィジョンによる鑑定を廃止に致しましたが、これも実はこういった運命の改善を阻害する可能性があるために廃止という決断をしたという経緯があります。

単なる未来予測は、そこに人間として生まれてきた意義も、価値も見いだせなくなってしまう可能性があります。

運命を乗り越えてゆくことこそ、人の生まれてきた意義の大切な一つでもあるのです。

では、どうしたら具体的に運命を改善してゆけるのでしょうか。

運命改善法は様々に存在していますが、もっとも基本的で、全ての開運のベースになるものがあります。

それは、正のエネルギーの充填を日々行ってゆくことです。

この正のエネルギーの充填するための行為を「積善」といいます。

積善は読んで字のごとく、善なることを積み重ねることを示しています。

中国古典の四書五経のうちの筆頭ともいえる「易経」の中に記された言葉に次のようなものがあります。

「積善の家には余慶あり。不積善の家には余殃あり」

この言葉の意味は、「善行を積み重ねてゆけば、その家系は子子孫孫まで、余りある慶び事が続くであろう。しかし、善行をせず、返って悪行をするものの家系は、栄えてゆかないし、その報いとなることが多くなるであろう」
となります。

少し意訳していますが、善行を行うことは自分自身だけでなく、家系を通じて子孫にまで正のエネルギーが継承されていくことを表しています。

逆に正のエネルギーの蓄えがなく、負のエネルギーが強ければ、あまりいい事が起こってこないということも同時に示しているわけです。

易経は数千年の歴史を持つ古典的書物でありますが、イニシエから既に正負のエネルギーの法則は言われ伝えていたことが伺えます。

正のエネルギーを蓄えるには、沢山人に喜ばれるようなことをすること。

今でしたら、節電に協力する(東北・関東)、義援金を贈るなんてのもいいかも知れません。

ボランティアなども積善になるでしょう。

もちろん、積善が目当てになりすぎて、愛と真心がなければ意味がありませんが、できることをやってゆくことが大切です。

お金がないという人なら、人に笑顔を振りまいて幸せな気分にさせてあげること、人を笑わせてあげること、こういうことでもエネルギーは少ないけれど、積善になります。

より大きい範囲で影響のあることを行うとより大きな正のエネルギーをため込むことになります。

だから、今回の震災時に率先して店舗の品を無償で提供したり、住居を失ったひとにホテルを開放したり、多くの義援金を私財をなげうって行っている人達は、本当に大きな正のエネルギーを蓄えています。

おそらく、これらの人達は、今後、益々栄えてゆくと思います。

しかし、なかなか大きな活動はできない方も多いとは思います。

大きなことができなくても、小さなことの積み重ねが大きな正のエネルギーを蓄える結果に繋がるのです。

些少であるからといって、がっかりすることなく、自分のできる積善を行ってゆくことが大切なのです。

でも、やっぱり、できるだけ大きな正のエネルギーを蓄えたい。

こう思う方もいらっしゃるかも知れませんね。

そこで、最期に個人で出来る、大きな積善の方法をご紹介いたします。

それは何かというと、真心で神霊を動かし、多くの人を幸せにする正のエネルギーを動かすことなのです。

具体的には、神社仏閣に赴き、日本の国民、他、世界の人達の幸せを祈願するという方法です。

お玉串を収め、大きな祈願をすることで、通常の積善の3倍以上は正のエネルギーを蓄えることになります。

これはなぜかというと、神霊や神仏は広範囲で動いています。

現実的には目に見えませんが、様々な現実の現象には神霊達の加護があって発生していることがほとんどなのです。

被災後に他に類を視ないほど、落ち着いて行動していると世界各国から称賛されて、支援などが次々、投入されているのは、神霊達の働きの御蔭という部分もあるのです。

もちろん、日本がODAなどで積善していた正のエネルギーの顕現化という側面もありますが、多くの人の祈りが神霊達を動かしているという霊的な背景もあるのです。

このように神霊を動かすと日本国全体に善なる影響がでるので、より多くの積善になるというわけです。

ですから、是非、神社仏閣に詣でてこれを行ってみてください。

また、私にご寄付を頂いた方には、私が代表して神社にて祈願をしています。

ご寄付のお玉串は、一部、寄付金よりねん出していますし、義援金もさせて頂いています。

これもまた、大きな積善になっています。

こうした方法で正のエネルギーをなるべく多く蓄えるという手段もあるということです。

少し、長いお話になりましたが、今回は以上になります。



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR