負のエネルギーを消し去るもう一つの方法

益々、気温があがり、ようやく春らしい香りが漂う今日この頃ではありますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

私も、先ほど、2件ほど、天命・過去世調査の取次を終えたところであります。

まだまだ、ご依頼の方はいらっしゃいまして、結構、お待たせしてしまっている状況です。

申し訳ないという気持ちもありながらも、こればっかりは中々、思うようにはいかないものです。

天命や過去世を調査するというものは、思いのほか霊的集中力を使うのです。

その方の魂の記録を読みとり、何をテーマに持って生まれてきたのかを探るわけです。

その際に守護霊も加勢はしてくれますが、そう簡単には教えてくれません。

なぜなら、天命は、本来は生きている日々の中で、悟るものだからです。

一生懸命に日々の生活や仕事や勉強に打ち込んでいる時に、フッと心の中で、これこそ我が天命であると悟る瞬間が来るのです。

これが通常の場合です。

今回の取次は、本来のこのプロセスを短縮して天命の一つを明かしてしまうという、わりとウルトラCともいえることをやってしまっているわけです。

守護霊の立場からすると、プロセスというものは非常に大事であると考えているようです。

必要なプロセスを経て悟る。

このことによって、盤石な確信とともに天命を自覚することができるというわけです。

しかし、本当によくわからない、何がテーマなのか皆目見当もつかない。

こういう方も多いのではないかと思います。

何かヒントがあり、参考になるべく指標があれば頑張る気力が湧いてくるとうのも人間の心理の一つでもあります。

そういう意味で、今回の天命・過去世調査を受ける意味は大きなものではないかと思います。

大きな意義のあることというものは、取り次ぐのにも時間がかかるものなのです。

簡単なアドバイス程度のレベルならば、返信もさほど、時間はかからなかったりするのですが、重要なものになるほど、時間はかかるという傾向があります。

そんなわけで、待ち時間が長くなってしまうこともありますが、ご了承頂ければと思います。

さて、相変わらずの長い前置きはこのくらいにして、今回のテーマのお話に入りたいと思います。

テーマ:「負のエネルギーを消し去るもう一つの方法」

この正負のエネルギーに関しては、様々な記事においてもお話してまいりました。

全てのブログ記事に目を通していらっしゃる方は、概ね理解はされていることと思いますが、今一度、整理していみたいと思います。

まず、正のエネルギーとは、人を幸せにして、発展させていく力を持つエネルギーのことを指します。

よく神社仏閣などで神仏の功徳なんていう表現を見かける人も多いかと思いますが、これも正のエネルギーのことです。

これに反して、負のエネルギーというものは、人を不幸にしたり、退廃的な方向へ導いたりするエネルギーのことを指しています。

多くの方が悩んだり、不幸に感じたり、どうしても物事がうまく進まないなんて思う時には、この負のエネルギーが影響を与えている場合があります。

よくカルマ業、穢れという言葉で、この負のエネルギーは表現されることがあります。

負のエネルギーに対抗するためには正のエネルギーをより沢山、集めることで、中和されてゆくということは今までのブログ記事などでもお話させて頂いております。

しかし、これ以外にも実は、負のエネルギーを消し去る方法があります。

それは、負のエネルギーを受け入れるという方法です。

まず、正負のエネルギーには一定の法則があります。

それは、エネルギーが一度、顕現化して現世に形として現れるとそのエネルギーは力を失うという法則があるのです。

例えば、負のエネルギーが蓄えられていると様々な不幸に感じるような出来事や心の中にもストレスとなるようなものが発生してきます。

家庭内のトラブル、恋愛の破局、仕事が失敗するなどが起こったりします。

こういうことに遭遇して人は、不幸を感じるわけなんですが、こういうことが発生した時点で、負のエネルギーはその分減少しているといえるのです。

「それじゃあ、不幸になればなるほど負のエネルギーは消えるの?」

こう思われる人もいるでしょう。

これは半分は正しいといえます。

不幸な出来事が起こるということは、負のエネルギーが顕現化して、消失されることを意味しているからです。

では、なぜ半分、正しくないのでしょうか。

不幸になれば負のエネルギーは消えると考えてしまうと、自分が積極的に苦しめば、負のエネルギーは消えてゆくのではないかと思ってしまう可能性があるからです。

あくまで、負のエネルギーが顕現化するから消失するのであって、自分から不幸になるようなことをしたからといって、負のエネルギーが消えるわけではないのです。

むしろ、不幸の波動をいっぱい浴びて、より負のエネルギーが量産されることになってしまいかねません。

以前、某宗教団体がカルマを落とすと称して、大量殺人を犯した大事件が起こりました。

これは、天啓的な負のエネルギーの消失の論理を履き違えた恐るべき誤解から発生した事件であるともいえます。

よく、「あなたはカルマが大きい、業が深い」などと言って、人を不安にさせる霊能者や宗教団体などがありますが、正負のエネルギーの法則をきちんと踏まえて理解していれば、恐ろしいことは何もないということがわかります。

なぜなら対策が立てられるからです。

どんなにカルマや業があっても、法則を理解して、それを乗り越える努力をやめなければ道は開けてゆくのです。

少し、脱線しましたのでもとに戻します。

自ら苦労をしょいこんでも負のエネルギーは消失しないということでした。

では、どうすればいいのか。

それは、発生してくる不運や不幸に感じることをしっかりと受け止めて、そこから少しでも学びとること。

このような心構えで、どんな不運や不幸があっても、腐ったり、暗くなったりしないで受け入れることで、負のエネルギーは消えてゆくのです。

そして、大事なことは、新しい負のエネルギーを生みださないことです。

不幸なことがあるとどうしても、心が暗くなる、退廃的な気分になる、怒りに我を忘れる、悲しみにくれる、こういう感情に支配されて、新たな負のエネルギーを量産してしまう結果になりやすいといえます。

一度、どん底に落ちると次々、泣きっ面に蜂とばかりに、不運が襲うのは、この負のエネルギーの量産サイクルに陥ってしまうからなのです。

このサイクルを止めるためには、しっかりと不運や不幸を受け入れ、そこから学ぶこと、次の幸せにつなげる糧にすることを心がけることが大事なわけです。

人生には様々な大変な場面が沢山あるかと思います。

苦しく辛く、投げ出したり、誰かを呪いたくなる気持ちになることもあるでしょう。

しかし、そんな大変なことに遭遇しても、負のエネルギーが消えてなくなっていくと考えるならば、現実的には意義を見いだせない出来事も、霊的にはしっかりと意義があるということがわかるはずです。

負のエネルギーが消えてゆけば、いつしか、必ず正のエネルギーが輝く日が来ます。

それを信じて、今日の日を強く生きてゆきたいものです。



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

有り難う御座います。

天心 様

毎日、ブログを拝読させていただき、日々学びをいただいております。
この度は、鑑定いただきまして有り難う御座いました。
永年の疑問・テーマがパッと開けたような感覚です。
本当に感謝しております。
お忙しい中、アドバイス有り難う御座いました。


No title

天心様
大変勉強になりました。
毎日塞ぎ込んでいましたが、それでは駄目だと言い聞かせ前に進みます。
またよろしくお願いいたします。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR