トラブルをこじらせる心根とは

私達は生きていく上で、順風に押されてスムーズに行く時もあれば、どうしても逆風などに遭遇して、時にはトラブルに見舞われることがあります。

人と口論となったり、あるいは、軋轢が生じたりすることがあるわけですが、そんな時に速やかにトラブルを収束できる人と余計に悪化させる人とに分かれたりします。

この違いはどこから生まれるのかといえば、一言で言えば、復讐心を持ってしまうか否かによります。

例えば、ちょっとした意見の食い違いやぶつかり合いが生じた時に、その相手に一矢報いてやりたいといったような感情を抱いてしまうことが時としてあるかと思います。

言われっぱなしだと悔しいということで、一言も二事も余計なことを口にしてしまうのです。

その結果、余計に相手の感情を逆なでしたり、ギクシャクするような傾向へとエスカレーションしてしまうわけです。

やられたらやりかえす。

この復讐心という心根を持っている方は、トラブルに見舞われた時に益々、悪状況に拍車をかけてしまう傾向があるように思います。

イラっとしたり、心情を害されたと感じたときに復讐心は燃え上がるものですが、智慧のある人は、これをうまく飼い慣らし、平常心を保ち、品格のある行動へと自分を導くことができるものなのです。

復讐心に囚われれば、ちょっとした軋轢もあっという間に焼け野原のように怒りと憎しみの炎は広がり、山火事のような大惨事のようなトラブルへと発展してしまいます。

復讐心こそは、厳に注意が必要な心根の一つだと思います。

何かのきっかけで一言二言、言い返したくなる時は注意してみると良いでしょう。

その行動の根底にある復讐心は、決して自分を幸せにはしないということを肝に銘じておく必要があるかと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。私としては日常的に一番いらっときて「このやろー」と思うのはやはり車の運転をしているときです。でも考えたら愚かですよね。血圧上がって自分の健康にも悪いし、やたらふかすとガソリン食うし、タイヤはちびるしで。何よりも危ない。でも、なかなか分かっていても難しい。ひょっとして車の運転は修行に最適なんじゃないかなと思ってしまいます。
以前、テレビでボルネオのテングザルの映像を見て感激しました。餌場に他の猿軍団近寄ってくると、食べている最中でも争いを避けあっさり他の場所へ移動するのです。また、まずくてもなるべく他の猿が食べないようなもので腹を満たそうとします。徹底的に争いを避けるのです。私もサル以下の時がしばしばあるなと思いました(車の運転中など)。
以下、ネットのテングザルの解説です。
テングザルはたいへんに平和主義な動物で、カニクイザルなどの別の種類のサルがそばに来ると、争いを避けて先に移動してしまいます。
 またテングザルは高い木の上に生息し、まだ熟れていない果物や他のサルが食べない木の葉などを食べて暮しています。これもまた、他のサルとの衝突を避ける生活の知恵なのでしょう。
 そして、テングザルにとって家族はたいへんに大切なものなのです。実はテングザルは家族なしで一人では生きてゆけません。一人にしておくと、食事もせずにそのまま死んでしまうのです。だからこそ、保護区を作って守ってゆかなくてはならないのです。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR