オールを手放してみる

こんにちは!

天心です。

ゴールデンウィークが終わりましたね!

今日から私も通常モードに切り替えてゆきます。

【GW特別企画】の方はいかがだったでしょうか?ご感想などありましたら気軽にコメントしていただければと思います。(コメントの返信はなかなか難しくできない状態ではありますが、きちんと拝見はさせて頂いております。)

また、世間ではゴールデンウィークでも、普通にお仕事があり、多くの人が休む中でお働きになっていた方もいらっしゃったと思いますが、そういった方々に置かれましては、本当にお疲れ様でした。

祝祭日の連休時にも働いてくださっている方がいるからこそ、日本の社会も滞ることなく回っているのだということも忘れずにいたいものですね。

さて、休み明けの開運コラムですが、今日は、「オールを手放してみる」というテーマでお送りしたいと思います。

私達は、いつも様々なことを考えたり、判断したりしながら、まるで船を操る船頭のように人生の航路を進んでいます。

しっかりと、自分の判断で物事を決めることは、とても大切なことなのですが、何事も頃合、さじ加減というものがあります。

一生懸命にオールを漕いで前に進もうとすることも重要ではありますが、時には、オールを手放して流れに任せてしまうことが良い場合もあります。

一生懸命にオールを漕いでいる間は、なみなみと水が注がれたバケツのような状態に自分自身がなってしまっているのと同じだと言えます。

なみなみと水が注がれて、全く隙のない状態のバケツは手に持つととても重く、何かを入れる余裕もないので、外から何かが足されることもありません。

バケツが自分自身だとするならば、その中に入っている水は、「自分が自分が・・・」となんとかしようとする人為的な気持ちであり、念であるといえるでしょう。

実は、守護霊や神霊という存在は、必ずしも一生懸命にやっている時だけ、手助けするわけではないのです。

こんなことを言うと「ええッ!」と驚かれるかも知れませんが、事実です。

もちろん、一生懸命にならない人を助けることはありませんが、ただ単に一生懸命な時だけ助けてくれるわけではないのです。

守護霊や神霊が手助けする瞬間には、ちょっとしたタイミングやコツがあります。

それは、一生懸命の後にオールを手放して全てを委ねる瞬間だったりするのですね。

先ほどの例え話でいえば、バケツの水を一旦、空にするという行為が必要になるということです。

バケツの水が一杯の時には、何もそこに注ぎ込まれる余地はないからです。

一生懸命に試行錯誤の後は、何も考えず、委ね決める。

このポイントがわからないと、一生懸命にやっているのに物事がうまく回らないとか、何も考えずにゆだねてみたけどうまくいかないということが起こってきます。

もちろん、このことは口で言うほど、容易くはないでしょう。

試行錯誤を繰り返しながら、うまく、守護霊の加護と自分の努力がガッチリと交差する妙を体得しないと難しいところではあるでしょう。

何事も頭で理解するだけでは意味は薄く、何度も繰り返される試行錯誤の中での体感、体験でしかわからないものです。

なので、体感、体験してみることを忘れずにいることが大切です。

オールを手放してみるということも一つの体験であり、やってみないとわかりません。

ギリギリまで頑張ってみて、フッとうまい具合に力を抜く。

この妙を体得していくと守護霊からの加護を受ける達人になることができるかも知れませんよ。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR