ウサギと亀と人間 その2

ウサギと亀と人間の駆けっこ競争。

向こうの山の頂上まで先についた方が勝ちです。

「それじゃ。この麓から向こうの山頂まで。一斉に駆け出すってことでいいよな?」とウサギは勝負を仕切ります。

「いいですよ。」と亀。人間の方は何か俯いて考えています。

ウサギはなんとなく人間の様子が気になりましたが、返事はないのは了解したという意味として受け止めました。

そうと決まれば、いよいよ勝負です。

ウサギと亀と人間は、スタートラインに立ち、走り出す準備をしています。

ウサギは、人間のことがとても気になっています。

もはや亀のことは眼中にも、心の中にもありません。

ただ、人間の動向だけが気になります。

(大丈夫だ。足の速さなら人間にだって負けないさ)

ウサギは心の中で自分に語りかけます。

「じゃあ。はじめよう。よーい・・・」掛け声とともに駆けっこスタートです。

勝負の火蓋は切って落とされました。

ウサギはとにかく一目散に山頂に向かいます。

目にもの止まらぬ速さで山林を駆け抜けてあっとゆう間にトップに躍り出ました。

もう山頂まで後、道のり半分も残すばかり。

振り返ると遥か遠く下に亀がのそのそと歩いているのが見えました。

「ふふん。亀さんめ。相変わらずノロマだな。」ウサギは不敵にニヤ付きます。

それから、ウサギは人間はどうしたのかと姿を探します。

しかし、以外なことに人間はまだ、スタート付近で立ち尽くしています。

どうにも人間の動向は不気味です。

とにかく人間は油断なりません。

ウサギや亀と違って知恵があります。どんな奥の手を持っているのか。

いろいろと考えてみますが、結局のところ、ウサギの優位に違いはなさそうです。

「まっ、どう考えてもこの勝負の俺の優位は変わらないよな」

ウサギはつぶやくと、ちょっと猛烈にダッシュした分、疲れてしまった身体を休めるため近くの岩に寄りかかって眠ることにしました。

・・・つづく


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR