爆走できますか?

最近、何かを成し遂げる人を見ていて発見したことがあります。

それを少しだけ備忘録がてらお話して残しておこうかと思います。

ちょっと話は遡って、私がとある職場で働いていたときのことになります。

その職場は少し変わっていて、その職場で称えられ評価されるにはある基準がありました。

当時、とても、それが不思議といいますか、妥当なのか不当なのか理解ができなかったところがあります。

さて、その職場の評価のされ方とはいかなるものだったかといえば、まず、一つには、ある程度、ずば抜けた専門性を持ち、成果を出していることです。

「なんだ。真っ当な評価ではないか」と思いますよね。

私もこのことに関してはなんら疑問も不思議にも思ってはいませんでした。

問題は次の評価基準です。

すば抜けた専門性はなくて、才能も特にない、成果にも繋がらないのだけれど、とにかく根性を見せて、ありえないくらいの行動(それは奇抜と映るくらい極端)した人間が評価されるというものです。

つまり、何の意義も意味も見いだせないような、一見してバカバカしいような行動でも、それが誰も真似できないような凄まじいまでの行動力やアイデアを伴っていた場合、なぜか、周囲からの評価も高く、上層部からの覚えも愛でたいという状況でした。

当時、私は、「これおかしいのじゃないの?だって、全然、結果に結びついてないなら意味ないじゃん!」と思っていました。

しかし、昨今、成功する人を見てきて思ったことがあり、実は、この評価基準は妙を得ていたのかも知れないということを感じるようになってきたのです。

どういうことかといえば、結局のところ、人が成果や成功、あるいは自分の信念を体現できるかどうかというのは、その目標に向かってなりふり構わず突っ走れる根性があるかどうかにかかっているところがあるからです。

もちろん、そんな根性論とは無縁に才幹とセンスでずば抜けた結果や成果を出す人もいることでしょう。

しかしながら、才幹やセンスがずば抜けていない人間が道を開くには、どこか、ネジの外れたような爆走状態がそこにはないとブレークスルーは難しい部分もあるのかなと思います。

例えば、目標を持っていたとしても、なかなかくすぶって、おっかなビックリ、石橋をたたいて渡るか渡らないか迷って、結局、保留にする人と、目標さえ定まったら、爆走して一目散に向かってしまう人とでは、やはり差がでてしまうのは、必定なのです。

私の昔の職場であった、結果も成果にも結びつかないけれど、爆走する人間が評価されていた裏側には、もしかするとこんな想いが秘められていたのかも知れません。

「あなたは今は何も生み出せない貢献できない状態かも知れないけれど、その志さえ見つかればきっと何かを成し遂げる人です」

成果や実績に結びつかなければ評価されない今の時代からすれば、随分とゆるやかな話ではありますが、それでも、最近、どうしても思ってしまうことがあります。

何かに向かって爆走できるエネルギーがあるかないか。

自分が向かう先にある希望に全エネルギーを注げる人は、最初は結果に結びつかなくても、いつかは必ず、何かを成し遂げています。

エネルギーとはいいようにも悪いようにも転ぶ代物ではありますが、そのエネルギーを爆発させて勇気を持って無茶苦茶と言われるまでに走り出すことができたならば、きっと何かを得ることができるような気がします。

私も燻らず、真っ直ぐに走り出したいと思う次第です。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
思い当たります。
数学の問題を解いていて、難解な問題は、考える努力を放棄して、答えをチラ見してしまいます。でも、答えを見ると、もっと考えれば、自力で解ける問題だったと気付きます。
これの繰り返し、なんとかしなければです。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR