人間に情動がある理由(続き)

人間に情動がある理由の続きになります。

前回の記事では、人間には論理性、直観、知性などを司る奇魂(くしみたま)と感情、情動などを司る幸魂(さちみたま)があるというお話をいたしました。

人間が高度な文明を築いてこれたのは、奇魂の働きのおかげということもできます。

そして、いかなる動物よりも深い感性と情緒で世の有り様を咀嚼して、情動のエネルギーを原動力として奇魂の高度な叡智を実行に移してきた結果が今までの発展、向上の歴史を作ってきたといっても良いでしょう。
(もちろん、歴史には裏側の人間の負の一面もありますが、ここでは割愛します)

さて、今回の記事は、幸魂に重点を移してお話を進めていきたいと思います。

前回の記事でもお話しましたが、奇魂がいくら高度な知恵を受け止めて、素晴らしいものを発明したとしても、それを動かすためにはエネルギーが絶対に必要です。

そのエネルギー源となっているのが幸魂だといえます。

幸魂すなわち、情動こそが私達を動かしているエネルギー源だということです。
(もちろん、他にもエネルギー源はあるのですが、ここでは省略します)

では、情動がエネルギー源だとするならば、私達はどのようにこのエネルギー源を活性化させて活用していくことができるのでしょうか。

どのようにして幸魂を活性化させていくのかが、私達が高度な奇魂で受け止めた内容を現世に顕現していくポイントになるわけです。

そのポイントを一言で言ってしまえば、「情熱」を持つということです。

物事をなし得るポイントとして昔から言われている格言を紹介すれば「好きこそものの上手なれ」という言葉があります。

有名な言葉ですから、皆さんご存知だとは思いますが、この言葉の意味はどんなものでも好きになってしまえば、上達が早いという意味合いですよね。

確かに好きになれば、嫌いなことよりも圧倒的に積極性がでるし、好きであれば、言われなくても皆、そのことをやろうとしますよね。

だから、この言葉はある程度、真をついた言葉だといえます。

しかし、あえて言えば、好きになるだけでは足りないといえます。

「好き」というレベルを超えて「情熱」をたぎらせて「大恋愛」すなわち恋焦がれるというレベルにまで達すると幸魂はものすごく活性化し始めます。

恋愛というと異性間に起こる感情のことだけを思い浮かべてしまうかも知れませんがそうではありません。

自分のやっている仕事に夢中になる、寝ても覚めても自分の持つ夢のことばかりを考えている。

スピリチュアルなことにしても、ちょっと興味があるというレベルではなくて、もう守護霊や神霊と大恋愛するような気持ちで向き合っていくと幸魂は活性化していくのです。

そして、幸魂が活性化すればそれだけ大きく霊界が動きます。

そして、霊界共有も半端じゃなく起こります。

丁度、大恋愛をしているカップルの間にものすごい共有、共感が起こるのと同じように守護霊や霊界に対しても起こるのです。

どうしてもこの情動がないと霊界だ守護霊だと言ってみても、絵に描いた餅、いや、単に設計図となる青写真を垣間見たに過ぎないことになります。

情熱をもって恋愛するかのようにスピリチュアル世界に没頭するとき、大きく霊界、守護霊は動きます。

もちろん、仕事や趣味や自分の天命においても、同様です。

情熱があれば、その分、エネルギーが充填されて大きく顕現化に向うことでしょう。

何故に古来より伝わるスピリチュアルな伝承などは物語形式が多いのんか。

何故にあまり論理的に語られるよりも情緒に語りかける要素が多いのか。

聖書にしても古事記、日本書紀にしても他文献もどちらかというと情動に訴える形式の方が多いといえます。

もちろん、そうでないものもありますが、私達は知性、理性だけでは、本当の意味で叡智を受け止めて活かすことができないのです。

だから、私達はいつだって理屈には合わなくとも、情熱をもって向き合うことが必要なのですね。

大恋愛をして止むにやまれぬ気持ちになって取り組む時、物事は大きく動き出します。

これこそが幸魂の意義でもあり、人間に情動がある理由でもあるということなのです。



◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR