FC2ブログ

新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天駆宮3】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>


天駆宮(あまかけるみや)は、童心を司る霊界ということでした。

しかし、それだけではないようです。

玉守地蔵菩薩(たまもりじぞうぼさつ)にお話を伺ってみると、この霊界は、童心をコントロールできず自分を見失った霊人も集まってくるようです。

一体、それは何を意味しているのでしょうか。


<続き>

小屋には窓があり、そこから覗いてみるとその中は、煌々と明かりが点っていて、明るいのですが、そこには沢山の霊人が集まっています。

昔のそろばん塾のような感じで、肩を並べながら、何かを教わっているような様子です。

随分と賑やかな感じで、中の霊人は落ち着きがなく、好き勝手な行動をとっているようにみえます。

なんだか現世における学級崩壊を彷彿させます。(苦笑)

そこに集う霊人達は皆、子供のような幼い顔をしているのですが、子供というわけでもないようです。

何か、わーわー騒いでいる声が聞こえるのですが、耳を傾けるとわかるのですが、声は子供ではなく、大人の声です。

というか、話している内容は子供の無邪気なソレとはちょっと違います。

自分自身のポリシーや主張を叫んでいるものもいれば、自分の世界に浸って、全く周囲を見ていない霊人もいます。

素直に前を向いてお勉強に取り組もうとしているけれど、自分で何かに積極的に向かうというよりは、手とり足とりしないと何もしないといった態度の霊人もいたりします。

若干、混沌とした状況の中で、神霊がそれぞれの霊人を指導していて回っています。


天心:「なんだか凄い状態になっていますが、この小屋のようなものは何を意味しているのでしょうか?」

玉守地蔵菩薩:「玉之学び舎(たまのまなびや)です。」

天心:「何を学ぶところなのですか?」

玉守地蔵菩薩:「自己と他との調和です。」

天心:「調和ですか。確かにこの玉之学び舎の中は混沌としてますね」

玉守地蔵菩薩:「自己の見えている世界だけしか知らずに生きた御魂に異なるものを与え調和することを学ばせています」

天心:「自分の見識とか自己中心にしか物事を見れない状態を解消するということでしょうか」

玉守地蔵菩薩:「自分自身すらも見えなくなってしまった御魂たちに今一度、広く学び大きな視点で見ることを教えることが目的なのです」

天心:「でも、ちょっと意外なのですが、上部霊界に位置する場所にしては、なんというか混沌としていますね」

玉守地蔵菩薩:「ここにおいては、まだ、素直なる御魂が集うので波動は清らなか方なのです」

天心:「確かに混沌としていますが、重たい感じや嫌な気配などはない感じですね」

玉守地蔵菩薩:「下なる世界はもっと辛く、思い波動で満ちています」

どうやら、この霊界の玉之学び舎はまだ、清々しい方で、下部霊界には、もっとどんよりと思い、荒くれた御魂が集う学び舎もあるようです。

それに比べれば、まだ、幼く未熟だけれど、霊性が優れた霊人は、上部霊界の中で学べる分だけ、マシだと言えるのかも知れません。

守護霊:「次なる霊界へとゆくべし」

唐突に守護霊が割り込んできました。

ちょっとゆっくりしすぎたのか、守護霊なりにツアー計画があるのかわかりませんが、促されるまま、次の霊界へと向かいます。

天心:「次はどんなところに行くのでしょうか」

守護霊:「次は決まっておるぞ」

やっぱり、守護霊ツアー計画なるものがあるようです。(笑)


☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編】へ続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

善意で生きているけど、人の迷惑に鈍感な人を、思い出しました。
私自身も、秩序を軽視しないようにしないと、と思います。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR