現世から霊界への移行

基本的に現世にて如何にスピリチュアリティを発揮していくのかについてを中心に語ってきたので、以外と現世に生きる「生」から、霊界へ移行するいわゆる「死」についてまとまったお話をしてこなかったように思います。

以外と誤解の多い、生と死のはざかいについて少しお話してみたいと思います。

一般的に認知されているスピリチュアル的な発想でいくと生が終わり、死を迎えると霊界へ旅立つといった流れになるかと思います。

わかりやすい表現だと思うので、私も時折、このような表現を使うことはあります。

他のスピリチュアル系の方々においても、同じような表現を使っている方も多いように思います。

この流れの説明は、わかりやすいし受け止めやすいので、多くの方が使われているわけですが、この表現が多くの誤解を生む結果につながっていることも確かです。

肉体が滅び、現世から霊界へと旅立つとすると、霊界とは、どこか遠くにあって、そこに移動していくという発想に結びつくのかと思います。

しかしながら、実は霊界とは遠いものでも、どこかへ旅立つといった私達の生きる現世とは無関係の世界というものでもないのです。

私達は今こうして現世で生きている中でも、その背後では霊界に生きている存在でもあるのです。

このようなことを言うと、「何言ってんだコイツ?」という反応が帰ってきそうです。(苦笑)

なので、本質的な霊界の説明というものは、とても理解してもらうのが難しいので、様々なメタファーが生まれたわけです。

メタファーとは、例え話や暗喩や象徴といったものです。

物事はわかりやすくすると本質から少しずつ距離ができるものです。

そして、いつの間にかメタファーとしての表現が本質的なこととすり替えられてしまう場合もあるのです。

そこで、少しずつ霊界というものについて、本質への回帰を図るためにも、巷に言われている霊界事情の真実の部分についてお話してみたいと思います。

まず、仏説では人が死ぬと49日間は、現世に留まり、その後、あの世に旅立っていくというお話があります。

私達、日本人の習慣的にも慣れ親しんだ発想でもあり、あまり深くは考えないと思いますが、実はここにも霊界の実相が秘められています。

なんとなく、肉体が滅びるとその霊魂があの世にいくという発想はスピリチュアル的思考をされる方であれば、それほど違和感なく受け入れられる人も多いかと思います。

しかし、何故、49日間、現世に留まるのかについては、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

よくある説明としては、現世への未練を断ち切るために、現世に留まることが許された期間であるといったものがあります。

この説明は正しいのかと問われれば、概ね、本質はついていると言えますが、やはりメタファーの部分が強く出ています。

なぜならば、それほど、未練や執着を持っているものがない人だっているはずなのに、どうして皆、49日間、留まることになってしまうのかについては、説明できていないからです。

49日間という日数の意味はとりあえずおくとして、なぜ、すぐに霊界へと移動しないのかというと、その理由は移動しないのではなく、できないからなのです。

私たちは長い間(といっても魂の歴史から考えれば大した時間ではありませんが)、現世という特殊な制約空間の中で暮らしています。

本来、私たちの本質は霊性や神性といった物理空間を離れたものにあります。

しかし、長い間、現世の中での制約空間に身をゆだねて生きてきたため、その感覚で私たちは縛られているのです。

常に現世の有り様だけに意識を集中してきたため、すぐには霊界や神界という本質的な世界へと意識を向けることはできなくなっています。

なので、しばらく現世に近い、霊空間の中で霊的世界に馴染むまで留まることになるわけです。

そして、段々と霊界のあらましなどを頭ではなく感覚で馴染み理解していくと霊界への移動が始まるわけです。

ここで注意しておきたいのは、移動といっても物理的な移動とは本質的には違うということです。

意識カーソルの移動であり、意識状態の移行なのであって、どこか別の場所にいくのではないのです。

ただ、ここの説明がややこしいので、メタファーとして「霊界へ移動する」と表現しているのです。

現世的な感覚から霊界感覚に移行していくにあたり、その中間層となる霊空間が存在します。

それを幽界と呼んだりする場合もあります。

時折、霊界に入る前の準備段階の世界として幽界と表現されているスピリチュアル的な書物もありますが、これは現世意識から霊界意識への移行の中間期にあたります。

この中間期は人により滞在(意識状態の期間)期間が異なる場合もありますが、一説によれば、最長30年くらいとも言われています。

もちろん、そんなに長くならない場合もあります。

すぐに霊界移行を実現してしまう場合もありますし、浄霊や供養などの霊的なサポートによっては、もっと早まる場合もあります。

単純に亡くなったら霊界にいくというわけでもないのです。

現世から霊界への移行にも様々なプロセスがあると言えるということです。


◎クリックご協力ください!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR