FC2ブログ

感応力を磨く神社参拝

時として日常の中で雑多な物事にもまれているうちに、自分の霊体も魂も穢れが蓄積されていることがあります。

私なども霊視・霊感鑑定を続けてゆくと、ご相談者の念や気を受けるために、かなり霊体にダメージを受けてしまうことがあります。

一人一人の念や気は微量なものであっても、それが重なり合い続いてゆくと、結構な量となり、段々と霊体がしぼんできたりします。

毎日、禊祓いをしながら、なんとかしのぎ、騙しだまし、鑑定を続けているわけなのですが、どうしても、それでは追いつかない場合には、神社・仏閣に詣でて大きな力をお借りして、大修祓(だいしゅばつ)を行います。

私は日頃お世話になることが多いのが神田明神であり、仏閣としては、川崎大師ですね。

あと、先祖の供養力という意味では浅草寺に詣でてお力を添えて頂くこともあります。

このように、時々、霊的な修祓を行っていかないと、つぶれてしまいます。

これは、私だけのことではなく、実は皆さんにもいえることでもあります。

特に霊的な事柄にかかわったりしていないにしても、やはり日常生活において、様々な念や気を知らず知らずのうちに受けてしまっているものです。

お仕事をすれば、様々な人間関係の中で、恨まれたり、ねたまれたり、余計な念を受けることも考えられます。

微弱の念かもしれないけれど、これが一年365日、数年にわたり続いてゆけば相当な量の念を受けることになります。

だから、本当は定期的に修祓を行い、清々しい霊体と魂を保っておくのが理想です。

このブログにもプチ遠隔修祓として、音源ファイルを用意しています。

霊力を込めたものなので、本格的な浄霊お祓いにくらべれば効果は小さいかも知れませんが、誰でも手軽にダウンロードして使うことができますので、宜しければ活用して頂ければと思います。

また、きちんと神霊が鎮座している神社に詣でることも一つの修祓となります。

その場合、単にお参りをするのではなく、神霊と感応するつもりで詣でることが大事になります。

どういうことかといいますと、まず、その神社に降り来る神霊に意識を向けるのは、もちろんですが、神社の境内の雰囲気、風の流れを感じ、鎮守の杜の独特な香りを味わういながら、境内の中を散策します。

そうするとその神社の神気と感応するために、大きく霊体と魂が禊されることになります。

ちょっと難しいと感じるかも知れませんが、あまり難しく考えずに神社の雰囲気を楽しみながら神様に語りかけてゆけばいいのです。

最初はよくわからないと思うかも知れませんが、理屈でない感性の部分で罪穢れが落とされて、心地よい幸せでほのぼのとして感覚がわかってくると思います。

神社参拝の昔からの形式も確かに大事なことではありますが、形式ばかりを覚えて、本当の意味で神霊と交流することがなければ、神社参拝の意義は薄れてしまいます。

ちょっと疲れたなと感じることがあれば、穢れが蓄積しているかも知れません。

そんな時には、神社参拝をお勧めします。

是非、試してみてください。



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト



テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR