心の境地が大切です

何を行うにしても、同じような行動や態度、振る舞いをするにしても、そこから伝わる目に見えない何かがあります。

それをスピリチュアル的な言葉で言えば、霊波動ということになるのかも知れません。

霊波動というものは、全く、この世の科学的原理では立証できてはいないかと思いますが、その存在は経験的、直感的に感得されてきたという過去からの流れがあるようにあります。

理屈で立証が難しい事柄というものは、得てして、現代においては見逃されがちであり、ともすれば、怪しげという印象のもと影に追いやられてしまう傾向もあるように思います。

私達の全ての霊的な波動というものは、簡単に言ってしまえば、その根本に心の境地があります。

同じ所作、同じ言葉をもってしても、そこから伝わるものは全て違うものです。

例えば、同じ「ありがとう」という言葉でも、食事中にテーブル上にある、でも手が届かない場所においてある醤油を近場に座る人にとってもらう時に言葉にする「ありがとう」と、災害にあって、レスキュー隊に命を救ってもらった直後にいう「ありがとう」は、同じ言葉でも違ったものを含んでいます。

同じ「ありがとう」なのに何故、違うのかといえば、これこそ、その人の心の中にある境地に由来するとしか言い様がありません。

心の境地が改まり、本当に心の底からの感謝の言葉には、全く違った目に見えざる霊波動を感じるものなのですね。

もちろん、感謝の言葉だけでなく、全ての言葉にも当てはまります。

また、言葉だけでなく、振る舞いも全ての所作が心の境地に由来するのです。

私達は様々なことを学び、自分自身の魂の向上のために修練しながら生きていますが、実に本当はまず、この心の境地、すなわち心根を正すことから始める必要があるのかと思います。

言葉や振る舞いは、境地がどうであれ、形を整えてしまえばどうにでもなるかも知れません。

しかし、本当の意味でその言葉や振る舞いが真に叶ったものであるかどうかは、心の境地によって決まってくるものでもあります。

別の言い方をすれば、私達は振る舞い、言葉を発することを通して、その心の境地を霊格高いものへと練り上げていくのだと言えます。

私達が礼儀や美しい所作を習う意味があるとすれば、それは、心の境地を練るためだとも言えるのかも知れません。

私達は結局、形や物質的な事柄が原則や法則として支配する現世を生きていながら、その奥では、同時に目に見えざる心の境地を練るために生きていると言えるでしょう。

心の境地。

形と物質的な事柄が原則や法則として支配する現世に生きているとどうしても、蔑ろにされがちなことでもあります。

スピリチュアル的なものを理解し、体得していきたいと思う時、やはり、心の境地に気を配っていくことが大切になるのかと思います。


◎クリックご協力ください!



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

心の有り様を大切にして生きていきたいですよね。
 
人様の心も大切に思い、何よりも心情の触れ合いを価値視していきたいですね 。

素直に持ってる愛を表現することが、 大切な事だと思います。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR