デカルトの見た夢

我思う故に我あり

誰でも一度くらいは耳にしたことがある言葉だと思います。

これは、ルネ・デカルトという近代哲学の父と呼ばれる方の言葉です。

デカルトという名前は聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

なので、以下、デカルトで統一します。

さて、デカルトは「方法序説」などの著作が有名ではありますが、彼は基本的に懐疑主義という立場をとり、疑って疑ってそれでも疑いようがないものは真実であるということを言っています。

疑いようのない真実を組み合わせていけば、必ず真理を得ることができると考えたわけです。

もっとも、このデカルトの懐疑主義は後世にて様々な批判を生むことになりましたが、それでも、真理へと向かう一つの方法論を展開しているとして、近代哲学の重要な基礎を作ったとも言えるわけです。

ちなみに「我思う故に我あり」の言葉も、いろんなものの存在を疑ってみた結果、疑いを持っている自分という存在はどうやら間違いなく存在するらしいということを表しています。

長々とデカルトについてお話しましたが、今回のお話は実は、あまりデカルトの思想・哲学の突っ込んだ内容とは関係がありません。(笑)

「なんだよ。それ!」とお叱りを受けそうですがご容赦ください。

それを期待した方、大変、申し訳ないです。

今回、お話したいのは、デカルトがどうやったら真理を導きだすことのできる学問体系を作り出せるかと悩んでいた時に訪れたサインについて紹介してみたいと思います。

哲学者というと全てが理詰めで観念的であり、あまりスピリチュアル的なこととは無縁のように思いますが、実はデカルトはあるスピリチュアル的な体験をしているのです。

あるとき、デカルトは夢を見ました。

向かい風が吹く砂漠のようなところを歩いていると一軒の家を発見します。

そこで風が収まるまで休もうと家を目指して歩き出します。

家の前に着くと家の主人が出てきて「あちらにいくとメロンがもらえるそうですよ」と言われます。

えっ?メロンなんだよそれ。意味不・・・とここでデカルトは夢から覚めます。

そしたら次の瞬間、家の中に稲光のようなものがピカピカと差込、その直後、机の上がスポットライトを浴びたかのように光っています。

机の上を見るとその上には2冊の本が並んでいました。

一冊は辞書でもう一冊はラテン詩全集でした。

デカルトはなんだよこれ、意味不・・・と思っていると突然、ラテン詩全集が開き、開いたページに「我いかなる生の道をゆかん」と書かれていました。

そして、もう一冊の辞書の方もページが開き、そこには「肯定」という文字と「否定」という文字が書かれているページでありました。

そして、デカルトはまた夢から覚めました。

「またしても夢かい!」デカルトがそう突っ込んだかどうかは定かではありません。(笑)

しかし、デカルトはこれら夢を単なる夢だとは思いませんでした。

「きっとこれは神の啓示である」

こう感じたデカルトは夢でみたことを整理して咀嚼し始めます。

夢に出てきた二冊の本。

辞書はおそらく学問の知識が結集したものを表しているに違いない。

このようにデカルトは解釈しました。

もう一冊のラテン詩全集は、かつて古代ギリシャの哲学者達は詩で哲学を語り合ったと言われていることから、「哲学」というキーワードが重要なのではないかとデカルトは考えました。

二つの本が並んでいたということは、学問的知識と哲学的手法を融合させよという神の啓示に違いない。

デカルトはそのように結論づけたようです。

そして、辞書に書いてあった「肯定」「否定」は、学問的知識と哲学的手法を融合するにあたり、肯定できるものと否定できるものをしっかりと見極めるという理念を持つ必要があるというお諭しであったと受け止めたようです。

デカルトが自分自身の学問哲学体系を持つにいたったキッカケは実は観念によりロジックを組み合わせた結果ではなく、夢のお告げが始まりだったわけです。

このエピソードは私たちが守護霊や神霊からサインを受け取るときの参考になるかと思います。

サインは象徴として現れるという典型的な例だと言えます。

観念的な哲学者にしてその中心にはスピリチュアル的な体験というものが関係しているということで、今回はとりあえてみました。

何かの参考になればと思います。


P.S

ところで、メロンが貰えるという夢はなんだったんでしょうかね。

デカルトさん、そこは華麗にスルーですか。(笑)


◎クリックご協力ください!



スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

我考える故に我あり。
先人達の残した言葉を考え咀嚼し、私達は生かされている。
格好つけすぎコメントですみません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR