コックリさんはなぜ危険か

久しぶりに霊能力カテゴリのお話をしてみたいと思います。

霊障カテゴリと双璧であまり語るのが気が進まない分野でもあります。

霊能力という言葉も色々と誤解を招き続けている響きを持っているので、あまり使いたくないのですが、それに反して、興味を持っている方も結構いらっしゃるのも現実です。

あまりスルーを決め込むと様々な部分的な情報や興味本位のみで語られる情報に惑わされてしまう方もいると思い、今回は思い切ってお話してみたいと思います。

テーマは「コックリさんはなぜ危険か」になります。

これから詳細のお話をしますが、これはやってみてくださいという意味ではなく、基本としてやると危険ですよという意味です。

ですから、決して面白半分やそうでなくても実践はしないようにしてください。

念を押したところで話を進めていきます。

コックリさんとは、結構、周期的に小中高の学校でなぜが流行する交霊術の方法です。

なぜ周期的に流行するのかはよくわかりませんが、必ず、集団ヒステリーや教室にいた生徒が狂乱状態になったりするという事件が周期的に耳にいたします。

そもそも、コックリさんは、紙の上に平仮名の五十音を並べて、その上に五円玉などをおいて、霊的な存在にコンタクトをとり、メッセージをもらおうという方法であります。

紙の上に書くのは五十音以外もアルファベットを加えるパターンや五円玉ではなく鉛筆や他のものを代用することもあります。

そして、基本的に三人ひと組で交霊を行います。(場合によっては二人で行う場合もあります)

交霊に成功すると五円玉(ないし鉛筆や代用品)が紙の上の文字を通してメッセージをくれるという寸法になります。

勝手に五円玉が動き出し、文字を辿るようになる不思議な現象に興味をそそられた、まだ未熟な若者たちが自分たちが何をしているのかもわからずに霊界をおもちゃにしているわけです。

それだけでも、私は今、お話をしていて身の毛がモゾモゾとよだつ感じがするくらいです。

さて、コックリさんが危険であるというお話は実は私がことさら言う必要も本来はないくらい、昔から言われていることでもあります。

その理由は実にシンプルで低級霊、あるいは危険な意志を持った霊物を呼び込んでしまう可能性が高いからだと言えます。

危険な霊物を呼び込んでしまった場合、憑依を受けて運気が下がったり、最悪、精神に異常をきたしたりするケースもあります。

このような警鐘は結構、以前からなされていることであり、私などが改めてお話する必要はないかなと正直、思っておりました。

しかしながら、昨今では、霊的な交流というものが以外と軽い感じで受け止められて、誰でも気軽に交霊を試みたりしてしまうことが増えてきたように思います。

そして、いくら「低級霊に惑わされる危険がありますよ」といってみても、「私は大丈夫」「騙されないようにすればいいんでしょ?」などと鷹をくくって試みる人がいるのも現実にはあります。

ですから、単純に低級霊からの憑依などの危険だけを説いても、実感がわかず何が危険なのかよくわからないため、間違った霊とのアプローチをしてしまう人が後を絶たないように思います。

そこで、交霊の実際のメカニズムなどを説明しながら、何故、「コックリさんは危険」なのか、そして、危険ではない交霊とはいかなるものなのかをお話していければと思います。

次回に続きます。


◎クリックご協力ください!




スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは春です。
本当に怖いことですね。僕が小学生の時も流行り、周りの人は好奇心と面白半分でやっていました。僕は怖がりだったのでその場から逃げたのを覚えています。
子供の時というのは好奇心の固まりで何か面白そうな事があればすぐに行動に出てしまいますね。僕の場合は火(ライター)でした。見ていると何かひきこまれる美しさによく親のライターを着けて見ていたのを思い出します。結局こっぴどく怒られ泣いていました(笑)。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR