コックリさんはなぜ危険か(その3)

コックリさんはなぜ危険か(その2)からの続きになります。

前回は、交霊術のメカニズムをお話するために神道的な交霊術の一種である鎮魂法・帰神術帰神術について説明をさせて頂きました。

帰神術を行う祭には基本的には三人(なんし二人)の斎戒沐浴した神職が、それぞれの役割を担うこと、それから、その役割となる、ひもろぎ役、審神者(さにわ)、琴を弾いて神霊を勧請する役(審神者が兼任の場合もあり)があることを説明しました。

一応、それぞれの役割についての説明や帰神術を行う祭の表面的な条件についてはお話できたかと思います。

今回は、もう少し帰神術のソフト面、つまり、神霊が降りてくるための条件についてお話してみたいと思います。

三人の神職がそれぞれの役割を担うことで、帰神術のお膳立ては揃ったと言えますが、それだけでは、真に正しい帰神術の環境が揃ったとは言えません。

なぜならば、誰でも彼でも帰神術を行えば、神霊が降りてくるというわけではないからです。

次元の高い神霊、邪な意志を持った霊物ではなく、霊格と清々しい霊波動を持った存在が降りてくるためには、きちんとした法則性があるからです。

それは何かと言うと「神霊は見合った波動を持つ神籬(ひもろぎ)にしか降りてこない」という法則です。

もう少し詳しく説明しますと、そのひもろぎ役となっている霊媒の持つ神職の霊格、霊覚に応じたものしか取次ができないし、神霊は降りては来てくださらないということです。

どんなに高次元で繊細な素晴らしい神霊を勧請しようと思っても、そのひもろぎ役となる神職の霊格が低かったり、あるいはその時の状態の波動が下がっている時には、高次元の神霊は降りてこれない、あるいは、降りてきても完全には取次することができないと言えるのです。

巷では天照大神(あまてらすおおみかみ)が降りてきて神示をくだされたとか、倭姫命(やまとひめのみこと)がメッセージをくれたなどと言われる方もいらっしゃいますが、その方の霊格や普段からの行い言動、品格がそれに見合っていないようなケースも時としてあります。

こういう場合は、ほとんどのケースで、全く別の霊物が降りてきている可能性が高いと言えます。

そういったことを審神者(さにわ)という役割の方が見破っていく、判断していくわけですが、そもそものひもろぎ役の神職が神霊を下ろすに見合った霊格がなく、普段からメチャメチャな生活をしている場合には審神以前に神霊が降りてくるはずがないということです。

また、神霊を勧請する役の神職も重要ではあります。

いくら人を育成し導く使命を持った神霊だとは言え、呼ばれればハイハイと気軽に降りてくるわけではありません。

やはり、それなりの霊格の神職が真剣に勧請するからこそ、お出ましになってくださるわけです。

気軽に何かペットか何かを呼び寄せるような感じで呼んでみたところで、降りてくるはずがないのですね。

この点も帰神術におけるとても重要なソフト面での条件になります。

それから、先ほど少し触れましたが審神者が降りてきた神霊をきちんと判定して、間違いなく神霊からのメッセージを正しく引き出せるかどうかという点も大事です。

審神者はそれなりの経験と知識、根本的な審神の基本をマスターしている必要があります。

帰神術においては百般の分野に精通していないと審神を行うのは難しいと言われてもいます。

このあたりの詳しい話はブログでは出来ませんが、少なくとも、経験、知識がそれなりにある審神者の存在が帰神術の際には必須であるということです。

以上が帰神術のソフト面の重要な要件になります。

次回はこれらのことを踏まえた上で、何故にコックリさんが危険であるかについて再度、お話していきたいと思います。


◎クリックご協力ください!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR