ヘミシンクと霊性開発

こんにちは!

天心です。

ヘミシンクについて、ご質問を受けましたので、回答となる記事をアップさせて頂こうかと思います。

ヘミシンクとうのは、御存知の方もいらっしゃることと思いますが、脳に特定の周波数の音を聞かせることで、トランス状態(変性意識状態)と呼ばれる精神状態を作り出すことで、スピリチュアルな心の世界を探索したり、霊的な存在と会うことができる技術のことです。

私自身は、ヘミシンクを利用したことはないのですが、多くの文献や情報は、比較的、手に入りやすいので、どういったものなのかということは理解しているつもりです。

スピリチュアルブームもあり、段々と霊的な開発やより体感的に知りたいという欲求が高まる中、科学的なアプローチで霊的世界とコンタクトを取ろうとする動きがあります。

その代表的な方法論の一つとして、ヘミシンクはあります。

ヘミシンクは、あくまで技術です。

思想や哲学、宗教的なイデオロギーなどがなく、そういったものとは無縁で、単に好奇心や興味を満たすのには丁度よい技術なのかも知れません。

様々な宗教団体などが過去に社会的な問題となるような事件を起こしたりしている中、霊的なことには興味はあるけれど、そういった組織や団体には関わりたくない。

そういう思いも手伝って、こういう技術的なもの、科学の香りのするものが好まれ始めているのは、ある意味わかるような気も致します。

しかし、技術とはそれ自体は、善でも悪でもありません。

昨今の原子力などを観ればわかるように、安全に取り扱えていた時には、とても生活を潤し、発展させる原動力でありました。

でも、今は震災の影響で原子力発電所に事故が起こってからは、日本にいや世界に黒い影を落としています。

もはや、原子力は悪だと言わんとばかりの世論になりつつあります。

技術というものの善悪というものは、人の見方、感情に左右されるものです。

ヘミシンクもまた技術であるならば、人の見方によって、善にも感じられ悪にも感じられる。

これがヘミシンクに対する私の見方です。

だから、ヘミシンクは良くないものだと一方的に決めつけるつもりはありませんし、かといって、ヘミシンクを無条件に礼賛するつもりもありません。

使い方次第によっては、もしかしたら、自分の可能性が開ける一つのツールになるのかも知れません。

しかし、残念ながら、今の人々の霊的な咀嚼力や認識力を考えると安易にヘミシングによる霊的な開発を行うことは、お勧めできないというのがホンネです。

実はヘミシンク以外にも、トランス状態を作る方法というものは、昔からいくつかあったのです。

日本でいえば古神道の行法などが挙げられます。

また、山岳に生き断崖絶壁にて命綱一本でつるされながら祈願したり、滝行を行ったり、瞑想などを実践したりすることも、トランス状態を作るための一つの修行であり方法論でもあります。

後は、各宗教団体の中で行われている秘義的な儀式などもあるでしょう。

これらは、皆、霊的な開発のために神仏を降ろしたり、霊をコントロールしたりするための基礎となる精神状態を作り出すために行われてきたことなのです。

それぞれの団体や種類によって主張していることは異なるかも知れませんが、煎じつめれば、最終的には、霊性の開発というテーマにいきつきます。

このようにヘミシンクという技術が脚光を浴びる以前にも、同じような目的のために行われた様々なノウハウは存在していたわけです。

ヘミシンクは、それらを科学的なアプローチで実現しようとしています。

それゆえに、昔から行われてきた秘義や行法と同様に一つの問題点をヘミシンクは内在しているといえます。

それは、トランス状態を作り出すと様々な霊的なあるいは精神的な存在がコンタクトをとってこようとするという点です。

守護霊と審神」の記事でもお話しましたが、正邪の別ということがしっかりと判別できる器量がない人が、安易にトランス状態を作り出し、霊的な世界とコンタクトを取ろうとすると、必ず邪霊や魔物が感応してくる可能性が高いといえます。

真に愛と真心が極まっていないと神霊は降りてきません。

ヘミシンクは技術であるために霊的な世界とコンタクトを取る方法論には、力を入れているのかも知れませんが、昔から伝わる審神の法や本来、最低限知っておかなければならない心構えを説くという部分が少し欠落しているように感じます。

精神世界への体感を深める素晴らしさや利点を説くのは良いとしても、危険性が伴うこと、それらをどのように回避していくべきなのかをしっかりと説いていないのは、少し問題ではないかと思うのです。

しかも、ヘミシンクは道具を使い自分で自己責任で行うことがほとんどです。

近くに信頼のおける指導者がいるわけでもなく、本やマニュアルを読み、後は道具を使って自己流にやっていくスタイルであることが多いので、とても危険だと言わざるを得ないでしょう。

もちろん、異論もある方もいらっしゃるでしょうし、危険もなく活用されている方もいらっしゃるのかと思います。

何事にも例外はありますが、一つだけいえるのは、単なる好奇心や興味本位、そして何より愛と真心の極まりの状態を作り出せない人には、ヘミシンクに限らず、やたらと霊性開発などを実践するのは控えたほうがよいかと思います。

やたらと霊的な秘義やヘミシンクによる開発をするよりも、一日一日、守護霊様に感謝の祈りをささげること。

そして、家族や友人、それからお仕事で関係している人、つながっている全ての人達の笑顔を思い浮かべて、その人達に心からの幸せを祈ってみてください。

そういう祈りを続けていると、知らないうちに霊性が磨かれてきて、知らぬ間に直感や霊感がさえてくるようになります。

もちろん、いきなり守護霊や神霊と直接的にコンタクトが取れるようになるわけではありませんが、そうやって守護霊との霊線を強めてゆくことが、遠回りに見えても正しく安全な霊性開発の道に繋がってゆくのです。

少し、質問者さんの意図とは異なる回答になってしまったかも知れませんが、参考になれば幸いです。


天心 拝



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR