高級に触れることで次元を高めよう

今回の内容はどのカテゴリに当てはまるのかちょっと悩みましたが開運コラムでいきます。(笑)

新年早々、守護霊からのご褒美があったので、そのご紹介とそれに因んだお話をしてみたいと思います。

「お~い、2014年度の方向性と方針はどうした?」というツッコミに関しては黙秘させて頂きます。(笑)

・・・と冗談はさておき、方向性、方針、スローガンなどはまだ、明示できる状態にないので、もうしばらくお待ちくださいませ。(汗)

さて、守護霊からのご褒美の話ですが、まあ、大した話ではないのですが、ちょっとした小ネタとして聞いてください。

私は、最近、コーヒー豆を挽いて紙フィルターを通して飲む、いわゆるインスタントではないコーヒーにハマっています。

近くにコーヒー豆を売る店が出店されていて、たまたま、そこで試飲したコーヒーが美味しかったので、購入して愛飲するようになったのです。

正直、それまではコーヒー自体飲むことも少なく、どんな種類のコーヒーを飲もうと「大して変わらないよね?」という感じの味音痴なところがありました。

そんな私がたまたま、わりと本格的なコーヒーを飲むようになったわけです。

わざわざ、紙フィルターを使い、お湯を注ぐ時もコーヒー豆を挽いたものが周りにうまくフィットするように注ぎます。

見よう見まねですが、コーヒーの香りは良いし、香ばしい薫りに心も落ち着いてきます。

最初はそのお店のオリジナルブレンドをよく飲んでいたのですが、段々と他の種類も試してみたくなるのが人情というもの(笑)。

今では、お店で一番、お高いブルーマウンテンブレンドと呼ばれる豆に手を出しております。(苦笑)

お高いといっても、高級ワインなどのように一本何十万もするとかいうレベルではもちろんありません。

精々、グラムあたりで数百円といったところです。

私のような庶民でも多少、高級志向になってみても、たかが知れています。

なので、段々とコーヒー熱がエスカレートしつつあるということです。

そんな中で最近、愛飲しているブルーマウンテンブレンドではありますが、私には一つ納得がいかない点がありました。

お店で一番高級なコーヒー豆であるはずなのですが、「なぜブレンドなのだろう?」という疑問がムクムクと心に浮かんできます。

ブレンドということは、何か純正じゃないものが混ざっているということです。

一番高級なはずなのに何で純正ではないのか。

出典元は忘れましたが、コーヒー豆の品質について聞いたことがあります。

元々、コーヒー豆はとれた時の大きさや色合いなどを見れば、良い豆と然程良いとは言えない豆の違いは一目瞭然にわかるのだそうです。

そして、美味しいコーヒーを作ろうと思ったら、単純で良い豆だけを選りすぐり集めて挽けば良いわけです。

しかし、良い豆は全体の数量からすると少数であり、それをやってしまうとコーヒー豆による収益が出せないのだとか。

仕方なく、あまり良くない豆もブレンドして販売して帳尻を合わせているそうです。

つまり、ブレンドよりも純正のほうが美味しいということです。
(まあ、当たりまえですが)

ブレンドが一番高級であることに疑問を覚え、お店のホームページを調べてみると実際にはブルーマウンテンブレンドよりも高級なコーヒー豆が存在するではありませんか!?

ホームページによれば、ブレンドと純正はカテゴリが分けられており、純正のブルーマウンテンは、別に存在しているようなのです。

その名は「ブルーマウンテンNo1」

なんという自信に満ちた名前なのでしょう。(笑)

私もすべてのコーヒーの種類や品質に精通しているわけではないので、本当にNo1なのかどうなのかよくわかりませんが、少なくともお店ではNo1の品質のようです。

「これ飲んでみたい」

と当然のことならが思うわけです。(笑)

で、お店に行ってみるとガラスケースに入ったコーヒー豆が並んでいます。

1つずつ確認してみましたが、やはり一番お高いのはブルーマウンテンブレンドです。

他の系列店もチェックしてみましたが、やはり状況は同じです。

ちょっとガッカリして、諦めかけていたところ、本日、なんと「ブルーマウンテンNo1」をゲットすることができました!(祝)

たまたま、お店に顔を出してみると一個だけ売れ残った福袋がありました。

コーヒー豆のお店なので福袋もコーヒー豆の詰め合わせです。(笑)

なんとその福袋の中には、ブルーマウンテンNo1が入っているではありませんか。

しかも、通常では購入できないコーヒー豆なので、飛ぶように売れているようで、他のお店では売り切れてしまっているところも多いようです。

最後の一つが私を待っていてくれたようです。

ああ、守護霊が幸薄い私をかわいそうだと思って、コーヒー豆を与えてくださった!?(笑)

まるで井上陽水の「アラブの偉いお坊さんが貧しい男にコーヒー豆をあげた」とかいう歌のようです。(なんのこっちゃ)

ここまでダラダラとお話してきて、オチがその程度のはなしかい!というお叱りを受けそうなので、もう少し本質的なお話をさせて頂きます。(汗)

こっからが本題です。(前置き長っ)

私は、本格的なコーヒーを飲むようになってから、確実に自分が変わってしまったことを自覚しています。

それは、コーヒーに対する味覚が覚醒してしまったということです。

もちろん、もっと詳しい、味覚が精錬されたコーヒーマニアやファンはいるのでしょうが、それでも以前の私に比べて、全然違うのです。

ある時、安い値段でコーヒーが楽しめるというお店に入りました。

何の気なしにその安いコーヒーを頼み飲んでみると私の口の中に衝撃が走ります。

「うげっなんじゃこりゃーー」

本当にその安いコーヒーのお店には申し訳なく、かつ失礼な言い草になりますが、全くコーヒーとは思えなかったのです。

本当に申し訳ないのですが、泥水を沸騰させたような感じで、薫りも全然、コーヒーとは思えません。

なんだか、ひどいことを言っているようなのですが、率直に感じたことを言葉にするとそうなります。(汗)

もう一口、二口と飲んでみるのですが、どうやってもコーヒーには思えないのです。(苦笑)

以前なら、きっと嬉しそうに安いコーヒーを美味そうに飲んでいたことでしょう。。

さて、こんなお話をしたのは、別に私がコーヒーグルメに目覚めたことを自慢しようとか(笑)、安いコーヒーの批判をしたいからではありません。

私達は日々、様々なことに触れながら生きていますが、私達を高次元の繊細なものに引き上げてくれるものは、同じ、高次元の繊細なものに触れるという経験なのだということです。

たかがコーヒーの話と思うかも知れませんが、高級なものに触れれば、それだけ高級なものが理解できるようになると同時に如何に私達が低次元層にとらわれているかということも同時に理解できるようになるということです。

だからこそ、私達は常に意識して高次元層のものに触れていく機会を増やしていくことが大事だということなのです。

別に高級志向やグルメになって贅沢をしろということではなく、高次元に触れるということを心がけることが重要だと言いたいわけです。

コーヒー豆一つとっても、高次元な味わいもあれば低次元な品質もあります。

身近な体験の中にこうした学びがあるということもお伝えできればと思い、今回はこのお話をさせて頂きました。

小ネタなのに随分と長々お話してすいませんでしたが、ご参考になればと思います。


P.S

ブルーマウンテンNo1はまだ飲んでいません。

只今、消化中のブルーマウンテンブレンドを飲み終わった時点でトライしてみようと思います。

どんな体験が待っているのか楽しみです。(^皿^)グシシ


coffee.jpeg



◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

天心先生、こんばんは。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

私も、今年は高次元層のものにふれる機会を増やしたいと思います。
守護霊様との交流、神様との交流。

おいしいコーヒーって、そんなに違うのですね。
私は、家系が病気がちなため、健康を考え、食にはこだわるのですが、近頃、ほうじ茶は無農薬のものにしよう!と決めました。

以前からほうじ茶は好きだったのですが、どうも沢山飲むと喉が痛くなったりして、少ししか飲まないようにしていたのです。

しかし最近、ほうじ茶に醤油と梅干を入れたものが冷え性に効く、と書かれている本を読み、またそのほうじ茶や梅干も、無農薬なものがよい、とあったので、思い切ってネット無農薬ほうじ茶を買ってみました。

そうしたら、沢山飲んでも、全く喉が痛くならないのです。非常にまろやか。
びっくりしました。
喉の痛みは、農薬だったのか!
と驚きました。

試さなければわからない世界って、ありますね。

私は偉人の名言を読むのが好きなのですが、大富豪、アリストテレス・オナシスの名言の中に、

「グラス一杯払うのがやっとでも酒は高級クラブで飲め。」

という言葉がありました。

ちょっと出費がかさみそうですが、できるだけ上部の霊界を知るためにも、今年は高級志向でいこうと思います。

今年も、ブログ、メルマガ、楽しみにしています(^^)/

和元

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。
本年もご指導の程、よろしくお願い申し上げます。

天心様もコーヒーに目覚められて、コーヒー好きの私としましては大変うれしく感じました。京都におこしになる機会がありましたら是非、イノダコーヒー本店を訪ねてみてください。オーナーがかなりのこだわりを持って一流店を作っていますので。(店の独特な雰囲気が天心様ブログとよくマッチしているのでブログのほとんどはそこで拝読しています)

ブログで出てきた井上陽水コンサートにもう10数年前に行ったことがありますが、彼こそは本当のアーティストだと感激したことがあります。そういえばコンサートも長年、足を運んでいませんでしたので、今年はイベントにも出かけて一流のものに触れる機会を増やしていこうと思います(ちなみに今、眠前のコーヒー飲みながら打ってます)。

ありがとうございました。

天心様

あけまして、おめでとうございます☆
昨年はお世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

ブルーマウンテンNo.1というコーヒー豆のGetもおめでとうございます(^^)
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR