新説・霊界ストーリー 【霊界探索-天使霊統編3】

☆初めて読む方はコチラからお読みくださいね!
☆前回の新説・霊界ストーリーはコチラをクリックしてくださいね!


初めてこの記事を読まれる方は、一番上のリンクをクリックすれば、一番最初の記事を読むことができます。

前回記事は二番目のリンクをクリックでページが切り替わります。


<前回までのおさらい>

精霊童子と名のるキューピー人形が金髪をつけたような存在(笑)が現れて、私を導き主の元へと誘ってくれました。

何しろあまり勝手のわからぬ欧州系の霊界です。

誘われるまま進んでいくとそこには、見覚えのある天使の姿がありました。

ザキエル天使長です。

久方ぶりの登場であるザキエル天使長が導き主として私をアテンドしてくださるようです。


<続き>

ザキエル天使長は見ていると惚れぼれするほどのオーラを放っていらしゃいます。

謎の天使ではありますが、その包み込む強さはとても大きく、壮大さを感じます。

思いの外、翼を広げると大きいのです。

掴みどころがない部分もありますが、顔つきは凛としていて、彫刻のような美しさとそこには柔和さも含まれています。


天心:「この霊界は神に使える天使の集まるところで、その下部のあたりだと認識してよろしいでしょうか?」

ザキエル天使長:「神に意識を向かい、神と共にある感覚の芽生えのあるものが集います」

天心:「神に意識が向かう状態とはどのようなことを意味しているのでしょうか?」

ザキエル天使長:「人外のもの。全なるもの。己の無力さを自覚して大いなるものに委ねる心を持つこと」

また、少し口調というかトーンが変わります。

天心:「超越的な存在や聖書に出てくるような神様への信仰心などが芽生えた状態だということでよろしいでしょうか」

ザキエル天使長:「聖書や教義はまだ人外のこととは言えません。それを超えるのが本当の信仰です。そのために神の仕組みがなされています」

天心:「う~ん、ちょっと、よくわかりません。。難しいですね。」

ザキエル天使長:「難しく考えることはありません。あなたは宇宙の果てを見たことがありますか?」


天心:「いえ、まさか(汗)。私のようなものには到底行き着けませんよ。」

ザキエル天使長:「そうでしょう。当然です。人には未だわからぬ未知なるものがあるものです。そのことへの憧憬が神への意識の芽生えになるのです」

天心:「つまりは、分からないことを自覚しつつ、そこへのあこがれの気持ちを持つことが神へ意識を向ける一つの道だということでしょうか」

ザキエル天使長は今度は満面の笑みを浮かべ、再び白いオーラを放ち、まばゆく光り輝き始めます。

どうやら、また意中を得たということなのかと思います。

私はふと下方部の町並みを再び見下ろして眺めてみました。

なんだか自分が大空を舞う鳥になったような心境です。

街を行き交う霊人達は、皆、未知あるものへの憧れを持って、上を見上げ始めた者達だということなのでしょうか。

ピュアに自分を超えた存在を求めあこがれる心を持つ霊人達であるためか、とても顔つきも明るく、瞳もキラキラした感じです。

こういった心境がもしかするとこの霊界のスッキリとしたクリアな状態に関係しているのかも知れません。

私達も憧れを持って何かを見が得る時、心には清々しさを持っているものです。

それに近い風景が霊界を形作っているのかも知れません。

続く。

☆新説・霊界ストーリー【霊界探索-天使霊統編4】へ続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR