神社で神気を感得し違いを悟る

様々な神社参拝をしていうと、それぞれの神域を漂う神気の違いというのに気づく方もいると思います。

八幡系、氷川系、出雲系、諏訪系、鹿島系、天祖系、その他もろもろの霊統によっても違いますが、同じ霊統でも神社の鎮座する場所によってもまた違います。

こうした神気の違いを比較していくと段々と神様の違いを審神するヒントにもなります。

神社の歴史的な考察や謂れなどを学ぶことも大事ではありますが、スピリチュアル的な学びとしては、この体感体験をしていくことも大事な学びであります。

なので、神社参拝をする時には、少しでもその神社の神気を受け止めるつもりで詣でると良いかと思います。

とくに神霊と交流する際には、神気をしっかりと感得しておくとつながり易くなるという面もあります。

神気の感得のあり方としては色々とありますが、一番大事なことは六根を全て使って感じ取るのが一番良いかも知れません。

実際、触覚的な皮膚感で優しくフワッとした何かを頬で感じたり、口の中に広がる味覚や、何かが香ってくるという嗅覚的な感得をする場合もあります。

もちろん、オーラ的な光の筋を見る場合もパシパシっというラップ音的なものもあります。

ラップ音なんていうとオドロオドロしいものをイメージしがちですが、そういうものとは別に本当に小さな細やかな音で柏手を叩くような、あるいは枝が折れた時のような音を感得することがあります。

神仏がサインとして表す場合にはこうした神気の現れ方をする場合もあるということです。

だから神社参拝にて神気を感得する場合には全身で受け止めるような形が良いのですね。

神社というと必死で祈願することばかりに気持ちがいく場合もありますが、時には落ち着いた心地で神気を頂くことも良いのではないかと思います。

神社参拝一つとっても、いろんな形での学びがあります。

折角、参拝するならば様々な学びの場として受け止めていくと良いと思います。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR