天職の探し方

天職

自らの一生を捧げるにふさわしい仕事とは何であるのか。

この問は多くの人の永遠のテーマともいうべきものでもあるかと思います。

守護霊アドバイスや天命・過去世調査などでも「自分の天職を教えて欲しい」という要望が多く見られます。

豊かで充実した人生を送りたいと人は思うものですが、そのために人生の大半を費やす仕事というものに重きを置くことはある意味では自然の成り行きなのかも知れませんね。

しかし、こうしたご相談を受けながら、最近、天職というものを考える前にその前提となる仕事とは何かという点についてお話する必要があるのではないかと感じるようになりました。

私達は学生時代を経て、何気なく仕事をする道へと進み、当たり前のようにそれを受け入れて生きています。

生きるために仕事をする。

生きることとは仕事をすることだという意識すらあるのかも知れません。

重要なテーマでもあるためまたもや長くなりそうな予感がありますが、今回は天職というものを考えて、どうしたら天職に巡りあうことができるのかについてお話していきたいと思います。


◇◇ 仕事とは何か ◇◇

さて、天職を探すためには、まず、仕事とは何かということを理解しておかなければならいないと思います。

仕事とは、商売をすること。

仕事とは、生きていくために必要な賃金を得る行為。

仕事とは、人生の内で大半の時間を費やすので、自分に見合った仕事を見つけたい。

このような考えや想いを持ってらっしゃる方が多く見受けられます。

確かに仕事は事業を運営したり、商売をしたりすることが多いと思います。

商品を販売したり、サービスを提供したり、その形態は様々にあるわけです。

あるいは、私達が生きていくためには貨幣経済の中で成り立つ社会に生きているわけですから、お金が必要です。

お金を稼ぐためには仕事をしなければなりませんね。

だから、必要な賃金を頂くために仕事をするということも、一つの事実です。

また、事業を行うとか、お金を稼ぐということを飛び越えて、人生に対する生きがいだとする考え方もあるかも知れません。

これらの仕事にまつわる考え方、想いというのは、決して間違ってはいないと思います。

ただ、それでもあえて言ってしまうと、上記で挙げたような考え方には、大きなそして重要な欠落があることをお伝えしなければならないのです。

実は仕事とは、本来的には事業などの商売を行うことや、賃金を得ること、自分の人生の生きがい充実感などを得るということとは関係がないのです。

にわかには納得できないことかも知れませんが、ここをまず、理解しないと仕事の本質的な意味を理解できません。

仕事の本質的な意味を理解できないと天職を探すなど到底無理なことだと言わざるを得ないでしょう。

では、仕事の本質的な意味とは一体いかなるものなのでしょうか。

ここで、理解しやすいようにメタファーとしての例え話をしてみたいと思います。

とある街で、一人の少年がいました。

その少年は、特に学問ができるというわけでもなく、立派な家柄というわけでもありません。

際立った才能があるわけでもない平凡な少年です。

少年はある時、自分は一体、誰かの役に立っているのかなと考えました。

自分は誰かの役に立ちたいという想いを常に少年は持っていました。

ある時、街を歩いていると色んな人達がせわしなく道を歩いています。

皆、忙しそうです。

少年は、何かに向かって一生懸命に道を進む人たちをとても羨ましく眺めていました。

自分も誰かの何かの役に立ちたい。

少年の心はいつの間にかこの想いで一杯になっていました。

ふと何気なく道行く人の足元を見ていると随分と靴が汚れていることに気づきます。

きっと、忙しすぎて靴を磨いたり、修繕したりする暇もないのだろうと少年は思いました。

常日頃から、誰かの何かの役に立ちたいという気持ちが強かった少年は、思い余って道行く人に声をかけます。

「あの、靴がとても汚れていますよ。僕が磨いて差し上げましょうか?」

少年の申し出に道行く人は、喜んでその行為を受けることにしました。

少年は一生懸命に靴を磨き上げて、気が付くと新品の靴のようにピカピカになっていました。

道行く人はとても喜び、お礼に少年にお金をあげたのでした。

少年は自分が行ったことに喜んでくれる人が頂けでとても満足でした。



さて、ショートストーリーではありますが、ここには仕事ということを考える上でとても大切なエッセンスが込められています。

それは、この少年が初めて実践した靴磨きという仕事に対する向き合い方にポイントがあります。

少年は、靴磨きという仕事が自分の天職かな?とか、靴磨きをすれば大儲けできるかな?とか、靴磨きをすれば自分の人生を豊かに充実した気持ちで過ごせるかな?というようなことを考えていたわけではありません。

ただ、「誰かの役に立ちたい、何かの役に立ちたい」という気持ちがあっただけなのです。

どんな仕事が自分に向いているの?

どんな仕事なら生活が楽になるかしら。

どんな仕事をすれば嫌な目に合わずに清々しい気持ちでいられるのか。

多くの方の奥底にあるメンタリティには常に自分にとって都合の良い仕事はどこにあるのか?という視点になってしまっているのです。

しかし、例え話の少年は、そのようなことを考えていたわけではないのです。

少年は結果的に靴磨きという仕事を得て、その仕事でお金をもらうことに成功しました。

でも、あくまで、それは結果論に過ぎません。

根底に「誰かの何かの役に立ちたい」という愛が起点となって生み出されていくものが、本来的な意味での仕事であると言えるのではないでしょうか。

もちろん、人生の生きがいとしての仕事や賃金を得るため収入源としての仕事、その他、様々な意味合いを否定するつもりはありません。

それはそれで必要な要素ではあります。

しかし、それでもあえて言うならば、本当に天職を求めたいならば、順番を間違えてはならないということです。

なぜならば、誰かの何かの役に立ちたいという気持ちがない人が、いくら天職を求めても見つかることはないからです。

ちょっとだけ想像してみましょう。

世の中には求人を出している企業や事業主の方がいらっしゃると思います。

この方々がどのような人を求めているのかといえば、事業において必要な事柄を代行してくれたり、手伝ってくれるような人です。

そこへ、自分の人生の生きがいや賃金のことや、楽しいことだけをしたいと考える人が応募してきたらどう思うでしょうか。

おそらく、あまり採用したいとは思わないことでしょう。

企業や事業主の方々だって、誰かの何かの役に立つために仕事をしているはずです。

その手伝いをして欲しいから求人を出しているわけですから、当たり前のことかも知れません。

しかし、世の中の実情をつぶさに観察すると基本となる誰かの何かの役に立つという考え方がすっぽりと抜け落ちてしまっていることが多いように思うのです。

企業や事業主側も単に設けるために仕事していて、そのための道具としての求人募集である場合もあるでしょう。

求人への応募者も実際のところは、誰かの何かの役に立つのではなく、自分にとって都合の良い職場を求めている場合も多いです。

しかし、それは本来的な仕事の意味ではないのですね。

仕事とは誰かの何かの役に立つこと以外にはないからです。

自分の人生を豊かにしたり、嫌なことをせずに賃金を得たいという本人の希望を叶えるために存在する仕事というものはありえないのです。

仕事とは何か。

それは、誰かの何かの役に立ちたいという愛の心の先にしかないのです。

このような考え方の転換をしない限りは天職を探すのは、かなり難しいと言わざるを得ないのです。

繰り返しますが、賃金を得ること、自分が生きがいを感じること、楽しい仕事をすることが問題だと言いたいわけではありません。

ただ、仕事の本質に立ち返ることが天職に出会うヒントになるのかなと考える次第です。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR