【一日一言】2014.03.14~2014.04.26 過去ログ

こんにちは!

天心です。

昨年の12月21日より、アメーバなうの機能を利用して、短めのコメントを発信させて頂いております。


よろしければ、是非、アメーバなう、またはTwitterの天心のアカウントをフォローして頂ければと思います。

今回は2014年3月14日から2014年4月26日までの【一日一言】をまとめた過去ログをご紹介させて頂きます。

通常のブログ記事と違い、短いものではありますが、ポイントを絞った一つのものの見方、考え方などを提示させて頂いております。

読者の方の何かの参考になれば幸いです。


-------------------------------------------------------

【一日一言】いつでもどこでも学ぶことはできます。その気持ちで臨むけとができればです。その気持ちがなければ例えアカデミックな場に身をおいたとしても学ぶことなどできません。学ぶとは、環境ではなくその心で行うものだからです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】心の中に沈殿した錆は、霊界と呼ばれるフィールドを漂う。私達が変われない理由は目に見えざるところにその原因があるのかも知れません。目に見える部分だけを見て判断すると問題点の本質が見えなくなることもある。

-------------------------------------------------------

【一日一言】それは自己責任といって背を向ける社会と手を差し伸べ合える社会。どちらが良い?私は後者だと思いますが、現状の社会は前者の方向に向かっているように思えます。人と人の関係性を取り戻せなければ、社会は益々、解体に向かうだろう。これは他人事ではなく、私達の身近な問題なのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】親が子に向ける愛情をほんの少しだけ他人に向けてみてください。そこから愛は広がっていきます。自分が大切に思うことと同じように他人の大切に思うことを尊重してみてください。そうすれば、きっと私達はわかりあうことができるようになるでしょう。

-------------------------------------------------------

【一日一言】とりあえず、その言い訳をし続けるクセをやめようか。少なくとも自分に言い訳をしなくていい。ありたいように振る舞えば言い訳はいらなくなる。言い訳は他人に対してだけしておけばいい。自分に言い訳を続ける人は主体的には生きることはできない。決してできない。

-------------------------------------------------------

【一日一言】さあ、新しい朝を迎えました。過去のことは洗い流して生まれ変わりましょう。日に新たに生きましょう。人は何度でも出直し、生まれ変わることができます。新しい朝を迎えるとは、そういう意味があるのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】守護霊には祖父母のごとく甘えてみよう。いつもしかめつらしく仰々しいと大切な心と心の交流ができなくなります。理屈ではなく心情を素直に表すことも守護霊を動かす秘訣なのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】大変な目にあえば人の世の苦労がわかる。困難は智慧を磨き人の情けの有難さを知る。難儀は怖れればその力を増し、活用すれば己を強くする。

-------------------------------------------------------

【一日一言】損得で動くから心根がさもしくなる。損得を超えたら清々しい気持ちで生きることができる。譲り合い、困ったときはお互い様。昔は当たり前にあった習慣も今は個人の利得感情に埋れてしまっている。生き辛い世の中と言われていますが、生き辛くしている一端は、捨てられぬ損得感情にあります

-------------------------------------------------------

【一日一言】今日も生きよう!一生懸命生きよう!力の限り生きよう!その先に何があるかなど関係ない。ただ、真っ直ぐに生きてゆけば良いのです。難しく考えなくてよいから、ただ、真っ直ぐに生きてゆこう!

-------------------------------------------------------

【一日一言】良くないことを消そうとせず、良いことを積み上げていく。すると大抵の良くないことは気にならなくなります。良くないことと格闘すればするほど余計に良からぬことに意識が向き結局は良からぬことを増やすのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】「諦めないことが大事」と良く言いますが、その前に大切なポイントが抜けてることが多く見られます。それは、「諦めたくない」という意志があるかどうかということです。この意志がボヤけたまま、ただ継続するだけの行為は、自虐でしかありません。自らの本音と向き合うことも重要です。

-------------------------------------------------------

【一日一言】いつも私達はどのような自分であるのかを選択しながら生きています。ハッピーな自分を選択すれば一日はハッピーに過ごせます。でも、選択を誤り、不機嫌な自分を選択すると一日中、不機嫌な自分を演じることになります。何気無い選択が人生を左右していることに繋がっているのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】自分の理解の及ばないことに遭遇した時、異端であると退けるか、まだ知らぬ未知なるものとして理解に務めるのか。この態度の違いによって道は大きく異なってくることでしょう。

-------------------------------------------------------

【一日一言】どんな生き方をしても構わないけれど、魂の輝かない人生はきっと楽しくない。享楽に耽っても魂は輝かない。では、どうしたら魂は輝くのでしょう。そこをまず、学ぶことが大事なのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】守護霊からのサインはいつも身の廻りに満ちています。ただ、それに気づかないだけ。素直な気持ちで周りをよく見てみよう。きっと守護霊からのサインが見つかります。

-------------------------------------------------------

【一日一言】すぐに解決しようと思わなくても良いのです。何でも早ければ良いわけではありません。一呼吸置く。この工夫が大きく結果を左右することがあるのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】守護霊団は大きくなる。それは志の大きさ内的霊覚、霊格なよります。守護霊団を大きくすることが自らの道を切り分け進む霊的原動力になります。

-------------------------------------------------------

【一日一言】いつもと同じ景色をいつもと違う目線、心境で見てみよう。きっと新しい発見があるはず。つまりは私達の心根次第で私達に与えられた環境というものは、どのようにでも姿を変えるということです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】人から人へ。想いは伝わり大きな力となります。だから想いを侮ってはいけません。想いは全てを変えてゆく原点であり、原動力なのです。さて、あなたは何を想い何を願うの?

-------------------------------------------------------

【一日一言】心は霊界の入り口。霊界を知る糸口は、人の心の有り様を理解することにあります。何も特別なことではないのです。特別という意識を変えていくと霊界はとてもみじかなものとなります。

-------------------------------------------------------

【一日一言】私にとっての幸せは、あなたにとっての幸せであるとは限らない。それでいい。でも、私にとっての幸せがあなたにとっての不幸にはならないことを祈ります。お互いの幸せは一致しなくてもよい。ただ、お互いの幸せを尊重できる人でありたいものです。それが調和するということです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】小さなコツをつかむためには、多くの試行錯誤と創意工夫がいる。なにげなく簡単なものほど本当は味わい深く、大切なエッセンスが込められているのです。しかし、簡単なものほど侮られ軽く受け止められることが多いものです。多くの重要なことを見過ごしてしまうのは残念なことです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】出し惜しみせず、あらん限りの智慧と行動を捻り出す。すると思いがけない自分の潜在力を発見する。言い訳して自分の限界を怖がらない。そうすればいつまでもどこまでも成長していけるだろうね。

-------------------------------------------------------

【一日一言】桜花 開いて散りて 春来たり 新たに向かう 今日の道行く。過去のしがらみを捨て新しい一歩を進もう!

-------------------------------------------------------

【一日一言】カッコつけなくてもいいから素直な自分でいたらいい。素直な自分が一体何なのかわからないだって?そういうことを考えないで、好きな絵でも描いたり、気分が向くままに散歩したり、前から気になっていた本を読んだりすればいい。そろそろ考えて答えを出すという偏りを手放す時が来ているよ

-------------------------------------------------------

【一日一言】この世は仮の宿り。だからこそ自分という役所をしっかりと演じきることに集中しよう。それ以外に人生の意味はない。

-------------------------------------------------------

【一日一言】一見して無意味で非効率に見えるものが実は大事なのです。人は摩擦とゴチャゴチャしたなんだかわからないようなプロセスを通り磨かれます。だから、いつも楽な道を選ぶことは必ずしも人を成長させない。成長のない人生には幸せも浅くはがないものしか与えられない。

-------------------------------------------------------

【一日一言】人は心に想うだけしか成長できない。自分はこんなもんと想った瞬間からそこが限界点となる。想いとは現実を作るエネルギーであり基本設計でもある。だからこそ、想いとうまく付き合っていく必要がある。

-------------------------------------------------------

【一日一言】大事なのは転ばないことではなく、良い転び方をすること。失敗を避け続けることは出来ないが、失敗を活かす道は必ずあるものです。転ばないように注意することも大事だが、消極的になり過ぎては意味がない。だから、常に転んだ時の受け身を修練しておくのが良い。

-------------------------------------------------------

【一日一言】感情に支配されず、感情を支配する。感情の奴隷とならず、感情の主人となる。感情は人を振り回す暴君ともなるが、よく働く部下ともなりえる。感情のたずなを制することが、心根を制することに繋がる。心根を制することが霊界を制することに繋がる。

-------------------------------------------------------

【一日一言】信じる者は救われるのではなく、信じることが救いなのです。愛することで幸せになるのではなく、愛することが幸せなのです。苦しいから辛いのではなく、苦しむことが辛いのです。多くの人は何かをして何かを得ようとしたり、何かがあるから何かが起こると考えるが、そうではないのです。

-------------------------------------------------------

【一日一言】罪を憎んで人を憎まず。人を叩いても問題の解決にはならない。罪という問題の発生原因を理解し改善のための考察をする。しかし、未だに人は己の鬱憤を晴らすために罪人を血祭りにあげようとする。人の進化とは裁きの心を捨てられて始めて成されるのかも知れません。

-------------------------------------------------------

【一日一言】「呪縛について」より抜粋「大切なポイントとしては、自分がこれは真実であると想っていることで、ネガティブな要素を含むものは、全て呪縛であると疑ってみることです。疑ってみてその本質を見極めて、宣り直しをしていくことで、呪縛は解かれてそこから自由になってきます。」

-------------------------------------------------------

【一日一言】「お客様にならない主人としての行き方」より抜粋「主体性というのは、自我を強調することではなく、自主性であり、自ずから積極的に考え行動を起こしてゆくこと。そして少なくとも自己の周囲に起こることに関しては、自己の責任という視点から内省する気持ちを持つことが主体性‥後略」

-------------------------------------------------------

【一日一言】人間が完全でない以上、完全なる天意は完全には理解できない。身も蓋もないが事実です。でも、人間が天意の次元に近づいてゆくことで、新たなる理解を深めることはできる。完全になれなくとも、そこに近づいていく無限の可能性を私達は持って生まれていることを忘れてはならない。

-------------------------------------------------------

【一日一言】一流の人はしっかりとした世界観を持ち、二流の人はそれに肉迫する腕を持つ。三流の人は常に部分的にいいとこどりをする。四流以下は、何が良いかすら見分ける目を持たない。このことがわかると自分が何を心がけるべきかが見えてくる。

-------------------------------------------------------

【一日一言】神廃れ(かみすたれ) 国廃れたる そのわけは 人の心の 廃れと知るべし。(即興神歌)

-------------------------------------------------------

【一日一言】わからないと決めつけた時、理解する可能性が閉ざされてしまいます。わかるかも知れないと考え続けることで、いつかは理解できる時がくるものです。学び続けるコツは、出来るかも知れないという可能性を如何に否定せず進むことができるのか。ここにかかっていると言えるかも知れません。

-------------------------------------------------------


以上が一日一言の過去ログです。


アメーバなう、またはTwitterアカウントのフォローをお待ちしております!


天心 拝


◎クリックご協力ください!


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR