FC2ブログ

【公開質疑応答】死後の再会について

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、まり様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】


いつも楽しくブログを拝見させております。
新説霊界ストーリーの記事を拝読させていただきますと、
死後の世界のイメージが持てます。
死んだあと、死後の世界にゆき、次に生まれ変わるまでの間に、
先に亡くなった人と、再びあったり、
今世での出来事を互いに語り合ったりすることはできるのでしょうか・・?
子どもっぽい質問で申し訳ありません。
ですが、今世での別れが、一時的な別れで、
また再びめぐり合うことができ、
「あのときはああだったね」などとお話できたら
いいなぁと思うのです。
もしも、ご回答していただけるような内容でしたら、
教えていただけたら、嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。


【回答】


まり様

ご質問ありがとうございます。

>死んだあと、死後の世界にゆき、次に生まれ変わるまでの間に、
>先に亡くなった人と、再びあったり、
>今世での出来事を互いに語り合ったりすることはできるのでしょうか・・?


今生で仲良い人や家族、親戚などの方と果たして死後に再会はあり得るのかということですよね。

霊界というものは、同じ霊波長のもの同士が霊界共有を行って、同一の霊界に籍を置く法則があります。

ですから、同じ霊波長であれば、死後の再会はあり得ると思います。

但し、現世とは違い、霊界のみの存在となっていくと、その人の本質的な性質があらわになってきます。

進むべき道や行きたい方向性などの違いも明白になってきます。

ですから、単純に現世で仲が良かったから再会できるとは限らないものです。

また、再会するといっても現世と同じような感覚での再会とは限りません。

現世では物理的制約、空間的制約によって、同じ物理層に暮らしていても、亡くなればそれぞれの霊的な位置に戻っていきます。

現世のような縁側のふちに肩を並べて語らうというようなコミュニケーションであるとは限らず、念と念の交わりや、意志と意志の交流のような、次元の異なるあり方になってゆくことも多いです。



以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。りゅうと申します。
質問者様ではないので大変申し訳ないのですが、お時間が御座います時にでもご回答頂けないでしょうか。
大切な父を亡くし自暴自棄になっていたのですが、あの世での再会を胸に、強く生きねばと思っていた折の事で、失礼を承知の上で何卒宜しくお願い致します。

「波長」とは一体何を指すのでしょうか?
これまで何となくのイメージで「波長」という言葉を捉えていたのですが、思考していく中で根本的に「波長」の意味を分かっていない事に気付きました。

同じ霊波長の者同士、本質的な性質・・・と御座いますが、どういう意味なのでしょうか。
性格のことでしょうか?思想のことでしょうか?
自分と完全に合致する人は自分以外いないと思うのですが、何がどうなれば「同じ波長」という事になるのでしょうか?

人格的な事なのでしたら、少しでも父に近付けるべく、人格向上の努力をしあの世で再会し、また親子として生まれ変わりたいのですが、根本的に全くそういう意味でないのなら、もう私は・・・

突然のコメントをどうかお許し下さい。
どうか宜しくお願い致します。

Re: No title

りゅう様

コメントありがとうございます。

> 「波長」とは一体何を指すのでしょうか?
> 同じ霊波長の者同士、本質的な性質・・・と御座いますが、どういう意味なのでしょうか。

わかりやすい意味でいえば、気が合う、馬が合う、一緒に居て違和感を感じないなどでしょうかね。
元々、言葉でしっかりと表すのは難しい概念なので、そういう具合でしか言えません。

> 性格のことでしょうか?思想のことでしょうか?
> 自分と完全に合致する人は自分以外いないと思うのですが、何がどうなれば「同じ波長」という事になるのでしょうか?

完全に合致するというより、似通っている親和性の高い、波長が大体、同じ霊界、霊層になります。
厳密に言えば、霊界は個々で異なりますが、オーバーラップして同じ霊界にいるかのような感じになります。
(分かりやすく言えば、同じ霊界で過ごしている状態)

>
> 人格的な事なのでしたら、少しでも父に近付けるべく、人格向上の努力をしあの世で再会し、また親子として生まれ変わりたいのですが、根本的に全くそういう意味でないのなら、もう私は・・・

一つだけ言えることは、霊波長は別の観点でいえば、想いです。
お互いがまた、再会したいという想いは縁起を引き合わせる力があります。

原則、霊界とは同じ霊波長(似通った霊波長という意味)が集まります。
しかし、それだけではなく、想いもまた波長を持っているので、お父上様とりゅう様の想いが一致すれば、お互いはまた引き合う力が生まれます。

霊界の法則は単純そうに見えて、本当は結構、複雑です。

霊界で絶対に会えるという保証が出来るわけではありませんが、お父上様への想いが強ければ引き合うことはあるのではないでしょうか。

あまり、字義的に突き詰めるのではなく、「きっとまた会える」こんな気持ちを持っていることが引き合う力になります。

質問への直接の回答とはなっていないかも知れませんが、何かの参考になれば幸いです。


天心 拝

No title

大変ご丁寧なお返事を有難う御座います。
色々調べている間にこちらのブログに辿り着き、昨日一日でかなり読み込ませて頂きました。
大変勉強になりました。

父は生前、「お前は本当に俺によく似ているな、悪いとこばかり(笑)」
と言っておりました。
馬が合うのと似ているのが同意語になるのか分かりませんが、物の考え方や捉え方、性質など父譲りだなと実感致しております。
但し、私など人格的に父には全く届かない故、類魂ではないんだろう、霊層などまるで違うんだろうなと思ったり・・・

でも、お返事頂きましたお言葉に心が救われました。

>お互いがまた、再会したいという想いは縁起を引き合わせる力があります。
>あまり、字義的に突き詰めるのではなく、「きっとまた会える」こんな気持ちを持っていることが引き合う力になります。

そうですよね、有難う御座います・・・有難う御座います。

余談ですが、一つ御検討頂きたい事が御座います。
ブログ名に御座いますので当然では有りますが、守護霊様のお話が大半を占めておられます。
出来ましたら・・・故人の事柄も少し増やして頂けたら有難く存じます。

長くなりましたが、突然のコメントにもお心あるお返事頂きまして心より感謝致します。
YouTubeもチャンネル登録させて頂きました。これからも拝読拝聴させて下さい。本当に有難う御座いました。
プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR