【公開質疑応答】虫封じの正体

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、陽輝様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】

天心様

お世話になっております。陽輝です。いつも勉強になるお話、誠にありがとうございます。
公開質問ということで、教えていただきたいことがあります。

よく「虫封じ」という言葉を聞くのですが、これはスピリチュアル的にはどのような解釈になるのですか?

実は私のひいおばあさんに当たる方が、子供の疳の虫をとることができて、依頼がくると方々に出かけていたと。
なぜ、このようなことができるようになったのか、そのいきさつはわからないのですが・・・
ひいあばあさんの「疳の虫退治」を実際に見たことのある私の祖母やはとこは、細い糸のようなものが子供の身体から抜け出てきたとい う証言をしていました。

また、先日神社でお参りをしたのですが、そこの神社は「社伝虫封じ」ができることで有名な神社だそうで、古くから虫封じの秘儀が伝わっているそうです。

よって質問は
①この虫封じの「虫」の正体と、
②虫を「封じる」「退治する」のメカニズム。
③そして私のひいおばあさんはなぜこのようなことができたのか。またどうすればできるようになるのか。


以上について是非天心先生にご説明いただきたく思います。
お忙しい中恐れ入りますがどうぞよろしくお願いいたします。

【回答】


陽輝様

ご質問ありがとうございます。

>よく「虫封じ」という言葉を聞くのですが、これはスピリチュアル的にはどのような解釈になるのですか?

神社での御祈願の項目には色々ありまして、開運祈願もあれば、心願成就、健康長寿や商売繁盛なんていうのもありますね。

その中でもちょっと一風変わった項目に「虫封じ」というものがあります。

虫というと、真っ先にイナゴやカブトムシのような昆虫を思い浮かべる方も多いかも知れませんが、ここでいう虫は、そういった物理的な意味での虫ではありません。

どちらかというと「蟲」という字の方がしっくり来るかも知れません。

よく言われるのは赤ちゃんが理由もなく泣きじゃくるのは「疳の虫」が騒ぐからであるといわれています。

この疳の虫を封じるのが虫封じの祈願であるわけです。

さて、ご質問の一つに

>①この虫封じの「虫」の正体と、

とありますが、これに関しては、一概には言えないのですが、一つには感情や情緒を騒がせる「気」や「霊物」の類を虫と表現していると思われます。

よく「虫の知らせ」という言葉がありますが、あれもこの世ならざる霊的世界からのメッセンジャーとなる媒介を指しての言葉なのですね。

なので、虫というのは、この場合、そういった霊的背景にある伝達を行う総称であるといえるでしょう。

また、虫は赤ちゃんや子供だけに関係があるわけではなく、大人であっても情緒が不安定であったり、すぐに怒りっぽくなったり、癇癪を起す場合なども虫が影響している場合があります。

こういう情緒を害する類の霊的背景を封じていく手段が虫封じだといえるでしょう。

②虫を「封じる」「退治する」のメカニズム。

ご質問の文中に

ひいあばあさんの「疳の虫退治」を実際に見たことのある私の祖母やはとこは、細い糸のようなものが子供の身体から抜け出てきたとい う証言をしていました。

とありましたが、これは霊的なヴィジョンを見たのかと思います。

私自身、実は「虫」が出ていくのを見たことがありますが、同じように線状のミミズのようなものがお腹や胸のあたりから抜けていくのです。

にょろにょろとミミズのように動くのでこれを見た人が「虫」と呼ぶようになったのかも知れません。

実際のところは分かりませんが、虫が抜け出るということは、ムズムズ、苛立ちといったささくれだった感情を高ぶらせている「気」が抜けていくことを意味しています。

もちろん、正体は気なので抜けてもまた生成される可能性はありますが、気を抜いてしまうと感情を高ぶらせているものが一時的にでも消えるので、情緒が安定しやすくなります。

③そして私のひいおばあさんはなぜこのようなことができたのか。またどうすればできるようになるのか。


陽輝様のひいおばあさんが虫封じを出来た理由はわかりませんが、おそらく推定すると「気」をとらえやすい体質の方だったのではないでしょうか。

「気」に触れることが出来るためには、「気」を捉えることが出来ることが必要です。

少なくとも虫の姿を何らかの形で感得できないと処置もできないわけです。

逆に言えば、虫の姿をとらえることが出来れば、それを抜いたり封じたりする方法は行く通りも考えられます。

「社伝虫封じ」というものもその神社に伝わる虫の封じ方のノウハウがあるということなのかと思います。

ですから、方法論というものは色々あるのかなと思います。



以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR