【公開質疑応答】法難システム発動の条件

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、和元様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】

何か新しいことを始めようとすると、法難システムがおこる。
近頃は何か新しいことをきめ、努力し始めたときに法難システムが発動すると「きたか!」と思うようになりました(笑)
はて、ふと疑問に思ったのですが、法難システムは、「新しいことを始めたとき」「いつでも」発動するのでしょうか?

たとえば、いつもは本を3冊読んでいるとする。
① 明日から、面倒くさいから、本は読まないことにした場合
② 明日から、将来の夢のため、本を6冊読むことにした場合

①も②も、新しいことを始めています。
違いは、①はより後退していきそうな方向で、②はより前進していきそうな方向です。
①の場合も、②の場合も、同じように法難システムは発動するのですか?

個人的には、②の場合にのみ、法難システムは発動しているように思えます。
もしそうならば、法難システムが発動するたびに「前進しているんだ!」と感じることができ、自分が良い方向に進歩していると感じる目安になるなあと思うのです。
決意して、新しいことを始めたとき、以外に法難システム発動の条件はあるのでしょうか?

【回答】


和元様

ご質問ありがとうございます。

>はて、ふと疑問に思ったのですが、法難システムは、「新しいことを始めたとき」「いつでも」発動するのでしょうか?

そうではありません。

自我意識が大きく変更され、人生に少なからぬ影響が与えられるような変化を起こそうとする時に法難システムは作動します。

なので、新しいことを始めるからといって細々したことで発動するとは限りません。

自我意識から見て誤差範疇に収まるようなものであれば、それほど大きく作動することはありません。

>① 明日から、面倒くさいから、本は読まないことにした場合
>② 明日から、将来の夢のため、本を6冊読むことにした場合


まず、①は面倒くさいからとされている通り、どちらかというと本を読むという行為はいつもの自分らしくない行為であると考えられます。

その場合、たまたま本を読むことにしていたのを止めるだけなので、新しいことを始めているというよりは、面倒くさいという気持ちで現れた法難システムに負けているだけだといえるでしょう。

そのに対して②の場合は将来の夢のために今までとは違う自分になるために本を読もうとしています。

この場合は、大なり小なり法難システムが作動する可能性は高いといえるでしょう。

但し、元々、読書の習慣があり、たまたま、最近本を読んでいないので、読んでみようと思い立ったというような場合には、そもそも、自分自身のあり方はそれほど大きく変わっていないので、法難システムも然程、発動しない可能性が高いといえます。

ですから、単純に事柄だけを見て、新しいことをしたから法難システムが発動するしないというは見えてこないと思います。

自分自身が大きく変動し、人生に少なからぬ影響がある(誤差範疇を超えて)場合には、法難システムは作動すると考えた方が良いでしょうね。


以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR