【公開質疑応答】スピリチュアル的な正しさとは?

こんにちは。

天心です。

公開質疑応答を行っていきたいと思います。

質問をお寄せくださったのは、すみこ様です。

全ての公開質疑応答は、御質問に回答するという形式をとっていますが、他の読者の皆さまにも共有できるような普遍的な内容となる回答を心がけています。

たとえ自分の質問ではなくても、大切なことをお話していることもありますので、是非、お読みいただければと思います。


【質問】

是非、お聞きしたいことがあります。
例えば、会社で不正をしているとします。
誰もが自分の身は守りたいと思うものだと思います。
内部告発などして、自分が退職に追いやられることがあるとして、スピリチュアル的にはそれは正しい生き方なのでしょうか?

私の場合ですが、飲食店でぼったくりが横行しています。
ノルマも多く、お客さんには迷惑をかけているんじゃないかといつも思います。
もちろん、気前のいいお金持ち、会社の経費で…という方にはありがたくいただいてますが…
自分が間違ったことをしていると思いながら、生活のため、とあきらめて働くことは生き方として正しいのでしょうか?それとも、たとえ失業したり、収入が減る覚悟でも正義を貫いて辞めた方がスピリチュアル的には正しい生き方なのでしょうか?

流されて行きていくことに疑問を感じています。

【回答】


すみこ様

ご質問ありがとうございます。

人生を過ごす中には様々なことに接していきますよね。

理屈通りにはいかないこともあり、いつでも善なる行いをして生きたいと考えていても、複雑化した世の中においては時には失敗し、時には罪を犯すこともあります。

また、善なる行いが何であるかは明白であっても、単純には真っ直ぐに進めない。

それが人生の複雑さでもあり、単純ならざる人の持つ命運の妙味でもあるのかも知れません。

さて、ご質問を拝読させて頂いて感じますのは、正しさとは何か、スピリチュアル的に正しい生き方をしたいと思っていても真っ直ぐに進めない葛藤のようなものですね。

誰しもこれは多かれ少なかれあるのではないかと思います。

正しい筋書がありその通りに生きるのが良いとは限らず、イレギュラーな筋書の読めない展開の中で右往左往しながらも真を得ていくのが学びであり、人生の本義でもあります。

まずは、それを踏まえた上で人生における様々なことと向き合っていくことが大事です。

一つの考え方としてスピリチュアル的な善悪と社会的な善悪というものがあります。

スピリチュアル的な善悪とは魂の視点から見た善悪であります。

>例えば、会社で不正をしているとします。
>誰もが自分の身は守りたいと思うものだと思います。
>内部告発などして、自分が退職に追いやられることがあるとして、スピリチュアル的にはそれは正しい生き方なのでしょうか?


とありますが、ここには二つの視点が混在しています。

スピリチュアル的視点と社会的視点です。

社会的視点においていえば、不正は正すべきという発想になるかと思います。

もちろん、スピリチュアル的においても社会的不正を良しとするわけではありませんが、少しだけ角度が違います。

スピリチュアル的視点の善悪というものは、あくまで魂目線での判定になるのです。

不正があったのを内部告発するのかどうかはスピリチュアル的な視点においてはあまり関係がないのです。

例えば、不正があったとして、それをそっと諌めたり、社会的には正道なやり方でなかったとしても、愛をもって諭すという方法もあります。

あるいは、不正を働くものはいつかその因果応報を受ける時が来るわけなので、それまで突き放すという厳しい態度ももしかしたら愛なのかも知れません。

不正があり内部告発するのが妥当かどうかとうのは、社会的視座であり、スピリチュアル的な視座としての善悪とは関係がないのです。

自分の身を守りたいと思うのは、誰しもあることかも知れませんし、自分の身を守ることがスピリチュアル的な悪であるとは限りません。

しかしながら、もし、自分の中に後ろめたさや単なる自分の身だけを案ずるだけの気持ちしかないのであるならば、それはスピリチュアル的には曇っている状態であるといえるのかも知れません。

要は魂の欲するところはどうなのかがスピリチュアル的な視座としては重要になってきます。

例えば不正を内部告発したとしても、単なる裁きの心だけであったり、自分が正義の側に立っているのだという自惚れだけで行う行為はスピリチュアル的な視座として必ずしも善であるとはいいがたいでしょう。

逆に社会的な視座で見たら不正を黙認したりして、悪なる行為に思えることもそこに魂からの本当の意味での愛があるならば、必ずしもスピリチュアル的な視座で見た場合の悪であるとはいえないのです。

ですから、

>私の場合ですが、飲食店でぼったくりが横行しています。
>ノルマも多く、お客さんには迷惑をかけているんじゃないかといつも思います。
>もちろん、気前のいいお金持ち、会社の経費で…という方にはありがたくいただいてますが…
>自分が間違ったことをしていると思いながら、生活のため、とあきらめて働くことは生き方として正しいのでしょうか?それとも、たとえ失業したり、収入が減る覚悟でも正義を貫いて辞めた方がスピリチュアル的には正しい生き方なのでしょうか?


とありますが、これは、是非、すみこ様の魂に問いかけてみてほしいと思います。

自分の状況、立場、職場のこと、お客さんのこと、大所高所からよく鑑みて、本当に正しいことはなんであるのだろうか。

この問いかけをして、魂の底から得られた答えがスピリチュアル的な善であるといえるのではないでしょうか。

固定的で絶対的な善などはスピリチュアル的視座においてはあり得ないことです。

ですから、答えはすみこ様の魂が知っているはずです。



以上、回答とさせて頂きます。


天心 拝


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR