神様のドングリ- マモリギ その7 -

はじめて読む方は神様のどんぐり- はじまり -からお読みください。

-----------------------------

神様のドングリ- マモリギ その6 -からの続き。

戦車を繋ぎ止めていたロープが宙を舞い鳴き声のような音を立てて空を切ります。

それと同時に鈍い音とともに戦車はその巨体を転がし始めました。

轟音とともに丘を下る戦車。

マモリギへと通じる道先にはまだ、ドリの姿がありました。

・・・ ◇◆ マモリギ その7 ◆◇ ・・・

地鳴りのような音をたてながら戦車はまっすぐマモリギへ向けて丘を下り始めました。

動き出した戦車は想像以上に圧倒的な力強さを纏っています。

動物たちは皆、その轟音と転がり落ちていく姿を見守っています。

戦車を動かす指示をした兎ですら、目を回してその姿を驚くような表情で見ています。

一方、丘の下にいたドリと猿とリスたちも丘の上から何かが転がってくるのを確認していました。

「おいおい、マズイことになったぞ。。」


猿は轟音とともに下り落ちてくるものが戦車であることをすぐに理解しました。

リスたちも戦々恐々としてちょこまかと動き回っています。

「なあ、アンタ本当にここはヤバいぜ?早く逃げよう!」


猿は顔に嫌な汗をかきながらもドリを説得します。

しかし、ドリは毅然とした表情を崩さずに転がってくる戦車に挑むようにその場に座り込むのでした。

猿とリスたちは懸命にドリの身体を持ち上げて動かそうとしましたが、どうにもなりません。

その間も戦車は刻一刻と迫ってきています。

「クソ!もうだめだ。。」


猿はしわくちゃの顔をさらに皺皺にして泣きながら頭を抱えています。

リスたちもパニックになり泣きながら、走り回っています。

ドリは座り込み静かに祈りを捧げています。

そして、運命の瞬間は訪れました。

目の前に立ちはだかるかのような大きな影。

瞬きするほどの間しかなかったはずなのにそれは永遠であるかのように感じられました。

時が止まったかのような静寂。

爆発したのかというような音が周囲に鳴り響きました。

あたりは粉塵のような土埃が舞っています。

そして、誇りが収まるとそこには横たわる戦車の姿がありました。

載せていた大岩は脇に転げ落ち、勇姿を誇っていた戦車は今は哀れな姿をさらしています。

最初にその姿を目にしたのは地面に突っ伏していた猿でした。

猿はギリギリまでドリの身体を動かそうと努力していましたが、戦車がぶつかる寸前のところで、横に飛びのいたのです。

一瞬の出来事で、猿は危険を回避したのでした。

咳こみながらも猿は土埃が落ち着いてくるとあたりの様子をボー然とした表情で見渡しました。

リスたちの姿が見えません。

猿はよろよろと歩いていくと、リスたちが泣きながら何かの周りをぐるぐる回っている姿が視界に入ってきました。

「ねえ!起きて!起きてってば」


リスたちは泣きながらぐるぐる回り、呼びかけています。

そこには、土埃で汚れ、ぐったりとした山猫の姿がありました。

猿は、横たわるドリの姿を見て顔を真っ青にして、次に哀れな姿をさらす戦車に目をやりました。

その時、何が起こったのかをすべて理解したのです。

あの巨体の戦車に立ち向かい、本当にその行く手を阻むことに成功したのだというとを。


・・・続く

神様のドングリ- マモリギ その8 -へ続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR