心に残った守護霊からのメッセージ34

心に残った守護霊からのメッセージをご紹介してみたいと思います。


---------------------------------

坊主の真似事など

よさぬか

精進の道は

常にそこもとの傍にあり

殊更な道に惑うべからず

---------------------------------

坊主の真似事というのは、本当の意味で悟ることなく、悟ったつもりになってしまう状態にあることを意味しているようです。

実際、禅宗では、一切衆生悉く仏性ありという言葉をそのまま受け止めて、「仏性があるならば修行しなくても仏なのだから良い」という誤った見解を持つ僧侶もいるようです。

また、浄土宗系においては念仏をすれば浄土に導かれるから、どんな悪い行いをしてもいいのだという本願ぼこりという一団があり、これも間違った考え方であります。

こういった間違った考えに囚われてしまうのは、自らの人生に起こる様々な学びと向き合わず理屈や論理だけで道をわかったつもりになってしまうことに原因があるようです。

そうならぬように釘をさされたメッセージでありました。



◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR