神様のドングリ- 予言の兆し その3 -

はじめて読む方は神様のどんぐり- はじまり -からお読みください。

-----------------------------

神様のドングリ- 予言の兆し その2 -からの続き。

マモリギから世界の終りが近づいていることを告げられるタイラー。

しかし、どうしても、マモリギが語る話をにわかには受け入れることが出来ません。

マモリギはテルメアの実が不足すると力を出すことが出来ず世界の調和を維持できないというのです。

そして、そのテルメアの実とはタイラーが神様のドングリと偽った、あの黄色く腐食したこの実であることを告げられて、またもやタイラーは自分自身の犯した罪を突きつけられるような気持ちになるのでした。

・・・ ◇◆ 予言の兆し その3 ◆◇ ・・・

タイラーはマモリギからテルメアの実の正体が神様のドングリであることを告げられて固まってしまいました。

こんなところでも、また、その名を聴くことになるとは思いもよらなかったのです。

マモリギの言い分によれば、神様のドングリことテルメアの実が失われた時にマモリギの力が失われて、世界の調和が崩れ去る時だということになります。

・・そうなれば、やはり、それも自分のせいなのか?

と予想以上の問題の発展に頭を抱えるタイラーなのでした。


タイラーよ

お前が神様のドングリと名付けたテルメアの実を取り戻しなさい

猶予はあまりありません

わたしにはもう大地を支え続けるだけの力が残されていません

急ぐのです


マモリギの声に再び我に返ったタイラーは、マモリギを見返して言いました。

「もう遅いさ。神様のドングリはメフィスが動物どもを牛耳って今頃、取りつくしているはずだ」


タイラーよ

諦めるのはまだ早い

多くの動物により奪われたテルメアの実は

多くの動物たちの手助けにより取り戻せばよいのです


マモリギは今度は優しくタイラーに語り掛けます。

「無理だって!森の動物どもは俺の言うことなんて聞きやしないさ。それに・・」

タイラーは吐き捨てるように言いながら、最後に何かを言いかけて、言葉を濁しました。

タイラーは、ずっと孤独で生きてきました。

天涯孤独です。

生まれたときから両親はおらず、仲間もいません。

だから、独りで生きるために知恵を磨き、誰に対しても屈しない姿勢を貫いてきたのです。

そのため、他の動物たちに協力を仰ぐとか、お願いするということが苦手でありました。

どうにも素直になれないのです。

素直になるということは、タイラーにとって自分を弱くさせ、遂には敗北を意味しています。

でも、心の中ではそんな風に感じてしまう自分が嫌いでした。

孤独でいることでしか自分の安寧を得られない。

なのに心の奥はいつもそんな自分の状況に騒めいているのです。

タイラーは自分の心と向き合うのが嫌でした。いえ、怖かったのです。

それを見透かしたようにマモリギはまた、語り掛けてきます。


タイラーよ

孤独な狐よ

お前は本当は孤独であることが辛いのだろう

今こそお前の孤独を解き放つ時です


タイラーはマモリギの言葉を聴いて、再び、胸中に自分の過去の記憶がよみがえって来るのがわかりました。

辛く寒い冬のこと、一人ぼっちで歩きさまよったこと。

いつも見る暗闇の中で自分だけが取り残されてしまう恐怖の夢。

タイラーの心にマモリギの言葉は入ってきません。

孤独が辛い・・?

マモリギの言葉はタイラーの矜持を傷つけていました。

孤独なんかに負けたくない。

タイラーはいつもそうやって虚勢を張って生きてきたのです。

それを否定されたら、自分のわずかな寄って立つところを失ってしまう。

そんな不安定な気持ちになったのです。

「お前なんかに・・・」

タイラーは呟くように言い放つとマモリギをにらんで言い放ちました。

「お前なんかに俺の何がわかる!」

その声は怒りと哀しみがないまぜになったように震えていました。

「世界の終わり?知ったことか!!こんな世界は滅んじゃえばいいさ」

タイラーは言い捨てると鬱蒼とする森の中へと逃げ込むように走っていってしまいました。

マモリギは、そのタイラーの後姿を遠巻きに眺めるように光り輝いていましたが、最早、何も言葉を発することはありませんでした。

そして、マモリギは一晩の奇跡を終えたかのように光っていた輝きは灯を落とし、いつもの物言わぬマモリギへと戻っていったのでした。


・・・続く


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR