【守護霊問答】アイデアを得る方法は?

こんにちは!

天心です。

読者の皆様も毎日のお仕事やお勉強、それから家事やプライベートな様々な事柄にお忙しいことと思います。

どんなことをするにしても色んな考えをもって行動していることと思いますが、時として、その考えが煮詰まってしまうことがあるかと思います。

そんな時は新しいアイデアを求めたくなる心境になりますが、このアイデアというものは、中々、自分でコントロールできない部分があります。

アイデアというものは、どこか上の方から降りてくるというイメージがあります。

では、アイデアを積極的に求めて得る方法はないのでしょうか。

その点について守護霊問答でお伺いを立ててみましたので、ご紹介してみたいと思います。


天心:「今回はアイデアを得る方法についてお聞きしたいと思います」

守護霊:「物を知るべし。物を知らずして天啓もなし」

天心:「つまりは、知識や情報をまずは勉強しなさいということでしょうか?」

守護霊:「学、貧なれば即ち、叡智もなし」

天心:「なるほど。でも、色々、本を読んだり、人の話を聞いたりして勉強をして知識を付けてもそれだけでは、中々、アイデアが閃かないこともあります。」

守護霊:「頭、心をからりとす。歩みを進め手を動かす」

天心:「頭、心を空っぽにするという意味ですか?あとは行動をしろということでしょうか?」

守護霊:「学びたることを元としあらん限りの実践、実行」

天心:「学んだことを全部出し切るということですね!」

守護霊:「如何にも」

天心:「でも、それだけではアイデアに結び付くイメージが持てないのですが。。」

守護霊:「捨てに捨てゆく。何もかもすっかりと無くすれば、真の天啓は訪れるなり」

天心:「自分の中にある知恵とか知識を全て出し切った時にアイデアが浮かぶということでしょうか」

守護霊:「濁りあれば良く見えぬ。雑念を捨てきるために学びたること実践、実行し断ち切る」

天心:「ちょっと難しいです。どのような意味なのでしょうか。。」

守護霊:「天啓を得られぬとする者。すべからく学びたものを活かさず。眠らせ腐らせる。このような者に天啓はなし」

天心:「学んだことすら実行できない人には、アイデアを与えてもそれを活かせないということですね」

守護霊:「実践、実行なき者は、学びたことが全て濁りとなって心を曇らせておる。まずは、学びたことを実践、実行することで濁りを取るべし」

天心:「なるほど。学んだのにやってないこと、活かしていないことが沢山あるとそれは濁りになってしまうといことなのですね」

守護霊:「濁りを取るに今一つの法あり」

天心:「濁りを取るもう一つの方法とは何でしょう?」

守護霊:「益々に新しきを学ぶこと。新しき水を注げば古き濁り水も浮かびあがってくるもの」

天心:「最初に勉強しなさいとおっしゃられていたのは、新しき水を入れて古き濁りを浮かび上がらせるためなのですね」

守護霊:「学び実践し濁りは去りて、天啓は降る」

天心:「要約するととにかく徹底的に勉強しながらも、それを実践していくとその先に新しいアイデアが浮かび上がってくるということですね」

守護霊:「如何にも」

天心:「良く分かりました。ご回答ありがとうございました。」


以上が、【守護霊問答】になります。

少し、込み入った感じの問答になったので、簡単に要約すると、ともかくアイデアを生むもとになる知識や情報のインプットは重要な点であり、ただ、その重要な学びも実践を通じてきちんと消化していくことが大事だということです。

しかしながら、実践ばかりに目を言ってしまうと今度は知識や情報不足になってしまいます。

だから、川が流れるようによどみなく、インプットとアウトプットを行い、その流れがある一定の状態で極まった時、アイデアは降りてくるということのようです。

何かの参考になれば幸いです。


◎クリックご協力ください!
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR