幸魂は劣化する?

こんにちは!

天心です。

秋に入ってくるとどこか物思いにふけるようになって参りました。

おそらく秋という季節は人を内面に向けさせる霊波長を持っているのかと思います。

最近は良く子供の頃のことを思い出すようになりました。

子供の頃の思い出といっても大した出来事ではないのですが、そこに紐づいている情感、空気感のようなものも同時に蘇ってくるので、とても懐かしい感じがいたします。

人というのは、段々と歳を取ると肉体が衰えてくるものではありますが、実はそれ以外にもほっておくと衰えていくものがあります。

それは、幸魂の働きである感情なのです。

しかし、感情も歳とともに劣化していくことを意識する人は、あまりいません。

目に見えない部分は中々、気づきにくいということなのかも知れませんね。

ところで、感情にはどんな種類があると思いいますか?

ここで単純に喜怒哀楽の四つだと思ってしまうようだと少し感情の劣化を気にした方が良いかも知れません。

かくいう私も少し前までは、感情は喜怒哀楽の四つだと思っていました。

でも、よく考えるとそんなことは全然ないのです。

感情とはもっと複雑で多様なものであるはずなのです。

私は子供の頃の出来事を思い出すたびにその時の言葉で表現しきれない湧き上がる感情も味わいます。

決して、喜怒哀楽という言葉だけで割り切れない情感というものを一杯、受け止めて味わっていたのが子供時代であったわけです。

しかし、大人になってくると感情も大味となり、段々と単なる喜怒哀楽で分けれれてしまうほどに幸魂が劣化してしまうことが多いのです。

大人になると瑞々しい感情を受け止める機会がなくなってきます。

感情よりも論理と社会規範で動くことを多く求められるようになります。

そうなると段々と感情の繊細さは消えて、単純化されてきます。

合理性だけを追求するならば、感情は最早、ノイズでしかなくなります。

しかしながら、私達が霊性豊かな人間として生きて、魂の意志を表現していくためには、幸魂の働きは重要なものでもあります。

もちろん、魂の意志を表現していくためには、しっかりとした論理性や社会規範も必要な要素ではあります。

でも、それだけでは、いずれ殺伐としたまるで、ロボットが計画通りに動き機能して間違わないというようは味気ない世の中になっていくことでしょう。

幸魂の劣化をどう防いでいくのかということも今後の社会を生きる私達の課題としてあるのかも知れません。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR