【超略解シリーズ】 老子 -道は沖しきも-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 道は沖しきも ◇◆


【原文(書き下し)】

道は沖しきも、これを用うれば或(ま)た盈(み)たず。
淵(えん)として万物の宗たるに似たり。
其の鋭を挫いて、其の紛を解き、其の光を和らげて、その塵(じん)に同ず。
湛(たん)として存する或るに似たり。
吾れ、誰の子なるかを知らず、帝の先に象(に)たり。


【超意訳】

道とは一見何もないように見えて、あらゆるものを活かし満たすエネルギーだといえます。
一方で道を器とするならば何かで満たして一杯にすることが出来ないほど奥深いものでもあります。
無くなることのないエネルギーと、満たすことが出来ないくらいの深淵を持つものです。
大きなエネルギーであるのに鋭さはなく、その力を主張せずまるで塵のように全てと調和します。
道は確かに存在しているのだが、どこから生まれたのかはわからない。
例えるなら天帝を生み出した親のような存在といえる。


【超解説】

道のとらえどころのないあり様を解説しています。
兎も角、とてつもなく大きくて尽き果てないエネルギーと如何なるものも受け止めてくれる包容力に満ちた存在だということですね。
そんな凄いものが存在するのかな?と疑問に思うところではありますが、老子は存在を確信しているようです。
ただ、老子もいつからその道が存在しているのか、誰がそれを生み出したのかはわからないとしています。
老子道徳経の中では天帝を生み出した存在だと例えられていますが、天帝といえば、道教においては、最高の神様ですよね。
その最高の神様を生み出した存在というくらい雄大で力強く、懐深い存在だということがわかります。
この章で重要なポイントは、道の特性についてです。
つまり、道とは無限であり、この宇宙が生まれる前から存在しているものだということです。
そして、如何なるものとも調和するエネルギーだということです。
単なるエネルギーではなく、単なる入れ物でもない。
それでいて、如何なる存在とも反発しない存在です。
仏教でいうところの「空」、キリスト教でいうところの全知全能の神といった概念に近いのかも知れません。




以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR