災厄をなるべく回避する方法

こんにちは!

天心です。

先日、11月22日の夜に長野県で大きな地震がありましたね。

震度6弱だそうで、長野市など他地域などでは、被害が出たようです。

不幸中の幸いといえるのは、亡くなった方は出ていないことですね。

とはいえ、避難生活を送られている方が100名以上いらっしゃるとのことで、冬の時期だけに気温は厳しく、雪が降ると寒さを凌ぐのが厳しい状況とのことです。

それまでの被災状況の復興が望まれます。

いち早くの復興を願うばかりです。

自然災害というのは、中々、人為的には百パーセント避けることは難しいところではあります。

地震以外にも台風、竜巻、大雨、ウィルスの蔓延に土砂災害、色々なリスクとの隣りあわせで私たちは生きています。

自然災害に絶対に合わないという道を選択をすることは難しいですが、少しでも災厄を回避する方向に向かわせることはできます。

その一つの方法論としては、なるべく、負のエネルギーを蓄積させないということです。

負のエネルギーと単純に言いましても、様々な次元層に分けることが出来ます。

例えば大きな災厄に見舞われやすい地域というのは、ある程度、負のエネルギーが蓄積されていたものが、噴出する時期に来ていると考えることが出来ます。

多かれ少なかれ、国家や地域単位で見ると負のエネルギーは蓄積されている部分はあるのですが、その噴出する時期やされ方などは異なることが多いようです。

小出しに出るのか、一挙に出るのか。

自然災害なのか人災なのか、それとも他のマイナスの形で現れるのか。

色々あるわけですが、これらを私たちの個人的な努力のみで回避するのは、難しい部分もあります。

多少、霊界事情に介入する方法はなくもありませんが、それだって限界はあるものです。

国家や地域などの次元の枠組みにおける負のエネルギーの顕現化を回避することが個人レベルで難しいならば、災厄に対いて私たちはどうすることも出来ないのでしょうか。

そうではありません。

例えば、地震災害などに見舞われた時にその災害の影響をどの程度受けるのかは、個人の持っている負のエネルギーの蓄積度合にかかっているからです。

つまり、大きな枠組みの次元における負のエネルギーの影響をどの程度受けるのかは、個人の持つ負のエネルギーの度合に関係するのですね。

日ごろから負のエネルギーの蓄積が少ない人は、例えば大きな地震や災害があったとしても、比較相対的に見た場合、大分、軽減されることが多いのです。

個人レベルでの負のエネルギーの蓄積が非常に高く、命数が尽きかけている時期である場合は、最悪、災厄をきっかけとして亡くなられる方もいらっしゃいます。

しかしながら、大きな災害があったとしても、個人レベルの負のエネルギーの蓄積が少ないと「生きているのが不思議なくらいの大きな災厄だったのにかすり傷程度の被害で済んだ」といったような結果に落ち着くことになるのですね。

もちろん、機械的に負のエネルギーを算出したりすることは出来ませんし、もっと複雑なメカニズムが働くので実際のところはこれ程、単純な話ではありません。

でも、大枠の意味においては、個人レベルの負のエネルギーが私たちの人生で遭遇する状況の形を作っている一因であることは確かなようです。

では、どうすることが負のエネルギーを蓄積させないことへと繋がるのでしょうか。

それは、いくつかの方法が考えられると思います。


1.根本的な自我意識の改善
2.こまめな穢れの浄化
3.積極的な正のエネルギーの蓄積
4.守護霊の導き強化による霊流を受ける
5.霊格、霊覚の向上による次元上昇



他にも細かく言えばありそうですが、大体、このようなものがありますね。

1.根本的な自我意識の改善

これは、負のエネルギーを蓄積しやすい自我意識の状態を修正していきます。

ネガティブ思考や常に暗いものの考え方、想念を抱きがちな自我意識の定義を変えていくことで負のエネルギーの蓄積を回避していきます。

2.こまめな穢れの浄化

負のエネルギーは自覚的な意識によってのみ生み出されるわけではありません。

私たちの意識していない無意識の世界においても様々なマイナスを生み出している存在がいます。

霊障や因業、邪気などにさらされているとどうしても負のエネルギーを勝手に呼び寄せてしまいます。

なので、こまめにこれらを除去していくことも負のエネルギー回避には有効かと思います。


3.積極的な正のエネルギーの蓄積

負のエネルギーの蓄積を阻止することばかりが、災厄を回避する手立てではありません。

負のエネルギーが多いならば、それを上回るくらいの正のエネルギーを蓄積していけば良いのです。

正のエネルギーとは、自分が明るく楽しい気持ちを持つことで生成することが出来ます。

ただ、それ以上に他人を幸せにして正のエネルギーを生成する手伝いをしたり、幸せな人の気やエネルギーを受けることで自分自身の正のエネルギーも高まります。

人を支援したり、多くの善なる影響を与えている存在を支援したりすることも正のエネルギの充填に役立ちます。

正のエネルギーが蓄積されてくると守護も強化されてくるため、災厄の回避に有効に働きます。

何より正のエネルギーが強まってくると負のエネルギーを蓄積しにくくなるという部分もあるのです。


4.守護霊の導き強化による霊流を受ける

忘れてはいけないのが守護霊の存在です。

守護霊は基本的に災厄に関しては、どんな状況であっても緊急出動しています。

ただ、日ごろから守護霊との霊線が強く結ばれている人と存在すら知らない人とでは守護霊の働きが有効に機能するかどうかに天と地ほどの違いがあります。

よく守護霊がついているのになぜ、災厄に遭遇する人がいるのかという疑問を持たれる方がいらっしゃいますが、守護霊といっても完全ではないので、最後はその人の持つ霊力や感応力、どれだけ日ごろから守護霊とのコラボレーションが出来ているのかなどによっても結果が異なってきます。

単純に守護霊がいるから大丈夫とういことではないのですね。

だからこそ、日ごろからの守護霊との付き合い方が重要でもあるのです。


5.霊格、霊覚の向上による次元上昇

自分自身の霊格、霊覚によっても負のエネルギーの影響は変わってきます。

どんなに負のエネルギーがあったとしても、その負のエネルギーを乗り越えられるだけの霊格、霊覚を得ていれば、問題はないのです。

1~4のお話というのは、結局のところ、この5番目の方法に帰結されることではあると思います。

自我意識を改善するのも、穢れを祓うのも、正のエネルギーを生成したり、守護霊との交流を深めるのも最終的には自分自身の霊格、霊覚の向上につなげていくためでもあるのです。

だから、最終的に5番目を目指していくことが結果的には災厄を回避する究極的な方法になるかと思います。

特に天からの使命やお役がある方は、集中的に守られる傾向があります。

もちろん、一概には言えないのですが、少なくともまだ生きて果たすべきお役がある人はそれを全うするために神霊たちも終結してくれたりするものなのですね。

ですから、自分自身の向上がなにより災厄を回避するための方法だと言えるのではないでしょうか。

あくまで参考まで。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR