【超略解シリーズ】 老子 -谷神は死せず-

こんにちは!

天心です。

【超略解シリーズ】としまして、早速、老子道徳経の内容についてお話していきたいと思います。

初回は二度にわたり、老子序章として、概略をお話してきました。

まだ、読んでない方は、そちらを最初に読まれてから、当該記事を読まれることをお勧めします。

【超略解シリーズ】 老子 -序章-
【超略解シリーズ】 老子 -序章2-


それでは、老子道徳経の解説に入っていきたいと思います。


◆◇ 谷神は死せず ◇◆


【原文(書き下し)】

谷神(こくしん)は死せず、是れを玄牝(げんぴん)と謂う。
玄牝の門、是れを天地の根(こん)と謂う。
緜緜(めんめん)として存するが若く(ごとく)、これを用いて勤(つ)きず。


【超意訳】

谷間に湧き出る泉の水が尽きることがないのは、谷間にいる神様が死なないで永遠に働き続けていることの証拠である。
このように尽きることがなく何かを生み出す力を玄牝(げんぴん)と言います。
玄牝とはいわば母が子を産む働きのことであり、子がこの世に生まれてくる産道の出口を玄牝の門と呼ぼう。
玄牝の門は子だけでなく、天地の全てを生み出てくる門であり、根源ともいえる場所である。
とても神秘的で混沌といているけれど、尽き果てることのないエネルギーを生み出している。


【超解説】

この章の要点は、一言で言えば、道のエネルギーは無限であると言いたいわけです。
そして、その無限のエネルギーが生み出されてくる根源的なところがあると老子はいうわけです。
その根源的なところは神秘的で良く分からないけれど、ともかくエネルギーは無限だよということです。
それを女性の子供を産む働きを例えてしています。
考えてみれば、私たち生きとし生けるものがこの世に誕生するメカニズムはハッキリとしません。
分かっている部分ももちろんあるわけですが、どうして、そのようにして生命が誕生するのかは分かりません。
でも、確実にこの世に何かを現すための門は存在していて、その門からはコンコンと泉の水が湧き出るように生命を生み出し続けています。
この神秘の働きもまた、道の一部だということなのでしょう。



以上、老子道徳経の超略解になります。

何かの参考になれば嬉しく思います。


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR