生まれ変わりたいですか?

あなたは自分の人生を振り返った時、自信をもって「この上なく素晴らしい人生です!」と言い切ることが出来るでしょうか。

胸を張って、心の底からこのような言葉を発することができるのであれば、あなたの人生はとても素晴らしいものだと言えるでしょう。

しかしながら、実際のところは、中々、自分自身の人生を自信をもって素晴らしい人生だと言い切ることは難しいことも多いように感じます。

どんなに言葉では、ポジティブに自分の人生の素晴らしさを表現してみせたとしても、どこかで、人生に対して、悔いがあったり、ネガティブな感情を抱いてしまう部分を持っている人が多いのが現実ではないでしょうか。

時には、人生をやり直したい、いっそ、生まれ変わって全く違う人生を歩みたいと願うことだってあるかも知れません。

かくいう私も小学校時代には、常に人生をやり直せたら、生まれ変われたらと考える日々を送っていました。

小学生のくせにそんな暗いことを考えていたのかと驚かれるかも知れませんが、実際のところ、病弱でもあり、かといって大した才能や器量があるわけでもないのが自分自身の偽らざる姿であることを深く理解していた私は、どうしたら生まれ変わって新しい人生を歩み始めることができるのだろうか?と考えぬ日はなかったのです。

そんな少し暗い感じのする少年時代が私をスピリチュアル的な方向へと導いたともいえるでしょう。

私はいつも考えていました。

学年の節目、学期末、そういった季節ごとのターニングポイントにくると「来学期こそは生まれ変わろう!」「学年が進級したらもっといけてる自分になろう!」と意気込んで、自分の未来の姿に期待を寄せていました。

しかし、現実は、私の期待するイメージの通りにはいきません。

次こそは、今度こそはと意気込みながらも繰り返される、成長できない、変われない自分というものを突き付けられながら段々と自分に対する信頼が薄らいでくるのがわかりました。

どうして自分は生まれ変わることができないのだろう?

新しい人生を手に入れて、もっと理想通りの人生を手に入れたい。

これが私の少年時代に考えていた偽らざる気持ちでした。

さて、今回のテーマは自分自身を一新して生まれ変わらせるために何が必要なのかについてお話してみたいと思います。

もし、あなたが自分自身の人生に一遍の悔いもなく不満もないならば、きっとこれからするお話は意味がないかも知れません。

しかし、もし、自分を刷新し生まれ変わることができたならと想像したとき、ワクワク、ドキドキした感情を覚えるのであれば、少しだけ耳を傾けてみてください。

きっと、生まれ変わるためのヒントをつかむことができるかと思います。


◇◇ 人生は変えることはできない ◇◇

私は10代に入るころから熱心に守護霊に語り掛ける習慣を身に着けています。

最初の頃に特に話しかけていた内容は煎じ詰めれば「人生をどうしたら良くすることができるの?」ということでした。

兎も角、自分自身の人生に満足がいかないわけです。

どうしたら、人生を変えることができるのか。

このことばかり守護霊にお願いしていたのです。

しかし、何度、お祈りしても守護霊からの答えは返ってきません。

私の周囲に現象として現れるサインによる導きもありません。

おそらく、私の心の中の依存心が強すぎて、守護霊との霊線に曇りが出ていたのでしょう。

そんな状況でいくら語りかけても、答えのない状況に次第に私は、守護霊からの回答を半ばあきらめかけていた時のことです。

心の中にポッと現れる一つのメッセージを感得しました。

それは、「人生は変えることはできない」というものでした。

正直、最初、このメッセージを受け取った時には衝撃を覚えました。

人生は変えることができないならば、一生、自分はこのままの状態で生きていくことになるということです。

それでは、私は一体、何のために生きているというのか。

しばし、嫌な汗をかきながら、がっくりと項垂れていると再び、メッセージが降りてきました。

「人生は変えることはできない。変えることができるのは汝自身なり」

メッセージを言葉にするとこのような形になりますが、実際には、言葉以上に色んなことを心身全体で悟った瞬間でもありました。

丁度、気持ちの良い雷に打たれたような?(実際に雷に打たれたことはありませんが、あえて表現するとこのような感じになります)そんな感覚に包まれたのです。

メッセージを受け取る時というのは、実際、言葉が降ってくるわけではありません。

言葉が降ってくるケースもないわけではありませんが、次元層が高まると言葉じゃない概念のようなものが包括されて、一瞬で降りてきて、すべてを悟ります。

これを霊法の玉を受け取ると表現します。

その次にメッセージ的な言葉になっていくのです。

それはともかく、この時、降りてきたメッセージの真の内容は、単に人生は変えられないという虚無感を抱かせるようなものとは、全く異なるものであったのです。

私は自分の人生というものは、何か自分とはかけ離れた外側にあるものだと思い込んでいました。

自分の周囲に広がる環境が自分自身の幸せを決めていて、この環境や状況を変えなければ、自分は幸せにはなれないと考えていたのです。

「もっと体力があって健康であったならば」
「もっと裕福な家庭に生まれていたら」
「才能や気質に恵まれていたら」
「住んでいる家がもっと広ければ」
「自分の味方をしてくれる人が周囲にいれば」
・・・etc


色んな要素が自分の環境として存在し、人生のあり方を決めている。

そんな風に考えていたわけです。

しかし、守護霊にその考えをバッサリと切り捨てられてしましました。

「人生は変えることができない」

これは、人生というものを外部化して、自分自身から切り離して見えている限り、私は何一つ変えることはできないという警告だったのでしょう。

人生とは、自分自身から迸り出た、光が浮き立たせる影絵のようなもので、影をいくら変えようとしても、どうにもなるはずがありません。

大事なことは、自分の中から迸り出ている光の性質を変える以外に影のあり方を変える方法はないということに気が付いたわけです。

つまり、人生という外部化されたものを変えるのではなく、自分自身という人間の持つ霊性を変えていく以外に人生という名の影絵を変えることはできないということです。

否、本当は人生という名の影絵を変えることが目的なのではなく、霊性開拓を行えば、結果的に人生は変わるということに過ぎないのかも知れません。

しかし、まだ当時の私はそこまで達観していたわけではありませんでした。(まあ、現在もですけど(笑))

自分の外部環境に注目するのではなく、自分自身を変えることが、人生を良い方向に向かわせてくれる。

そのことを悟った私の考えはおのずと「自分自身を変えるためにはどうすればよいのか?」というテーマへと移行していくのでした。

・・・続く

生まれ変わりたいですか?(その2)へ続く


◎クリックご協力ください!

スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアル
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

天心

Author:天心
こんにちは!天心と申します。
守護霊アドバイス等の取次鑑定を行っています。
ブログ記事では、守護霊やスピリチュアル世界に関するお話を掲載してゆきます。

ツイッター
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
閲覧者数
現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Happy Search★ ~占いと癒しの検索ポータルサイト~
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR